2017年12月05日

六所神社の舞台

 六所神社に来るようになった謂れは、前の記事に書きました。そんなこんな、これも闘病の中の生活です。


 六所神社に到着した。車を舞台あの左手バス停のあるところに置いた。後でおもたことはもう少し離せばよかったなぁって。写真の邪魔になったのだ。。。



 まずは、この写真から。



 これは額縁に収まった絵ではありません。大きな窓(?)なのです。これを最初に見た時は、初夏だから、枠の中は緑一色。その時に思ったことは、秋になったらさぞかし素晴らしい絵になるだろうと。だから2回目は、ちょうど6年前、秋です。残念ながらその時は季節が早すぎでここまでのものは見ることができなかった。今年は寒さが早く来たおかげでコオ色合いを見ることができたのです。


 この舞台は、左の画像に示すように、豊田市の有形民族文化財です。舞台のこの建物だけではなく、ここでおこw¥なわれる模様推しものもそれに含まれるのかな?(Wikiによれば含まれていないみたい)
 六所神社にはいくつかの建物がありますが、ここだけが文化財のようです。


 上の画像が舞台の全景です。ちょっと見づらいかなぁ・・・もう少し太陽がきついと綺麗だったかと思うのですが。。。舞台の右手に私達夫婦がおにぎりを食べるときに腰を下ろしていた階段もあります。
 建物の真ん中に冒頭の写真の窓も見えています。このためもの吹きさらしなんですヨォ。




上の画像は、舞台を左手からみたところです。これで冒頭の画像が額縁でないことがわかっていただけるかと思います。


 舞台の壁には、右の画像のようなものがたくさん掲げられています。「金的中(?)」は何を意味するのかネットで探したけどわからなかった。
 ご存知の方、教えてください。
 舞台での奉納だから、獅子舞、舞、なんかかなぁ。。。

左の画像は、舞台の建物の左側に立っているイチョウの木です。なんで神社やお寺ってイチョウが多いんだろ?
 やっぱり、有事の時の食料に知るためかなぁ?それなら理解できるけどねぇ。

 こうした画像は、逆高の時にとるべきなんだろうけど、建物が暗くなりすぎて、イマイチだなぁ。。。。



 木の下はこんな感じでしたよ。

  

Posted by 生田 at 19:20Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2017年12月05日

なぜ松平東照宮に来るようになったか?

 いつか書くとお約束した話です。

 紅葉見物に松平東照宮なんて失礼だけどあまり知られていないところにもう3度目になるかな?なぜ来るようになったのか?

 本当は亜松平東照宮に最初に来たのは、正直に行って偶然。2度目の六所神社の帰りについでに「松平東照宮」と書いた看板見つけたので山道をえんやこら走って来たのだ。
 その時がたまたま秋で紅葉の季節だった。桜の木が紅葉して綺麗だった、と言うところから人がいっぱいいる時期は人のあまりいない隠れスポットに行こうと来るようになったわけです。

 では、なぜ”六所神社”なのか?
 思い起こせば6年前の初夏、1月にやったメタボ健診の時についでに前立腺癌の検診をやって見た。一月遅れで教えたれたなんとその時のガンマーカーPSAの値が300を超えていた。標準値は3くらいまで、それを越えると癌の疑いありと言うことなのに、その100倍もある値が出てしまったのだ。即大病院で診察、検査入院の結果”前立腺癌”の末期ステージIVを宣告された。
 それから治療方針が決まるまで一月余り、決まって治療開始が5月だった。
 
 癌宣告されてから、家内がネットで調べるに調べて、前立腺癌に有効な食べ物を調べて来た。塩はダメ、反芻動物の肉や乳製品はダメ、人参、トマトなどはリコピン摂取で有効などなど。。。そしてついでに健康デリ続けるには自然食品、無農薬野菜が空いいと言うことも。
 リコピンが有効と言うことで人参ジュースを1日あたり400CCくらい飲むことになった。無農薬の人参は結構高いのだ、だから生産農家を探してそこで打ってもらおうと考えて、ネットで愛知県の無農薬野菜の生産農家を探した。見つけたところが豊田市松平だった。
 そこで探しに行こうと、言うことになった。その当時は外食はご法度としていた。ドクターストップではない、ドクターは逆に”ストレス溜めるからやめたほうがいい”まで言われたのだが、それを無視して食事を制限していたわけだ。外食は塩分がかなり多いからダメというのが理由。
 で、家内がえんぶんの少ないものでおにぎりを作って、それを持っての遠足気分にはならない遠出のドライブと相成った。

 松平に来たのだが、無農薬農場は見つからない、農家も見つからない。一番奥の方に入り込んだがわからない。引っ返した途中に”六所神社の舞台”があったのだ。そこで一休みしようと車を降りて、お弁当を持って舞台の上に。
 そして、舞台に上がる階段のところで、家内と二人でおにぎりを頬張った。

 その頃は、末期癌の宣告を受けて、私がどれだけ生きられるかわかっていなかった。後から担当医に聞いた話では、「知らずにいたら余命半年くらい」と言われてゾッとしたが、そんな話もまだ知らなかったのだ。
 なんか先が短いという不安な気持ちでいた頃かなぁ。私自身は”死”というものを考えたことはなかったが、友人の医師に言わせると相談に来た時は顔面蒼白だったと言われたくらいだから、やっぱり考えていたのかな?

 そんな気持ちの二人が、なんかねぇ。おにぎりを仲良く食べて、ピクニック気分に側からは見えたんだろうと思う。(誰もわまりにいなかったけど)

 この時に初めて舞台を見た。そして「秋にもう一度来ようと」と思わせる景色にでったのです。言うなれば「もう一度来よう」「何度も来よう」と思ったことで、今の私があるのかもしれないと思うのです。
 なので、癌闘病の原点と思って、時折、この6年で4回も来るようになったのです。

 六所神社舞台に関しては、この後に投稿します。  

Posted by 生田 at 18:12Comments(2)TrackBack(0)自分の健康
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE