2018年01月04日

末期ガン宣告からもうじき7年に

  3が日を過ぎたので、そろそろ病気の話とそれに対する決意でも書こうかと。

 7年前の1月、恒例のメタボ健診を受けに言った。病院に貼ってあったポスターを見て、「ほぉ五百円でがん検診ねぇ」とふと前立腺癌の検診を受けることにした。採血をして、他の検査もして結果は一月後と言われた。一月経って病院に行った。そして結果を。
 医者がPSAマーカの値を見て「なんだこれ?」って言った。PSA値が390を超えていた。医者は「紹介状書くから大病院で検査を」と。キツネにつままれた感じだ。その時は医者は専門外の病気のようでガンだと一言も言わなかった。
 PSAは通常なら3〜4以下(病院によって標準値の扱いが多少異なる)なにの390もあったので医者が驚いたのかも。初めて見た数値のようだ。

 紹介状は後日受け取って、大病院に行った。これまでこの病院は、仕事の関係で医師たちはたくさん知ってはいたが、病気では鼻血が止まらず救急で一度お世話になったくらいだ。泌尿器科に回されてかなり長いこと待たされた。2時間以上待ったのではないかな?診察の順番になって、担当医の紹介状の内容からまずはエコーからということで別室で肛門からエコーの検査器具を差し込まれて撮影。そして触診とあわせた結果は「精密検査の必要があるんで、検査入院してください」とのこと。まだ癌宣告はない。検査入院の予約をして、その日は帰宅。

 予約の日は3月。メタボ健診が1月、紹介状が2月、そして検査入院が3月ともう2は結経過している。(これは進行の遅い前立腺癌だからできることです)
 検査入院した。もうかなり前の話で検査までどうしたかの記憶は残っていない。検査の日、看護師に伴われて手術室、ななんかステンレスが張り巡らされていたようなkんじで、一瞬葬儀場に来たかと思った。手術台(検査台かな)の周りにいるのは女性ばかりかと思ったほどで、男性がいた記憶が全くない。なぜだかわからないが。
 麻酔を打たれて、肛門から生体検査用の針を合計12本打たれたらしい。検査中に記憶がなくなったのか寝ていたのか、おわっったということで病室に戻るときは車椅子だった。(体格のいい看護師(女性)が付き添ってくれていた。

 この生検の結果、9本にがん細胞を認めた。順序はどうだったか覚えていないが、MR、CTの撮影結果も合わせて「末期ガン」の宣告を後日受けた。そして放射線科の医師、外科の医師との関連・連携の結果をいいわたされた。
 前立腺癌、ステージIV-Cだったかと記憶しているが、どうも自分自身での記憶はないが、頭が真っ白になっていたのだろう、正確なことは頭に残っていない。治療方針の案が出るまで少し日数のタイムラグがあったかと思うが、結果的は「病巣がかなり大きく、他の臓器に癒着、浸潤している(ただ転移はしていない)ので、手術はできない、放射線は他の臓器に当てては化する危険があるのでできない」と。そして残った方法は「ホルモン療法だけ」と宣告された。

 ガン宣告されたらセカンドオピニオンを取るつもりでいたので、友人の医師にセカンドオピを取るための医師を紹介して欲しいと電話した。電話だけではわからないので翌日、友人の病院に行った。そして結果を見せたたら「セカンドオピニオンの必要はないわ。担当医のいう方法しかない」と厳しい宣告。セカンドオピニオンは友人がしてくれたことになってしまった。
 これで、治療方針決定したことになった。大病院に行きその旨を伝えた。

 これが4月のこと。メタボ健診でPSAのための採血から3ヶ月経っていた。大病院での治療開始直前のPSAはなんと590を超えていた。標準値はこの病院で4というのに。
 これから1年近く毎月定期的に検査と診察に通った。治療開始から3ヶ月目でPSAの値が下がり始めた。そしてある程度下がったところで(1年近くになるかな?)通院は3ヶ月に一度となった。
 ホルモン剤を毎日服用し、通院のたびに腹にホルモン剤を注射していた。

 ホルモン剤のおかげで、いろんな副作用(と私は今になって思っている)に見舞われている。
 1:身体中に赤い発疹が出て、痒くなる
 2:胸が膨らんで来た
 3:9月頃にめまい、そして複視に。
 4:体重が増えて来た。
  (尤もこれはあらかじめネットで情報蒐集していたので、                   減量のための食事法を採っていた)
 5:筋力が衰えて階段登りがきつくなった
 などなど

 話は7年に及ぶので長くなる。続きは、気が向いたら書くことに。食事について書いてみようかと思ってますが、いつになったら気が向くか、期待しないでください。

 あぁ、決意が書いてなかったなぁ。
  決意は、死ぬまでガンと仲良く
      お付き合いします。
 これは、ガン宣告された時に、担当医に向かっていった言葉です。
  

Posted by 生田 at 12:15Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2018年01月04日

目覚ましが目覚ましにならない・・・

息子が出かけるという
朝6時に起こせともいう
夜中遅くまで起きているので
早朝に目覚めるのは難しいかと
iPod Touchのアラームをセットした
これで安心と寝た

6時過ぎに家内に叩き起こされた
アラームがうるさいという
へぇ????
息子はもう起きていた

気づいたらアラームがスヌーズで鳴り出した
家内は携帯のアラームを止めたらしい
こっちじゃぁない
iPodのアラームを解除

あぁ アラームの音が聞こえていない
そうだよ
夜中は補聴器外してい寝ているもん
それにしても悲しい現実

少しは耳の調子が戻ってくれと
初詣にでも行かねば
  

Posted by 生田 at 11:26Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE