2019年02月28日

孫と行く箱根旅行 5 早雲山〜大涌谷 そして富士山

早雲山からそのままロープウェイに乗るはずが
 目下のところ”早雲山〜大涌谷”間が工事中で
 この間は代行バスに乗らねばならない
 せっかくの空からの景色の眺めができない
 空中から富士山見たかったのになぁ。。。

早雲山の駅で喘ぎながら階段を上って
 代行バスに乗るためにバス乗り場で行列に並ぶ
 バスの乗車人数ごとにストップがかけられて長い行列だ

バスは最前列に座った。
 いい景色が見られるかと思ったけど
 周りは気ばかりで車窓からの眺めは良くない
 やっぱりロープウェイでないとだめだな

くねくね道を曲がって曲がって
 最後は突き当りを左折
 この先は呼吸に問題のある人は入場禁止みたいだな
  私、多少問題あるんですが
 そんな検査も、自己申告もなかったよ
  入場してトラブルあったらどうするんだろ??

大涌谷のバス停に到着
 即、富士山を探す
 バスの進行方向の真後ろだ
駐車場の方に移動する
 その先から富士山を眺める



上の画像は、大涌谷について最初にショットしたもの
 少しだけ頭が。。。
孫は初めて見る富士山(新幹線は除いて)
 感激するかと思ったけど
 なんか冷めてみている
 でも「来てよかったか?」って聞いたら
  嬉しそうな顔して「ウン」とうなずいた
頭だけでも出してくれてよかったよ
 これが完全に曇っていたら
 何しに来たかわかんないもんなぁ



上の画像は先日アップした大きいサイズの画像です
ダブルクリックすると大きく表示されるはず
上の画像の少し後で頭が大きくなってます


空を見上げたら飛行機雲があった
 富士山と一緒に入らないかとショットしてみた
 距離がありすぎるなぁ。。。


富士山のショットを終えて
 駐車場から富士山を背中に歩いていく
 黒たまごを買いに行くのだが。。
上の画像は駐車場から富士を背中にショットしたもの
 この日の硫黄の煙は少ないのかな?
 匂いもほんの少しだった
この方向に歩いていった先の売店では
 黒たまごはなかった(売り切れだって言ってたらしい)


上の画像はもう一つ上の画層の硫黄の煙の左側(北になすかな?)
 人おがいっぱいいます
 眺望デッキもあって多くの人がカメラ、スマホでしょっとです

黒たまごは、この黒たまごの看板の黒い石の
 後ろ側のお見で買ってください。
 ここがご本家のようで
 座って食べるところもあったりします。
ここでとりあえず私達3人分の
 5個(一袋)を買って
 カウンター席のあるところで孫と並んで食べました
この黒束語は「延命の・・」と
 言われてますが・・
 孫にここで一言
  「これで長生きできるなぁ
    お前の子供見るまでながいきするからな」って。
  孫は「うん、うん」とうなずいて。。。今18歳だ
  後何年先だろ?いつでもいいわ
   ホントに子供の顔を絶対見るからな
食べ終えて、そろそろホテルに帰るかと
 お土産の黒たまごを買おうとしたら
 孫に止められた
 「明日も来るんでしょ?、だったらっ明日変えばいいよ」ってね
 はぁ。確かに。思いつかなかったわ。。。



黒たまご館を出て、早雲山に戻る代行バスの乗り場に来た
 そこから見えた富士山
 うわぁ 何も見えないや
 来たときに見せてくれて本当に良かったよ

またバスに揺られて戻ります  

Posted by 生田 at 12:19Comments(2)TrackBack(0)旅行など

2019年02月28日

2月28日 木曜日 雨 疲れる夢

2月も最後の日になった
旅行から帰って2日目
疲れが出てきた
頭が痛い

夜中というか夜明け
また夢を見た
それもつかれる夢だ

場所が特定できないが
車でどこかにでかけた
それがなにかの会合で
大大的に名刺交換会をしている
知っている顔がほとんどない
息子を連れてきてやればよかったなんて思ったりもした

それから場所が変わった
同じ建物の中だと思っていたのだが
一旦外に出て
裏側から入ったら
なんとそこは美大の彫塑室
製作途中の石膏がいっぱい並んでいた
ビニールのカーテンで仕切らっれていたが
どれを通りすぎたら
また沢山の人間がいる
その中に私と同じ名字の人間を見つけた
しかしその人間は名字のいわれを知らない
そこで延々と説明

そこで目が覚めた
疲れて頭が痛い
なんでこんな夢見たんだ?

風引いたみたいだぞ。。。
  

Posted by 生田 at 08:15Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年02月27日

孫と行く箱根旅行 4

宮ノ下の途中下車
 私にはかなりきついことでした
 坂を降りて1号線まで
 そしてまたヒィヒィ言いながら頑張って登って


ホームに戻って次の電車を待ちます
 新しい方の電車が入ってきました
 いろいろ乗れて楽しいですね


次の停車駅は”小涌谷”駅
ここで擦れ違いを待つので数分時間ができた
 ホームに下りてのショット
 大涌谷ほどの人気はないようですね
 観光客の動きが少ないです


上の画像は”森の美術館”の横を通過中です
 なにか写ってないかとと思いましたが
 外からは見えない工夫でもしてあるのでしょう
 何も見えないですね。。。


強羅の駅でケーブルカーに乗り換えます
 勾配がかなりきつくなるので電車では無理でしょう
 上の画像は駅構内からケーブルカーの行き先を見ています


ケーブルカーが下りてきました
 スピードを出す必要ないからなんでしょうね
 カクカクのスタイルです


座席について発車待ちの間に
 車内でトラブル発生
 隣のボックス席にいた中国人と思われる4人が騒いでいる
 なにかと思ったら
 女性の手に無視がくっついている
  それを追っ払うのに騒いでいたのだ
 指で弾いたのはいいが
  私の足元に来た
  私は「向こうに行け」とちょいと触ったら
  中国人と思う人の方へ
  彼は困ったような感じで
 なんとか虫がシートの下に行って騒ぎは収まった


ケーブルカーが発車
 かなりゆっくりした速度で登っていく
 右手に上の方になにか像が立っている
 なんだかわからないが
  どうもキリスト教の教会か何か
  服を着ている像だ
   これを書く前に調べたら
   シャルトル聖パウロ修道会強羅修道院
   ということは、あの像は聖パウロかな?
  近くに白百合学園という学校があるらしい


ケーブルカーの終点・早雲山につきました
目下工事中でここから乗るはずのロープウェイには乗れません
 変わりの代行バスに乗るのですが
 ホームに下りてからの階段のすごいこと
 ここでも息を切らして登りました
  エレベータもあるのですが
  少人数用ようで、身障者、乳母車優先なので遠慮した
 なんとか登りきってバスの待合に
  上の画像はそこでのショット


待っている横に
 画像のものが置いてある
 携帯回路です
 寒いときに使えということなんでしょうね
この日は暖かかったのでいりませんでしたが。。。

さて、ここから代行バスで大涌谷まで行きます  

Posted by 生田 at 22:10Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年02月27日

今日の昼飯 黒たまご入りラーメン

旅行やら準備やらで買い物をしていない
食べるものが少なくなっている

昼に何食べる?
そう言えば先週 ラーメンの面だけ買ってあった
それを食べようと

具は野菜の余っているものを色々
 そこに私自作のc鶏肉のチャーシュウ
スープは
 パック麺のスープの本の未開封の残り

出来上がったところに
 箱根・大涌谷で買ってきた黒たまごを載せて

これで
 また黒たまごのご利益の延命が期待できる ぞっっと
  

2019年02月27日

孫と行く箱根旅行 3

箱根登山鉄道の箱根湯本から単線トコトコ電車で強羅に向かいます
結構高いところに上がっていくんですね。。。

途中何度も電車「信号書」というところで止まる
そして時折スイッチバックする
 これは想定外だった
 最初のときは一瞬電車が下がるのかとヒヤリ
孫に「スイッチバックは常識です:と
 やんわり言われてしまった

何度もスイッチバックを繰り返して上がっていき
 ”宮ノ下”に到着
 ここで途中下車


下りたホームで進行方向に振り返ると
乗ってきた電車がまた昇っていく



ホームにこんな看板が
 浅間公園?? 全く予備知識無し



下りたホームの反対側に駅舎がある
ちょっとだけ山小屋風にしてあるね。。
かわいい駅舎でしたよ

ここで結構な人が降りたんだけど
 みんなどこに行った???

改札を出て左に曲がり急な坂を下っていきます
 細い道だなぁ 急だなぁ
 下りてしまうと戻るのが大変だなぁ。。。。
 とブツブツ言いながら
 孫と家内の跡をついてい下りていく
途中に、足湯の喫茶店やら気の細工物を打っているところ
 少しだけお店がありました


下りきる寸前で右にカーブするんですが
 突き当りに「太閤湯」の看板

ん??? なぬ???
 なんでこんなところに「太閤湯」?
 昨年有馬温泉行ったときに
  「太閤湯」というお風呂がいくつかあったよな
 一瞬、ここは有馬かと。。。


坂を降りきった先は
 国道1号線です
 細いですね。。 たぶん昔の東海道の道筋なのでしょう
結構車の往来は多かったな
 ここでどうしよう?
 道路沿いに色々色見ると帰れなくなる
ということで
 ここからそのまままた駅に向かって上っていきます


坂の入り口
 へぇ 下りてくるときよりも急に見えるぞ
でも登らないと電車に乗れないのだ
 登り始めました
 最初はまぁまぁ


少し上がったところに
 宮ノ下の町の案内地図がありました
 下るときに見ていたら
 家内は1合の線を少し行ったところの
  老舗のホテル(休業中)のパンを買いに行っていたようだ
 そうすると電車に乗れなかったよな。。。


坂を登っているときに
 宅配便のトラックがバックで坂を登っていました
 トラックは回転できない道の細さです
駅舎までの途中の
 お店を冷やかしで覗いたり。。。

駅舎は坂の一番上にある
 その駅舎の裏手に
 画像のような場所が
ここで車は方向を変える
 なので駐車するなとの看板が
でも、トラックは無理なんだろうな。。。


ホームに上って電車を待ちます
 入ってききた電車は新しい方のようです

このまま強羅に向かいます  

Posted by 生田 at 13:34Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年02月27日

孫と行く箱根旅行 2

箱根湯本で一旦下車して街に出ました
 回廊でつながって、観光客がそこをウロウロ
 道路(これ国道1号線)の反対側に向かって廊下を渡り階段を降りました

孫がそばを食べたいというので店を探します
 昔のままの細い道
 車がひっきりなしに通ります

国道の反対側に「そば」のカンバを見つけたので
 車が途切れたところで渡って
 店の中に入った
 満席ではなかったがもう混み合ってたねぇ

奥の方に入って大きなテーブルに着いた
 相席です
 眼の前にはカップルが。。。(若いご夫婦って感じ)
 ここでそばを注文
 私は簡単に「ザル」を
 孫は温かい”しるそば”
 家内は”山菜そば”

出てくるまでのあいだに
 相席のカップルと
 私が彼らのメニューを間違えて取り上げて閉まったことで
  それがきっかけ話ができるようになった
 そこに店内にTigersの写真が
  孫は題のTigersファン
  スマホケースもTigersファンと一目瞭然
 その話で前のカップルと野球談義
  カップルは千葉からおいででLotteのファンでした
  車でおいでのようでしたね

食べ終えて電車に乗るために「箱根湯本」の駅に戻ります



画像は町から駅に上がる入り口です
 この右側に国道1号線が走ってます



豪雷空きの電車お待ち愛状況です。


車窓から見える箱根の山です
 空はまたどんよりしてきてます
 でも明るくなってきてますね


何の木かな?
 桜だと後一月半から2月できれいな景色になりそうですが


電車はだんだん高い高いことに昇っていきます
 登山電車だから当然ですが。。。
 
カーブが多いので
 上の画像のようなショットはあちこちで見ることができます

次は「宮野して」で途中下車です  

Posted by 生田 at 11:12Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年02月27日

孫と行く箱根旅行 1 名古屋〜小田原〜箱根湯本

19年2月25日月曜日
今年の春、孫は高校を卒業する
 この先一緒に旅行なんてできないくなるだろう
 かなり前から旅行の約束をしていた
温泉好きの孫のために
 どこにするかと迷ったが
 まだ行っていないという箱根に決めた

実は箱根は私達(孫のジジババ)も行っていないのだ
 という事で
 孫のスケジュールの空いている25日26日に決まった

箱根に行くに車が便利だけど
 孫は私の運転を信用していないので却下
 という事で新幹線を使うことに

箱根に新幹線で行くには
 小田原ストップの”ひかり”に乗ると便利
 9時26分発だが、自由席で行くので早めにホームに

私達が先に行って待っていたら
 孫からメール「着いたよ」と
 ところが姿が見えない
 電話をかけたら東京より改札にいると
 おやまぁ。こっちは大阪よりだぁ
 しょうがないから孫にホームに上って
 大阪寄りに来るようにいう

ホームで落ち合って所定のに並ぶ



画像は、ホームカラルセントタワーを見ている
 空は青空です 天気予報はその時間は無森だったかと思う
 家出たときは曇ってたよ
 ということは新幹線は曇り空に向かって突っ込むことになる

まぁこちらが晴れたということで
 数時間後には
 箱根もいい天気になるだろうと・・・

先に行く”のぞみ”をやり過ごし
 小田原停車の"ひかり”に乗り込んだ
 思っていたよりもすいていたなぁ
 月曜日に箱根に行く人少ないかぁ。。。

新幹線の中では
 孫がまだ富士山を見ていないと知った
 関東にはディズニーリゾートに行っているが
 いつも夜行バスの往復で
 富士山は見えないよって。。。

とまぁそんなことで
 新幹線の中から富士山のきれいに見えるところを教えた

新幹線の中から富士山が一番きれいに見えるのは
 新富士駅を通過する前後が一番キライなのだ
 その前に上りの時は静野かの先で右に見えるときもきれい

この日は雲が多い
 新幹線のほうが天気の動きよりも早いのだ
 静岡の先の右側で少し見えた
ならが新富士あたりはどうか???
 海側の3れるシートに座ったので山側の窓が遠い
 がなんとか頭が見えたらしい

残念ながらこの時の動画には富士山映ってない(悲しい)
 
ごちゃごちゃ行っているうちに小田原到着



新幹線の改札出て、小田急の改札に向かう(画像は階段を上がったところ)
 ここで箱根周遊のために2日間のフリーパスを買う
 人 4000円なり (これが絶対買うべきです)



 
画像は小田急の改札です
 ここから箱根登山電車に乗ります
 行き先はとりあえずの終点「箱根湯本」です



上の画像は、これから乗りも無電車です



そんなに遠くないですね「箱根湯本は」
 下りたホームでおショットです

11時近くになってます
 この先どうなるかわからないから
 箱根湯本で昼飯を食べようと
 街に降り"お蕎麦屋さん2探します  

Posted by 生田 at 10:32Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年02月27日

2月27日 水曜日 旅行帰りの翌日

一昨日昨日と箱根へ
孫の卒業記念旅行
楽しかった2日間ですが
その楽しさの報いを受けてます




画像は箱根登山電車の車窓から撮った杉の木
こんなの序の口で
いっぱい杉の木があって

完全に花粉症の症状をきたしてしまって

昨日の朝風邪薬を飲んだほど
そのおかげでなんとか昨日は
鼻水も抑えられていたけど
名古屋に帰っても
もうめちゃくちゃ目がかゆい

楽しさの報いでしょうねぇ。。。


目下旅行の写真の整理中です
  

Posted by 生田 at 09:45Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年02月26日

19年2月26日 大涌谷の硫黄の噴煙


19年2月26日 翌日に続いて大涌谷に



富士っさんは見えなくて
代わりに衛鞅の噴煙がすごかった
おかげで匂いがね。。。



ロープウェイの時間に追われてたので
これだけしか動画が撮れなかった
  

Posted by 生田 at 23:19Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年02月26日

箱根土産の富士山の姿

2月25日26日と箱根に行ってました

天気予報は雨予報だったのですが
箱根湯本から強羅に行き
強羅から大涌谷に
そこで見た富士山です
ほんの束の間でしたが
きれいに頭を出してくれました



ダブルクリックすると大きく表示されるはずです

頭だけが出てるだけですが。。。。
  

Posted by 生田 at 20:28Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年02月25日

お休みして箱根から

今日は記事投稿を
お休みしていました

箱根の強羅にいます

wi-Fiが使えたので今日の報告


雨予想だったのが
晴れてくれて
大涌谷から富士山が綺麗に
あたまだしてくれました


帰ってから
写真アップの予定です







  

Posted by 生田 at 19:55Comments(0)TrackBack(0)

2019年02月25日

お休みして箱根から

今日は記事投稿を
お休みしていました

箱根の強羅にいます

wi-Fiが使えたので今日の報告


雨予想だったのが
晴れてくれて
大涌谷から富士山が綺麗に
あたまだしてくれました


帰ってから
写真アップの予定です







  

Posted by 生田 at 19:49Comments(0)TrackBack(0)
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE