2017年10月06日

1日に30錠の薬で命を繋ぐ 3

 本当はこのタイトルはAmebaブログのために始めたので向こうから先に書くべきだけど、面倒だからこっちに先に書いて向こうに転記することにした。

 前立腺癌の病期C(とはいうものの転移がないだけでかなりひどい浸潤と癒着の他でいうステージIV)を宣告されて6年半を経過した。手術できない、放射線できない、ということでホルモン剤による治療が始まって6年以上になるが、一般的にホルモン剤治療は5年が一つの目安で、5年を過ぎると再燃の可能性がかなり大きくなる。特に私のように最高600近くあったPSAを持つ患者の場合は、いつ何時転移が起きるかわからないと毎度脅されている。
 そんなことを言われているから、それに元来気の小さい人間で、神経質と医者にも言われるほどの性格だから、あちこちが痛むたびに天気が起きたかなんて思ったりもする。これを医師にいうと「心配しすぎ」と返される。癌というだけでストレスなんだけどなぁ。。。。

 この6年半の間に、ホルモン剤による自律神経の破壊が中り進んで、医学的には証明できない関連(私はホルモン剤のせいだと思っているが)から、視神経に問題が出たのかものがしっかりと完全に2に見える極度の複視、聴覚に異変が出てある種の音域が聞こえない難聴、乾燥肌による皮膚の炎症などなどいろんな症状が青来ている。これらの対策のために色々薬を処方され、それを飲み続けなければならなくなっている。
 さらには、これに加えて、転倒による圧迫骨折、さらには視神経に問題が出てそれは一過性脳虚血発作と診断されそれ以降脳梗塞対策の薬を服用しなければならなくなっている。

 そして、毎年行うメタボ健診(特定健康診査)で尿酸値が高いと痛風用の薬の服用を維持されている。さらには現全国の少し前からの便秘気味の消化器問題の対策として下剤やら年をやwらかくする薬の処方もされている。

 ということで朝は、癌、脳梗塞、痛風、便秘などの対策に加えて、現在の難聴の対策用の薬を一度に服用する。服用している錠数は11錠、先々週は発熱もあり抗生剤などを追加で服用していたので合計13錠だったかを服用していた。
 これだけ服用すると、腹の調子おかしくならないかと思うけど、今のところその兆候もなく推移している。でも、これだけを一度に飲むのは退園だ。それに薬だけで腹がふくれる。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE