2018年09月19日

名古屋ボストン美術館 最終展 ハピネス

今日は朝から買い物に出て
ついでと言うには遠いけど
車を回してボストン美術館に言ってきた

あぁクルマはイオン熱田を借りました
あとで買い物するつもりだったから


本題
名古屋ボストン美術館は実は二回目
前にいったのは”若冲展”だった
あれは夏だったかなぁ
暑くて汗書いて会場に入ったら
ものすごい冷房がきいていて
とにかく震え上がって
ショールを借りたくらいだった

今回はそこまで寒くは感じなかったが
それでも結構ひんやりで
一枚羽織るものを持っていったのが良かった
(学習能力はまだなくしていない)

まず入場料ですが
私達夫婦は65歳を過ぎている
名古屋市の敬老手帳には”敬老割引”があって
通常1300円のところを900円で入場できると
シッカリ書いてあった

なのでそのつもりでいったのだが
入場券売り場で
敬老割引は4年前に廃止なったという
そんなの知っていたら
安いチケット売り場で安いのかっていったわ
しょうがないからJAFの割引だけで

こういう変更が徹底されていない
そういった運営が閉鎖への路の原因の一つではないかな

実は数日前に”名古屋ボストン美術館”のHPを
読んでいたのだが廃止のことは全く書かれていなかったし

(もっとも”ある”とも書いてなかった
しかし
あると書かれいてるサイトが
そのままいくつか残っていた)

まぁそれはそれで致し方ないことだけどね


中に入りました
ん???
なんだか展示がいまいち見づらい
説明書きが人の流れに逆らっているし
関しの女性が毛を光らせて感じ悪いし

見る分野みたいな区分けがいくつかあるんだけど
その区分けの境がはっきりしないし
とにかく順路をどうしたらいいのかかなり困った
皆さんさほど気にされていないのかもしれないけど
作品の種類によっては並んでいるものが違和感を覚えたりもする

最初の部屋は
ミレーがあって、ルノワールが有って。。。。。
まぁ有名な尋の作品が並んでいるけど
正直申してイマイチの作品だなぁ。。。。
致し方ないのかもしれんけど
これが最終展と言われると
”こんなものしか見せないから人が来なかった”と
言われてもしょうがないだろう

浮世絵など日本の作品も多かった
日本国内にある作品よりもうんと保存状態がいい
そういったことを感じさせてはくれるものの
多くの人は日本の作品を見に来たのだろうか?
確かに
ホッケのボストン美術館には多くの日本の作品がある
しかしそれ以上に欧米の有名な作品があるのだ
20数年前に一度行ったことがあるが
名古屋ボストン美術館で診られるものなんて
1%もないだろうと思う
それに雰囲気が全く違う
印象では明るかったなぁ。。。。
壁のいたるところに
所狭しともうそれ事よだれの出る有名な作品が
並んでいたものだ

そんな雰囲気は名古屋では味わえなかった

この展覧会が納となる
赤字だから致し方ない
赤字になるのは最初革言われていた
それでも強行したのだけど
いかんせん運営が悪過ぎた

啓蒙することもないし
存在さえ知らせるこtも少ないし
作品の入れ替えがあっても
私は一切知らなかったなぁ。。。。
これでは人は行かないだだろう

今回も1300円の入場料にしては
作品の数が少なすぎる
会場が狭いからしょうがないにしても
値段を考えると高いわなぁ。。。
本家は無料とかHPに書いてあった
(事実はどうか走りません)
無料でないにしてもあれだけの名画が彫刻を診たら
それはそれは安いものだ
いったときの印象が素晴らしものだったことは
いまだに残っている

今回の最終展で
私にとっての一つの救いは
曾我蕭白(そがしょうはく)の襖絵だ
左にある大きな襖絵の中央辺りに
 コウテイペンギンを思わせる人物が描かれている
この作品が目に入ったときは
 あぁ来てよかった と思った

これがなかったら
 何しに行ったのか?って思っただろうなぁ


まぁ最後の最後ですので
できたら一度おでかけください
私の思うこととは別に
感動するものに出会えるかもしれません

ただし
65歳の方
敬老割引はありません
その点は覚悟の上おでかけください

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE