2018年11月05日

余命1年の患者の明るい笑顔

今日は素敵な出会いだった
患者の会でのこと
初めて出席された方

話の中で
余命長くて1年
という宣告を受けたとのこと

しかし
そんなことは全く感じられない人だった
とにかく明るい人だった

この人を含め数人で歓談
その中で寺詣での話で
私が毎度仏像の前で言う
迎えに来なくていい」
という話には笑っておられた

普通余命宣告を受けた人に
こんな話をスべきでないとよく言われる
しかし
そういった話を笑い飛ばせるくらいな
明るい気持ちの持ち主が
医師の宣告なんて関係なく生きておられるのだ

余命宣告を受けて
沈んでしまう人は
精神的にそれだけで”うつ”に落ち込み
余計に病状を悪化させる部分もあるのではないかと
毎度患者の会に出席して思うことだ

病気を笑い飛ばす元気
それは自然にできるのではなく
自分の力で、気持ちで持つものです
力つけてください

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE