2021年04月13日

40年もののエレクトーンを分解する 02−2

40年もののエレクトーンの分解
2日目

午前中にキーボード(鍵盤)を
取り外した状態をアップした

途中の細かいことは書かなかったが
分解していて
何でこんな設計してんだ?
というのをいくつかみている

午前のアップにも書いているけど
取り付けビスの径が色々あったり
固定バンドも色々で
黒いタイバンドを使ったり
手で捻ったもの(お菓子の袋におよくある)
針金で取り付けたり
まぁとにかく統一感が乏しい

60年くらい前に
YAMAHAの工場見学しているけど
ピアノは多くが手作業だったが
エレクトーンもみた感じ
手作業でやっていたと記憶している
現在はどうしているか知らないけどね



とりあえず今日の分解の流れ


今日は裏パネルをはずことから開始
木の板の部分と圧縮ボードの部分2種類
割と簡単に電動ドライバーで外すことができた


外した状態
スピーカーがでっかいのが見えている
このスピーカーの磁石がまた強烈
ドライバーやニッパーなどが吸い付けられる


上段の鍵盤(キーボード)を外す前に
楽器の種類や音色を設定する
パネルを外さねばならない
コレをしないと鍵盤が外せないのだ


次にキーボードを外し
さらにキーボードにくっついている
電子部品を全て取り外した
もう見た目エレクトーンに見えない
机みたいになっている



コレは電子部品を分解しているときに
不思議に思ったのを並べた
A,B,Cは基盤を固定するのに
基盤に金属の爪が入ってそれを捻じている
なぜビス止めにしないのだろう?
工程数を減らすのにもビスの方がいいのに
さすが手作業の世界か?
D は意味がわからんもの
3つの電子基板をまとめているものだけど
その固定にホッチキスの
太さの針金をつかっている

何だか電流通しているようにも見えたんで
なぜこんな面倒なことしているのか
わからん世界だ


こえが午前の終了の時点

昼からはあまりショットしていない
というよりもできなかったのだ


午後の開始は
下段の鍵盤を外すことから
上段と同じように外すのだが
電動ドライバーが入りにくくて
かなり苦労した

それでも何とか外れて
あとは取り外した電子基板の分解
そして最後に
足踏み鍵盤を外して
今日の作業終了

実はこのあと
そこの板を外そうとしたのだが
困ったことに電動ドライバーが入らない
それに取り付けビスが硬くて
それで今日は断念したのだ


縦に2つの鍵盤
その右に足踏み鍵盤
鍵盤の後ろに外した基盤やら
金属部品を入れたダンボールが3個
(みえないかな)


ドライバーで外せないものは
明日どうしたらいいか考えて処理します


この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 9人
QRコード
QRCODE