2008年12月11日

宇治・平等院 鳳翔館~鐘楼

 鳳凰堂は、団体で見て、その時間はおおむね20分とのこと。次のグループ間の時間だ。
 
 説明員からの説明にあった、扉の絵。どこもそうなのだが、こうした修復画は勢いがないので、なんとなくつまらない。それに、ここ鳳凰堂の場合は、建物が800年以上経っており、そこに新しい絵を描かれても違和感を覚えるだけである。ということで、修復されたものは、できることならば『源氏物語絵巻』のように別に見せてほしいものである。

 鳳凰堂を出て、鳳翔館に向かう。なんてことはない。さっき来た道を引き返す。正面に回ろうかとも思ったが、人が多いので、写真を撮るにも不向き、それならいっそうらを回って時間短縮ということにした。
 鳳翔館は、 前にも書いたように鳳凰堂の修復完成の際に新たに建てられて物で、鐘楼のある小山の中に作られている。ということで入り口は地下状になっている。
 **ネットで見ていたら、「昨年3月会館」なんて表現をしているものがある。「なぬ?」である。基準年を描かないとこういうことになるんだよ。**

 入り口を入ると正面に鐘が見える。それをそのまままともに見たいからまっすぐすすんでいきたかったが、監視の女性に体よく右に追いやられてしまった。

 中は、いろいろ展示されているるものの、どうも私の興味がわくものではない。理由は?ひょっとして展示方法だろうか? それと、地下から上にあがる方式をとっているので、当然階段がある。この空間がまたなんとも味気なくて。正直申し上げて、建築家の自己満足空間と私の目には映りました。やはり、平等院にふさわしい空間が求められるのではないでしょうか?

 展示の天空に浮かぶ菩薩像もなんとなくなんとなく物足りなくて。できることならば創建当時の平等院を再現するようなCGでも入れて、その中に菩薩を入れてみるのも一考ではなかったのか?
 ただ、薄暗い空間の中にいろいろ並べられても、どうもイマイチ見る気がうせてしまっている。

 ということで、早々に地上に逃げ出した。
 地上は、売店がある。トイレはない。なぜ???不親切な建物である。

 外に出たら、正面に鐘楼がある。前にした、池のほとりから撮影したものだ。




 トイレはこれの下、つまり山を下りて池のほとりまで下りるのだぁ。。。

 下に下りて、また鳳凰堂の裏手に回る。これで3回目だよぉ。
 時間が違うので、見える景色が変わっている。また何枚かの写真を撮った。







第16回 <== 第17回 ==> 第18回


この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE