2008年09月28日

小説『親鸞と真佛』(1)



小説 『親鸞と真佛』  
   
ここに示す書物は、村沢の資料・つまりは彼の残したコンピュータの中にある、親鸞に関する論文とは別のフォルダの中に残されていた。読んでみると、どうしても当然のように論文といえるものではなく、小説にするつもりでもあったのだろうか、ちょっとSFじみた書き方の書物である。
 この後の『私』は村沢自身を意味しているのだろうと思う。

『親鸞と真佛』
   なぜ『女犯偈』は書き残されたのか

・京都・三条通り

 私は、いつものように親鸞旧跡を訪ねるために京都の三条通を歩いていた。親鸞は還暦を過ぎてから長く住み慣れた稲田(茨城県笠間市) を離れ京に戻っている。その時どうしたことか、これまた長く連れ添った妻・恵信尼と離別して単身(もっとも末娘の覚信尼がついてきているようだが)でのことだ。
いったい何が彼をそう仕向けたのかは、いろいろ学説はあるものの、どれも多くの人を納得させるに値するものではないと思う。しかし、彼は京に帰った。そして晩年の三十年近い年月、親鸞九十年の人生の約三分の一を京で送ったのだ。
 その生活の場所がどこであったのかは、親鸞が関東集団に書き送った消息で一部を知ることはできるが、どうも一定の場所ではないように思われる。私の印象では京の街中、この三条通の西洞院から河原町の間と思われてならない。越後、下妻、稲田、あたりの生活はとても街中というところではなかっただろう。その反動として年老いた親鸞は、街中を晩年の生活の場としたように思えるのだ。
親鸞の生誕の場所が『善信聖人親鸞伝絵』(伝絵)などから日野(現在の山科区日野)とされているが、私は日野はあくまでも日野氏(藤原氏の傍系)の往年の別荘地でしかなく、実際には父親・日野有範の仕事(当時の皇太后の世話役)からいって生活の場は京都の市街、それもこの三条通ではなかったとさえ思っているのだ。だから、彼が晩年を生誕の場に戻ったとしても、何の不思議はないだろう。

 そんな思いから、私は時々、その親鸞の思いをたどるべく三条通を散策している。



第1回 => 第2回


**
 ここに記載している名前『村沢』は、私の小説の中に登場する人物で架空のものです。
 また筋は、これまでに読んだ文献から作者自身の思いとして独自に組み立てたものです。
 そのため、史実とは異なっているものと違っている可能性がかなり大きいとお考えください。
 
 WEB公開していますが、著作権は放棄していません。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE