2018年02月09日

今朝の庭 18年2月9日



今日はお出かけしていたので
朝ショットした写真も編集できず
今になってしまった

今朝は冷え込んだので
庭のいたところに霜柱が
それだけ我が家の庭は湿っているということ

トップの写真は
目下我が家で咲いている数少ない
色のある花 ぼけです
まだまだ咲き続けそうです




この写真は
枯れたヒオウギと霜柱です
ヒオウギはまだタネをつけたまま
枯れるに任せてます




この写真はまだまだ蕾の硬い
桜です

これを見ると
春はまだ遠いですねぇ
  

Posted by 生田 at 20:27Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年12月07日

天狗の団扇

今朝も冷え込んだ
霜が降りていたかも
しかし、外に出たのが9時をすぎていた
霜の色は見えなかった

芝生の上に
一枚のもみじの葉が
小さい天狗の団扇のように
おきく見せようとしているのか?



そのもみじの木には
名残の紅い葉がまだ残っている


違う枝では役目を終えたもみじの葉が




そのもみじの木の下では


これも一つの造形ですねぇ

庭の隅のボケが
今が綺麗な時期かも

  
タグ :天狗の団扇

Posted by 生田 at 10:11Comments(2)TrackBack(0)庭の花など

2017年12月01日

今朝の庭 17年12月1日

月が改まりました
今年最後の月です
時の移ろいが早すぎます
そんなに急がなくてもいいのに

今朝ゴミ出しのついでに庭を見ました
小さい花が咲き、実を結び
近く咲くと思っていた花が
気づかないところで咲いてました


家内はスミレの種類と言いますが
名前がわからない

この花が実を結び飛び立とうとしています



近く咲くと思っていた椿がもう咲いてました
ひっそりと咲く花ではないのですが
枝と葉の陰で大きく咲いてました

  
タグ :師走

Posted by 生田 at 09:10Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年11月11日

赤と黒 そして・・・

今日は雨上がりで
いい天気になったけど
冷え込んで風が冷たく強い

そんな中庭に出て見た

ナンテンが結構赤くなって来た
まだ赤くなるんだけど
日当たりが悪いから
そんなにいい色にはなれそうもない





その対極の色
黒いタネ
前に紹介した
ヒオウギのタネが
まだしっかりと茎についている
始めたものの
どこに行こうかまだ迷っているようだ



そしてこれも前に紹介した菊
黄色の小さいのがたくさん




そしてちょと種類が違う?
白いのもたくさん
黄色より小さく咲いてます




これも前に紹介した
ボケの花がここまで開きました
いいいろです
これなら桜と間違われないかな?




こちらはおとといあたりに開花したボケ
このくらいだと桜みたいに見えないことも



これはいずれ咲くだろう
椿の蕾です
まだまだかなり固いようです


  

Posted by 生田 at 11:25Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年11月06日

ボケと菊の撮り直し

昨日ショットした
ボケの花と菊

ピンボケいやブレが激しかったので
今朝撮り直しした

ボケです
綺麗に撮れてると思うのですが


菊です

メロンです
請求書です

とやるような
何かいいフレーズ思いつけばいいものを。。。
  

Posted by 生田 at 09:28Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年11月05日

ボケの花 開花

今日は家内が外出
外に干している洗濯物
冷えてきてはいかんと
取りに出た

すぐ横に花が
おぉ ボケが開花したのだ



花が”ボケ”だから
というわけではないですが
ボケてしまってます
明日撮り直します

ついでに
柿の木の下に
半月くらい前から
小さい菊がたくさん咲いてます


これもボケてます

どうも
私の体が揺れているようです
まだ完治していのだろうなぁ。。。
  

Posted by 生田 at 18:21Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年10月28日

ヒオウギ が弾けた

今日は終日雨
そして
寒い1日

そんな中
雨がパラパラの時
外に出て見た

花はほとんど咲いていない
かろうじてセイジが風になびいていたくらい

庭の真ん中に行ったら
この夏綺麗な姿を見せてくれた
あのヒオウギが
花の後の姿に
そして次の世代に向かって行きていこうとしていた

花が実を結び
その実が弾けていた

黒いんですね。。。。。



これらが
土に帰り
来年花を咲かせるのかな?

楽しみにしていましょう
  

Posted by 生田 at 17:12Comments(2)TrackBack(0)庭の花など

2017年10月26日

監視されていた・・・

昨日の話

息子が来てくれて
柿の一斉収穫

午前は雨がぱらついていたけど
息子が来た2時半頃は雨は完全に上がった
それに太陽が顔を出したのだ
なんか懐かしかった

息子は柿を落として行く
本当は落として欲しくないけど
高枝バサミで切りとツノに慣れていない
なので結構落としてくれてた
といっても落としていない方が多いのは確か

手っ取り早く取り入れするには
枝ごと切るのが早いというと
のこぎりで実のついて枝を切り落とす
これをすると収穫が早くなり
柿の木からだんだん赤い色が消えて行く

頭の上で鳥の声が
かなり大きな声で喚いている
電線で周りに向かって喚いている
あぁまたあいつらだ
晩飯をつつきに来たら
柿が消えかかっている
それに人が三人もいる

どうもそんなことを喚いているようだ
じっと私らを見ていたが
諦めたように飛んで行った

柿のみは
最後に3個残るようにしておいた
全部取るのはかわいそうだもんね
仲良く食べてクレェ
  

Posted by 生田 at 08:44Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年10月25日

カキの匂いに誘われて



今日の柿の収穫
数はまだ数えていない
おそらく300個近くあったかも
収穫した柿には
鳥たちがつつきまわしたものあり
結構甘い香りが漂っていたかも

蝶や小さい虫が周りを飛んでいた

この蝶は
とった柿にくっついたりしていたけど
人が近くにいるから
なかなかじっとしていない
止まったところが
柿を載せているブルーシート
その上で羽を広げた

カメラを即取りに入ってのショット

この蝶は
多分「ムラサキシジミ」だと思うけど
探した情報では
近畿以西とある
名古屋はそんな位置ではないけどなぁ
何か別の蝶かな?
  

Posted by 生田 at 20:39Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年10月17日

雨上がり 柿の収穫 また100個と柿ジャム

午後になって雨は上がった
といっても
カラッとしない曇り空
西の方はなんとか少し青いところは見えるが

柿の木はまだまだものすごく濡れている
でも
明日は植木の手入れで業者さんが入るので
柿の収穫はできないと思うし
下手すると明後日は雨になりそうとか
となると今日のうちに採れるものはとっておかないと
鳥の餌食になりそう
ということで
濡れるのを覚悟で収穫

なんとか100個を撮り終えた
だんだん高いところの収穫になるので
高枝ばさみを使うのだが
高いところは柿の色が見えない
それに
ひと枝に3〜4箇 多い時のは5個も
いわゆる鈴なり状態のものも多く
枝ごと切り取ることになる
こうなると青いものも結構あったりして

今 我が家には200個を超える柿が存在する
近々どなたかにもらっていただくつもりだけど
その選果の前段階

これまで収穫した中に
完熟もののが結構あった
これは差し上げるのは抵抗がある
それにたくさんを食べることも難しい
となると
あとは保存を考えて
家内が柿ジャムを作っていた

ジャムは多くの場合砂糖などで
甘味をつけるけど
我が家の柿ジャムは甘味料一切なし
完熟の柿を掻き出し
タネを取って煮込むだけ
火は通さなくてもとは思うけど
保存を考えると通しておいたほうがいいだろうって
何せ防腐剤も使わないから

今日作ったジャムで当分ジャムは買わないで済む
まだまだ完熟は出るだろうから
春くらいまで持つかも

あと
青いのはしばらく天日に晒せば甘くなる
でも食べきれないだろうが
小さい柿はもらっていただくには不向きだし
皮をむいて干し柿にするかなぁ。。。
甘柿を干すとさらに甘くなるんですが

これはいつになるやら
  

Posted by 生田 at 16:02Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年10月14日

監視されている・・・・(今年の柿の収穫 第3弾)

昨夜はかなり降ったのかな?
柿の木はめちゃくちゃ濡れていた
それでも雨は上がっているので
柿を収穫することにした
一応濡れてもいい上着を着込んで

収穫していたら
頭の上の方で鳥のざわめき
近くの電線にいっぱい止まっているではないか
それも私の方を見ているのだ
「じじぃ柿採っているぞ」とみんなで喚いている感じだ
しっかり監視されてるんですねぇ
たぶん
いなくなったらつつきに来るんでしょう
まぁその時はその時で
鳥追いで追っ払うと。。。。。

今日の収穫は 100個
鳥が狙っているので
ちょっと青いものも取ってしまってます
少し日に当てて置いておけば甘くなるので心配はいりません
毎年のことなので



今日採った100個のうちの3個です
上のように完熟のものもあります
この手の完熟は鳥にやられるのほとんですが
これは幸い見えにくいの頃にあったのか
助かりました

今日の昼食のデザートに美味しく食べるつもりです
  

Posted by 生田 at 11:54Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年10月13日

今年の柿の収穫 第2弾

今日は表彰式に行く前に
柿を収穫 34個

帰ってきて
雨が上がったので
また収穫 26個
今日は合計60個

今年はいくつ採れるかなぁ。。。。
多分300は下らないとおもうけど
出来は良くない
小ぶりで甘さも少し控えめ

それでも市販の柿の甘さよりも
うんと甘いと思う

鳥たちの宴のあとが結構多くて
それらに使われた柿は
完熟が多い
本当はこれを食べないといかんのですが
  

Posted by 生田 at 18:41Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年09月30日

庭は次の季節へ

季節は移ろい
花たちの盛衰が季節を感じさせます

今は季節の変わり目
花が一番少ない頃
それでも
これからというものが出て来ました



セイジが咲きました
来月の総選挙で
本当の政治が花開いてくれるといいのですが





カタバミが
日陰から表で咲き始めました





椿の蕾です
これが咲くと寒くなりますねぇ。。。
次に季節を
思い起こさせてくれました
でも
咲くと色は燃えてるんです

  

Posted by 生田 at 13:06Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年09月26日

シソの花

今日は点滴を打ちに行くこともない
なので朝はゆっくりと起きた
朝ドラを見たりして
時間を過ごして
10時過ぎに庭に出て見た
何も花のない庭だけど
一度探して見るかと
日頃はいかない隅っこを探したり

そこで見つけた
へぇ、シソって花が咲くんだと。。。。



下のはカマキリに食べられた結果だとか。。。


芙蓉の花
これまで見た芙蓉の中で一番綺麗でした
実物はもっと濃淡があって素晴らしかった
表現できない私の撮影力です



小さい黄色い多分キク科の花
裏庭のあちこちに咲いてました


体がイマイチふらつくので
小さい花はどうしてもブレが目立ちます
ごめんなさい
  

Posted by 生田 at 12:16Comments(2)TrackBack(0)庭の花など

2017年09月25日

コムラサキ

今日は病院に点滴を打ちに行く日
出かけるまでにちょっと時間があったので
庭に出て見た

芝生が夜露にしっかりと濡れていた
何これが白くなるんだよなぁ。。。。

庭では花は終わったけど
終わった結果の
それぞれの実がいくつか


たぶん コムラサキ の実だと思います

これは実だけになったヒオウギ



もうじき全体に色づくことでしょう
今年は早いような気がする
なんで今頃ハエが?
  

Posted by 生田 at 13:56Comments(0)TrackBack(0)庭の花など
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
※カテゴリー別のRSSです。
QRコード
QRCODE