2017年12月11日

大騒動から一夜明けて

 孫の熱はまだ下がっていないらしい、今頃病院で診察してもらっているかも。朝になっても熱が多少なりとも引かないのはちょいと心配だが。。。

 昨夜、車を置いて歩いて家に帰ってきた。久々の早足と寒かったかことが原因か、寝るに寝付けずアルコール入れて寝たのが2時を回っていた。それに夜中に足が2度もつってしまった。かなり痛みがひどかった。おかげで睡眠不足。今もボケェ〜〜〜〜としている。

 誰もいない家の中。ボケェ〜〜〜〜としていても問題はないけど、なんだかなぁ

 新聞は朝刊はお休み。いつもならあ新聞内から外に出ないのに、ゴミ収集日とあって、家内がいないから出しに行かねばと外に出た。今朝はそんなに寒くないんだなぁ。混ぜもあんまりないし。
 あとは、孫の熱が下がることが気になるだけ。

 眠くて、目が痛いわ。。  

Posted by 生田 at 09:06Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月11日

孫が発熱で大騒動

もう昨夜のことになってしまった

娘から電話
孫が熱出したと。。。。

9度まで上がっているらしい
旦那は休日出勤していていない
病院は休みだ

子供が熱を出すのは
休日で夜というのが多いなぁ
熱が下がらないときは
大病院に緊急で行かねばならないかもしれない
ということで
家内を娘のところに送って行った

10時を回っても9度の熱は下がらない
旦那は徹夜になりそうということで
もうこれは緊急に備えて車を置いてこなければと

露いうことで私は
雨がぱらつく中を家まで歩いてきた
30分くらいかかるところを
信号に一度も引っかからなかったこともあり
足早に歩いて25分で
(これでかあだの調子がほぼ完全に戻ったことを確認)
(最も耳はどうしようもないが)

外は寒かった
雨だったのかなぁ?
みぞれだったのかもしれない
とにかく細かいのがぱらついていた

最初は寒かったが
途中からあせをかくくらいに体温上昇
家に帰ったときは
室温13度だったけど
あったかく感じたなぁ
でも汗が引いて体温が急激下がって

あの時間に
あれだけ歩くと
眠気がこない
困ったなぁ

しょうがないから
今からSルコーツを少し入れて
布団に潜りこにます

おやすみなさい
  

Posted by 生田 at 01:09Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月10日

一枚の夕空と断捨離



今日は昼飯食べた後
お掃除です
断捨離
木彫りで色々不要なもの
この際捨てましょうと
たくさんある段ボール箱の中を整理
3時間くらいやって
ダンボール2つを空にした
まだ途中です

でもなぁ
本当に片付けをしなければいけないのは
始めた頃に彫った仏さんたちなんだよなぁ
これまでも何体かは
「ごめんなさい」と言いつつバラした
使えるものはそれなりに切ったりして
でもねぇ。。。。
どうにもならないものあるんだなぁ。。。
これはもう割って燃やしてもらうしかないんだな
ということで
数日したら
いや今週は病院通いなどあるから
来週になるけど
いくつか捨てるか

今から30分
BRレコーダーの中身の断捨離です
  

Posted by 生田 at 17:05Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月10日

なぜか”じいさん”がいっぱい

買い物に行きました
行き先は、八事のフランテ
まぁ近くのセレブ御用達の感が多少ある店
駐車場は結構なお値段の外車も多く
我が家の車なんてちゃちでして。.。

今日は家内を八事に送るついでに立ち寄った
駐車場は満杯に近く・・・
屋上はどうだったかな?

店の中に入った
ん????じいさん、おじさんがいっぱい
ばあさん、おばさんよりも多いかも(それはないか)
私のじいさんの口だが
私よりも上が多いヨォ

どうしたというの?
今日はポイント5倍デーだとか
そんことでじいさんが来るわけでもないだろうが
ワインとチーズが今日はお値打ちだとか
これかな?

いやいや
レジを通り抜けて
買ったものを袋に詰め込むところ
それから出口でわかった
おばさんのお付添だ

でも
旦那たちは半分厄介者扱い
まさか濡れ落ち葉ではないとは思うが

私は濡れ落ち葉になるなと言われているので
今日も家内にはついて行かなかったのだ
はは、負け惜しみ
連れて行ってもらえないのだ(涙)

帰ってきて20分になる
これから昼飯作ります

私一人だから
好き勝手なものが作れるヨォ
にんにくたっぷりのラーメン作りま〜〜す
  

Posted by 生田 at 11:44Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月10日

今からちょいとお出かけ・・・

今日のお目覚めは8時半
本当は7時半頃に起きても良かったけど
起きてもすることないし
寒いから布団から出なかった

腹が減ったから出てきた
熊みたいだなぁ
体形も・・・・

パンとハムエッグとコーヒーとラブレ
これだけ食べた

それから1時間半
もうじきお出かけ
みかんを買いに
卵もないし

ということで。。。。
出発です
  

Posted by 生田 at 10:16Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月09日

ものすごく寒い夜中だった

昨夜から今朝にかけて
とにかく冷え込んだみたい

なぜかわからないが
夜中に3回もトイレに行った
寒かったからかもしれないが

トイレ自体が寒い
冷たいとは思わ科なったものの
布団にも振り込んだら
冷たいのなんの
時間がたっても暖かくならない
私の体温がどんどん取られていく感じ

どうにも我慢できなくて
布団の下の
電気カーペットのスイッチを入れた
(最もずーと付けっ放しではないけど)
これでなんとか凌いだ

6時ごろにいったん目覚めたけど
あまりにも寒くて
布団から出ることができなかった
結局布団から出たのは
7時半を回っていた
腹減ったもんなぁ。。。。

ファンヒーターのスイッチを入れた
表示の室温は8度
真冬並みだなぁ

天気予報では
来週の火曜日あたりに
初雪になりそう
(ほんとかいな?)

まぁ何にしても今朝は寒かった
  

Posted by 生田 at 09:31Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月08日

木彫りの彫り納め その1

 今日は、いや昨日から木彫りに使っている部屋の片付けをやっていた。これをやらないと、息子が帰省した時に寝る部屋がないから。まだ日にちはあるものの、やって行かないといつ何時できなくなるかわからないかな。
 これをすると、家の中で木彫りをすることができなくなる。まぁ、小さいものを彫刻刀を使って彫ることはできるけど、それでも木くずは出るのであまりやらなくなる。
 

 この2躯が今年の最後になるもので、江南市音楽寺の薬師如来を守る十二神将の戌と卯です。(戌は音楽寺ではなく他の寺にありますが)
 左が音楽寺ではない寺に持って行かれている戌で像高20センチ、右は卯で像高19センチです。犬は先月彫り終えていますが、卯はまだ未完成です。というのは、円空木彫りの会が今月もう一度あるので、その時に目の周りを仕上げて完成とする予定なのです。ということで、右の卯は目が入っていないのです。

 これらを仕上げると、音楽寺の十二神将のうち7躯を彫り上げたことになります。後の5躯は来年彫る予定です。

 今日はまだ八日なので、今年の残りを出ょうやって時間つぶしするか、ちょいと考えねばなぁ。もっとも、大掃除したりすることになるけど、それでも全部ってわけには行かないから。アァ、忘れてた。最終は、今年最後の医者通ひを3つやらなくては行かんのだ。それに再来週には大病院の患者の会もあったなぁ。。結構時間取られるわ。
 これから約ひと月木彫りをしないことになるけど、手先が鈍らないようにだけはしないとね。

 年が改まったら、十一面観音を本格的に彫ります。これは円空仏ではなく、私なりの思いの十一面観音を目指します。うまく彫れますように・・・・だなぁ。ということで、今年の家の中での彫り納めです。  

Posted by 生田 at 16:12Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2017年12月08日

予報通りか?

今朝9時をすぎたところ

昨日の天気予報では

今頃雨が降っていることになている

でも

雨降ってないヨォ

でも

曇り空だヨォ


冷え込んだら

雪になりそうだけど

外気温6度までいってないもんなぁ

きょうは

一日寒そうだな
  

Posted by 生田 at 09:18Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月07日

天気予報は、明日は雨 だったけど・・・

今午後4時25分

今日の昼の天気予報では

明日8日金曜日は

雨のち晴れ

だったと思うんだけど

今窓の向こうに見える南西の空は

夕焼けだよ。。。。

この夕焼けが雨になるのかな?

まぁ大した雨ではないと思うけど

冷え込めば 初雪 なんちゃって
  

Posted by 生田 at 16:26Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月07日

天狗の団扇

今朝も冷え込んだ
霜が降りていたかも
しかし、外に出たのが9時をすぎていた
霜の色は見えなかった

芝生の上に
一枚のもみじの葉が
小さい天狗の団扇のように
おきく見せようとしているのか?



そのもみじの木には
名残の紅い葉がまだ残っている


違う枝では役目を終えたもみじの葉が




そのもみじの木の下では


これも一つの造形ですねぇ

庭の隅のボケが
今が綺麗な時期かも

  
タグ :天狗の団扇

Posted by 生田 at 10:11Comments(2)TrackBack(0)庭の花など

2017年12月06日

日向ぼっこと仏さんと

今日は、寒かった
気温も低く風も冷たく
でも
ガラス戸越しの縁側は
ポカポカ暖かく
そこで木彫りをやっていた

昨日ちょっと手がけたんだけど
左人差し指の静脈を切る
というヘマをやったので
ほとんど彫れていなかった
それを今日2時間くらいかけて
彫り終えた

でもなぁ
像高10センチという
小さいもので
木がまた柔らかすぎて
なんとも不器用な私には
きつい仕事だったなぁ



うまく彫れていないので
ピンボケで。。。。。

これは最近よく彫っている
薬師如来です
円空さんの薬師さんのパクリです


うまくならないなぁって
死ぬまで修行だな。。。。。
  

Posted by 生田 at 17:57Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2017年12月06日

今朝も冷え込みました

寝起きの遅い私がいうああことではないかぁ

夜中はトイレに行かなかったが
朝6時にトイレに行った
寒いというより冷たかった

布団に戻って潜り込んで
2時間寝た

家内が言っていた
室温10度だったよって
へぇこれまでの最低ではないよ

ネットで名古屋の最低気温見たら
2.8度だったかな?
私ない負けない低温ねぇ

今10時前
風は冷たいのが吹いているけど
日差しがあるので
ガラス越しの日向ぼっこにはいいかも

それをしながら仏さん彫ろうっと
  

Posted by 生田 at 09:46Comments(2)TrackBack(0)今日の日

2017年12月05日

六所神社の舞台

 六所神社に来るようになった謂れは、前の記事に書きました。そんなこんな、これも闘病の中の生活です。


 六所神社に到着した。車を舞台あの左手バス停のあるところに置いた。後でおもたことはもう少し離せばよかったなぁって。写真の邪魔になったのだ。。。



 まずは、この写真から。



 これは額縁に収まった絵ではありません。大きな窓(?)なのです。これを最初に見た時は、初夏だから、枠の中は緑一色。その時に思ったことは、秋になったらさぞかし素晴らしい絵になるだろうと。だから2回目は、ちょうど6年前、秋です。残念ながらその時は季節が早すぎでここまでのものは見ることができなかった。今年は寒さが早く来たおかげでコオ色合いを見ることができたのです。


 この舞台は、左の画像に示すように、豊田市の有形民族文化財です。舞台のこの建物だけではなく、ここでおこw¥なわれる模様推しものもそれに含まれるのかな?(Wikiによれば含まれていないみたい)
 六所神社にはいくつかの建物がありますが、ここだけが文化財のようです。


 上の画像が舞台の全景です。ちょっと見づらいかなぁ・・・もう少し太陽がきついと綺麗だったかと思うのですが。。。舞台の右手に私達夫婦がおにぎりを食べるときに腰を下ろしていた階段もあります。
 建物の真ん中に冒頭の写真の窓も見えています。このためもの吹きさらしなんですヨォ。




上の画像は、舞台を左手からみたところです。これで冒頭の画像が額縁でないことがわかっていただけるかと思います。


 舞台の壁には、右の画像のようなものがたくさん掲げられています。「金的中(?)」は何を意味するのかネットで探したけどわからなかった。
 ご存知の方、教えてください。
 舞台での奉納だから、獅子舞、舞、なんかかなぁ。。。

左の画像は、舞台の建物の左側に立っているイチョウの木です。なんで神社やお寺ってイチョウが多いんだろ?
 やっぱり、有事の時の食料に知るためかなぁ?それなら理解できるけどねぇ。

 こうした画像は、逆高の時にとるべきなんだろうけど、建物が暗くなりすぎて、イマイチだなぁ。。。。



 木の下はこんな感じでしたよ。

  

Posted by 生田 at 19:20Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2017年12月05日

なぜ松平東照宮に来るようになったか?

 いつか書くとお約束した話です。

 紅葉見物に松平東照宮なんて失礼だけどあまり知られていないところにもう3度目になるかな?なぜ来るようになったのか?

 本当は亜松平東照宮に最初に来たのは、正直に行って偶然。2度目の六所神社の帰りについでに「松平東照宮」と書いた看板見つけたので山道をえんやこら走って来たのだ。
 その時がたまたま秋で紅葉の季節だった。桜の木が紅葉して綺麗だった、と言うところから人がいっぱいいる時期は人のあまりいない隠れスポットに行こうと来るようになったわけです。

 では、なぜ”六所神社”なのか?
 思い起こせば6年前の初夏、1月にやったメタボ健診の時についでに前立腺癌の検診をやって見た。一月遅れで教えたれたなんとその時のガンマーカーPSAの値が300を超えていた。標準値は3くらいまで、それを越えると癌の疑いありと言うことなのに、その100倍もある値が出てしまったのだ。即大病院で診察、検査入院の結果”前立腺癌”の末期ステージIVを宣告された。
 それから治療方針が決まるまで一月余り、決まって治療開始が5月だった。
 
 癌宣告されてから、家内がネットで調べるに調べて、前立腺癌に有効な食べ物を調べて来た。塩はダメ、反芻動物の肉や乳製品はダメ、人参、トマトなどはリコピン摂取で有効などなど。。。そしてついでに健康デリ続けるには自然食品、無農薬野菜が空いいと言うことも。
 リコピンが有効と言うことで人参ジュースを1日あたり400CCくらい飲むことになった。無農薬の人参は結構高いのだ、だから生産農家を探してそこで打ってもらおうと考えて、ネットで愛知県の無農薬野菜の生産農家を探した。見つけたところが豊田市松平だった。
 そこで探しに行こうと、言うことになった。その当時は外食はご法度としていた。ドクターストップではない、ドクターは逆に”ストレス溜めるからやめたほうがいい”まで言われたのだが、それを無視して食事を制限していたわけだ。外食は塩分がかなり多いからダメというのが理由。
 で、家内がえんぶんの少ないものでおにぎりを作って、それを持っての遠足気分にはならない遠出のドライブと相成った。

 松平に来たのだが、無農薬農場は見つからない、農家も見つからない。一番奥の方に入り込んだがわからない。引っ返した途中に”六所神社の舞台”があったのだ。そこで一休みしようと車を降りて、お弁当を持って舞台の上に。
 そして、舞台に上がる階段のところで、家内と二人でおにぎりを頬張った。

 その頃は、末期癌の宣告を受けて、私がどれだけ生きられるかわかっていなかった。後から担当医に聞いた話では、「知らずにいたら余命半年くらい」と言われてゾッとしたが、そんな話もまだ知らなかったのだ。
 なんか先が短いという不安な気持ちでいた頃かなぁ。私自身は”死”というものを考えたことはなかったが、友人の医師に言わせると相談に来た時は顔面蒼白だったと言われたくらいだから、やっぱり考えていたのかな?

 そんな気持ちの二人が、なんかねぇ。おにぎりを仲良く食べて、ピクニック気分に側からは見えたんだろうと思う。(誰もわまりにいなかったけど)

 この時に初めて舞台を見た。そして「秋にもう一度来ようと」と思わせる景色にでったのです。言うなれば「もう一度来よう」「何度も来よう」と思ったことで、今の私があるのかもしれないと思うのです。
 なので、癌闘病の原点と思って、時折、この6年で4回も来るようになったのです。

 六所神社舞台に関しては、この後に投稿します。  

Posted by 生田 at 18:12Comments(2)TrackBack(0)自分の健康

2017年12月04日

松平東照宮から六所神社へ

 豊田市松平郷の松平東照宮を後に松平郷の北の方にある六所神社に向かいます。前にも書いたように東照宮の裏手に回って山道を行けば距離的には近いのですが、なにせ道が狭いので対向車が来たらすれ違いに困ると過去の記憶だけから判断して、一旦南の国道301号線に下りて途中から六所神社の方に向かう道に入って行くことを選択しました。 GoogleMapのルート検索では時間的はそんな違いはないと出てました。
 東照宮から国道までもそんなに広い道というわけではありません、駐車場を出て少し下ったところでみきアー写とすれ違いましたが、こちらが道幅の広いところで停止してすれ違いを待ちました。
 国道へ降りてみると来る時よりも交通量多いかな?といっても大したことはないですが、ただ来る時は登りだったのでアクセルふかしてもどうってことなかったけど、下りになるのでアクセルはちょっと控えめにしないと。。。


 六所神社に向かうために右折するためのT字路に来ました。これを右折すると王滝渓谷というところに行くことができる道です。
 (王滝渓谷は、一度行きかけて駐車場まで行ったんですが、渓谷に行くのは苦手なところだったのでやめました。それに道幅が狭いので、覚悟して行くべきかなって思います。(地元の方ごめんなさい)
 上の写真(ドライブレコーダーの画像)の国道の案内板はこのT字路で右折を示しているのではありません、ずっと下の交差点でって感じかな?ここで右折して足助へ行くのはきついヨォ。(過去の経験)
 右折すると川に沿って走り、橋を渡ると登り坂になります。あとは道なりに登って行くだけですが、途中時折狭いところがまだありますが、東照宮の裏手から行くのに比べればうんと楽です。

 上の画像は、途中の信光寺(だと思う)の横を通過中です。このように前はかなり雄大に見える場所ですが、この先もいくつかの小さい峠を越えると言うちょっとアップダウンの多い道です。

 どんどこ道なりに(ナビに沿って)走って行くと、かなり行ってからですが、右の画像のように鳥居が見えます。この鳥居は六所神社の1の鳥居だそうです。多分昔は、この鳥居をくぐるのが道だったんでしょうねぇ。
そのままの道だと、車はちょっとしんどいかもなぁ。
でも、いい光景に見えますが、実はドライブレコーダーの画像をトリミングしているのでこう見えるんですが、じっさいは・・・・
この第一鳥居から少し登ると、カーブしながらちょっときつくなった坂になり、その先に目的の六所神社の舞台が目に入ってき来ます。
 ちょっと見にくいですが、赤い車の先にある茅葺の屋根が舞台です。六所神社はこの画像の左手にあります。
 初めてここに来たのは、6年前の初夏。前立腺癌対策のために人参ジュースを多量に飲むようになり、その人参の無農薬のを生産しているところを探して入り込んだのです。この近くにぬ農薬農場があるはずですが、見つけることができず、この舞台で一休みそして昼食を取ったのです。
次回、その昼食の場所を掲載することにします。  
タグ :rokushojinnja

Posted by 生田 at 22:25Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2017年12月04日

針仕事・・・

昨日の話

朝起きてジンべを着た
体温を測るので体温計を持ってきた
測り終えてジンべのポケントにいれた
ん???
カタっという音
体温計が落ちたのだ
なんだ?
ポケットに手を入れた
指がすり抜けた
糸が切れてほころびていたのだ

家内に「穴空いている」と言うと
「そんなん知らん」といわれた
どうも直してもらえそうもないので
針と糸を出してもらって
自分で縫うことに

久しぶりだなぁ
針仕事

最初はなんかうまくいかず
縫ったところの糸を切ってリセット
2回目はなんとか思うようになった
でも
なんか違うよなぁと思いつつ
3分の2くらいまで来て
あぁ こうすりゃぁ良かったのか と

それからあとは思いついた方法で縫い上げた
出来上がり
ちぐはぐだよ
でも誰も気づかないだろうよ

と言うことで
久しぶりの針仕事終わり
  

Posted by 生田 at 09:31Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月04日

寒かった朝の寝床

 昨夜寝付いてからトイレに2度起きた。最初は寝てから1時間半後の1時半頃、この時の寒さはどうってことないと思った。
 朝6時半頃にトイレに行きたくて目が覚めた。とこから出て、ジンべを羽織ってトイレに行って用を足して寝床に戻った。布団はかけていたはず、とこに入ってとんでもなく冷たい。毛布は敷いてるしかけているにも関わらず。まだ起きたくないからそのまま我慢してじっとしていたのだが、もうどうにも我慢できなくて起き出してしまった。
 起き出して弾ヒーターのスイッチを入れた、室温9度。外がかなり冷え込んでいるのがわかる。いまTVで今朝の最低気温を見たら4度を割っているのだ。寝床も冷えたはずだなぁ。

 12月もまだ4日、天気の長期予報では12月は前半分は冷え込むとか。この分で行くと明日も冷える。。。低体温の私にはかなりきついつきになりそうだなぁ。まぁ、風邪ひかないようにだけは気をつけようと思う。  

Posted by 生田 at 09:19Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月03日

孫に遊ばれて何もできず・・・

今日昼前に電話
娘から
孫を預かってくれと

それは嬉しいことですが。。。
迎えにいく家内を送っていった
孫と家内はバスでやって来た
(孫はバスに乗りたいのです)

やって来て
昼飯を食べて
そのあとは毎度のプラレール

我が家にあったプラレールの半分を
前々回来た時に持っていってしまったから
レールを一回りするのを作るのも大変
それでもなんとか考えて作っていた

いろんなことをやりたがる
途中で野球をやろうと言いだしたり
将棋の駒を見つけて将棋盤出せといって
コマを並べるだけ並べて

4時過ぎて娘から電話
某スーパーに行くからそこまで送ってこいと
また家内がバスに乗って送って行く
それを後から追いかけて
私が車で迎えに行く
そしてついでに
窓の日曜日のお買い物

家に帰って来たのが6時少し前

今日は
本当は木彫りをしようと思っていたのだ
なんもできなかったなぁ
でも嬉しいことだよね
孫と遊ぶの
いや 孫に遊ばれるの

3歳
第1反抗期の真っ只中
だんだん自己主張をするようになった
今日は
あることをしたらっていったら
「しないの」って叱られた
泣き真似したら
ちょっとびっくりしたみたいだけどね

ちょっとお疲れかな・・・・
でもいい1日でした
  

Posted by 生田 at 19:51Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年12月02日

松平親氏公銅像と松平東照宮の紅葉

 高月院の参拝を終えて駐車場に戻っていきます。途中来る時とは逆になるので、景色も変わります、写真も何枚かとっていますが、ここでは省略させてもらいます。(すいませんだんだん画像編集が面倒になってきてます、歳ですねぇ)


 左に土塀(これは高月院のものだろうか?)とその先の紅葉を見ながら坂を下っていきます。そして昼食をとった天下茶屋の門をくぐって流れる小川の左岸を下っていきます。(夏ならやらないなぁ。苦手な細長いのが出そうで)その先にあるものを知っているかrですが。。。

 下りきったところに銅像が建っています。



 上の画像は、徳川家康のご先祖さんで松平家の創始の松平親氏だそうです。
 横から見ると(天下茶屋から降りて来ると見かける姿です)こんな格好してます。なんでこんな野人的な格好なんだろう?元は野武士だったの?わかんないねぇ。。何百年も前の話だものね。
 それにしても、この銅像のモデルは誰でしょう。筋骨流でいながらそれなりに年齢で、あやかりたい体型だよって思う。

 この銅像の背面には道が続いていて、展望台に行けるということらしいけど、いったことがない。いっておくべきだったかなぁ。この先だと登れなくなりそうだもんなぁ。
 銅像を背中にして帰り道、そこに見えるのは石柱が並んで、紅葉がちらりとあるなんとも私には不思議な光景です。当たり前なんの風景かなぁ?


 これを下り切ると、高月院ら下りて来る道に合流です。

 合流したところで左に折れて松平東照宮に向かいます。来るときには結婚式の終わりでごった返していたので遠慮して入らなかった(嘘、腹が減っていたから食べるのを先にしたのだ)

 入り口は、左右が堀になっているが、ここの写真はこのシリーズの一番最初に掲載したものです。

 本殿に向かって玉砂利の上を歩いてきます。前回来た時は、本殿は修復中だったが、今回は綺麗な姿を見せてくれています。右手に資料館がありますが、これは前回入りました。無料ですので、おいでになった時には是非どうぞ。

 本殿に向かって柏手を打って。。。。。右手の狛犬の後ろに紅葉が、もうちょいと枯れ始めてますね。



 本殿を後に駐車場に向かいます。入り口鳥居の手前ん右手に”手水舎”があり、屋根にイチョウの落ち葉がのっかってます。地面にもいっぱいのイチョウの落ち葉が。(これにはなってくれるなと家内からかなりきつく言われてます。)


 そして駐車場に着く手前、東照宮の堀の左手になるのかな?たまたま陽が差していたこともあって結構きれいな風景をもらいました。


Posted by 生田 at 20:45Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2017年12月02日

出てきた出てきた その2

先日断捨離の一環で納戸の整理をした
その時出てきた
(といっても、実家から持ってきたものであることはわかっていたもの)
実父の残した掛け軸
その作家などをネットで調べようと
破れそうなものを恐る恐る開いて
名前のわかるものはネットで見つけたり
中には名前はあるけど判読できない
なんてのもあった

でもねぇ
面白いものも出てきたのだ
その1 日露戦争 宣戦布告の詔勅       
    子あんなの誰がにゅうしたものだ?   
その2 おばけ博士の元祖 井上 圓了の書の掛け軸
その3 徳川親氏 ゆかりの寺の絵の掛け軸   
    でも、これは写しみたいだなぁ     

こんなもの

名前のわかるものでは、ネットオークションの価格を見たら
だいたい1000円〜10000円くらい
一番高いので6万円というのがあったけど
いずれも保存状態がものすごく悪いから
値は付かんだろうなぁ


一番面白かったのは
私の小学校5年の時に書いた掛け軸
これは実父の遺品ではないわ
だけど、どうして残されていたのか?
残した本人は34んも前にいなくなっているので
永久に不明ですね

時にはお掃除してみるもんだけど
  

Posted by 生田 at 17:33Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2017年12月01日

松平郷 高月院 2


 高月院の門を入ってまっすぐ本堂の方に向かって歩いていく。左側は塀の外は崖(大したことはないけど)、右側は畑でこの日も何人かの方が農作業をされていた。その畑と塀の間に効用があるのだが、それが結構紅くなってきれいでしたよ。



 左右の土の塀の間を進んでいくと正面に本堂に上がる階段があります。その階段の左手に仏足石があります。あまり馴染みがない方が多いかもしれませんが、ブッダの足を表現したものと言われているものです。この高月院の仏足石は足に紋様がないなおですが実は仏足石には法輪など刻まれたものが多いと聞きます。

 有名なところでは、薬師寺の国宝の仏足石があります。左はネットから借用した写真ですが、このように仏の足の裏にいろんなものが線刻されています。
 この薬師寺の仏足石は、中学校の時に初めて見ていると思います。多分あの高田好胤さんの法話を聞いた後に当時は焼けてなくなっていた西塔の方に行って見たと記憶しているのですが、今は保存の方法が違っているのかも、最後に見たのはいつか記憶にないなぁ。。



 階段を上がると本堂です。本堂は解放されていて、どなたも上がることができます。写真は遠慮して撮っていません。上がって正面の阿弥陀さんの前に座って合掌しています。(仏に手を合わせるというのではなく、立ち姿の阿弥陀さんを掘られた仏師への感謝です)

 本堂を出て本堂を背中に右手に行くと鐘楼があり、その先に上の写真の紅葉がありました。逆光でしかも日がさしているのできれいに見えましたね。



 本堂を背に正面の降りるにはきつい階段は避けて、左手の緩やかな方を選んで降りて行きました。その折キル途中に上の写真の碑がありました。ウグイスが鳴くんでしょうねぇ。。そんな季節に来るといいのかもなぁ。。
 階段を下りきって、きた道、左右の土塀の間を左に紅葉と畑を見ながら帰ります。  
タグ :高月院

Posted by 生田 at 21:32Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2017年12月01日

飲み薬を減らしたら・・・・

 私はいろんな病気を抱えている。一番大変なのは、末期ガン宣告を受けての闘病をもう6年半やっている。闘病といっても生活は宣告を受ける前となんら変わっていない、ただ薬(ホルモン剤)を毎日飲んで、3ヶ月に一度張らないホルモン注射をしている。これらのホルモン剤のおかげで、胸がでかくなったり、ちょっとした”はるな愛”状態だ。

 3ヶ月に一度の血液検査をするのだが、ガンマーカーのPSAはもう5年半ゼロに近い値を指している。おかげで安定したと言われて大病院を放り出された。ありがたいことなんだろうなぁ。ただ、飲み薬のホルモン剤は止めることはできない。


 ガン宣告を受けて2年立って、突然右目が半分黒くなった。15分くらいで消えたのだが、眼科に行ったら脳梗塞の可能性があるので即大病院に行けと紹介状を書いてもらった。そしてそれをもってすぐに大病院に行ったら、これまた即入院して検査しろと。一過性の脳梗塞で”脳虚血発作”で本物が48時間位以内に来る可能性が大きいから、そのまま入院しろと。

 10日間の入院で解放されたけど、撮影したMRIの結果では「きれいなもんだ」のご選択。これまた大病院をおっぽり出されて、友人の病院で毎月定期的に診察を蹴ることになった。

 で、この”一過性脳虚血発作”の後、脳梗塞対策として、2錠の薬を飲まされていて、これはやめてはいけないぶりのものだと言われている。


 それから、健康診断(通称メタボ健診)の血液検査で痛風の可能性が指摘され、この対策のために多い時は1日3錠の薬を飲んでいたが、今は落ち着いたらしくて1日1錠になっている。


 そして、年齢的な問題からか、かなり重症の便秘になって、その対策のために下剤と便を柔らかくする薬を処方してもらっている。

 さらに、アレルギー体質で春から初夏の花粉症やら、秋のすすきの花粉症と、不y位には乾燥肌になるので、それらの対策のために1日1錠の薬を飲み続けろと耳鼻科や皮膚科で言われている。


 ここまででまともに飲むと1日あたり15錠を超えることになる。


 そして、9月と10月の原因不明の発熱の際には、ステロイド剤を1日6錠、抗生物質を1日3錠、それにめまいを起こしていたのでめまい対策が1日3錠、難聴の緩和のために血行を良くする薬が1日3錠。合計12錠月行かないなっていた。


 今思い出しながら書いているのだけど、実際には数えたら30錠あった。ななんか覚えているの¥は少ないなぁ。(ボケてきたか?)

 

 これだけの薬を飲み続けテイアたら、腹の調子がおかしくなったのか?薬を飲むことを体が拒否するようになった。そして無理に飲んだ後に吐き気がきたりして。。。。


 もうどうしようもないと、友人の医師に相談をした。

 彼はお薬手帳を見ながら、確かに多いなぁと、それで今即命に関わるもの以外はやめてみようということになった。そしてそれからひと月経ったが、体は健康になってきたって感じで、現在薬は10錠を下回っている。体は楽だ世ぉ


 薬は、何がなんでも飲めばいいというものではないらしい。一応調剤薬局で飲み合わせの問題はチェックしてもらってはいるものの、実際に患者の母を見ているわけではないから、彼らにも正直わかってないだろうなぁ。

 複数の病院に通院していると、こうした問題が起きかねないのだが。。。どこかで一度総合的な診察を受けて見たいと、訴えている。
  

Posted by 生田 at 14:16Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2017年12月01日

今朝の庭 17年12月1日

月が改まりました
今年最後の月です
時の移ろいが早すぎます
そんなに急がなくてもいいのに

今朝ゴミ出しのついでに庭を見ました
小さい花が咲き、実を結び
近く咲くと思っていた花が
気づかないところで咲いてました


家内はスミレの種類と言いますが
名前がわからない

この花が実を結び飛び立とうとしています



近く咲くと思っていた椿がもう咲いてました
ひっそりと咲く花ではないのですが
枝と葉の陰で大きく咲いてました

  
タグ :師走

Posted by 生田 at 09:10Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2017年11月30日

松平郷 高月院に 1

ここのところ、お出かけが続いたり、断捨離したり、紅葉見物の続きを書くことを忘れかけていた。いかんいかん、こんなことしていると認知症と言われかねない。今日は書きますよ

 松平郷天下茶屋を後に高月院に向かう。緩やか坂を登って行くのだがだんだんきつくなるけど、まぁ歩けるわなぁ。右側は天下茶屋の続きの兵が延々と続く。その塀越しに紅葉がある。時間的に逆高になる部分があってそこはそれなりに紅くきれいなのだが、残念なことに太陽が顔を出すことが少なくなって来た。(おかげで寒くもある)



 この坂の上りきったところがこう月院という浄土宗のお寺の門、その手前に駐車場があって足の弱い方などはそこまで車で行くことができます。私は3回目ですがいつも歩いてます、でもいつまで歩けるか。この9月10月のようなことがあると近いうちに車でなんてことになりかねない。運動はしておかねばと。


 上の画像が逆高になった時のものです。このショットは後ろに高い木々があってせっかくの太陽の日がまともに当たらないので、ぶちになっているのが惜しいです。


 上の写真は、坂を登りきり駐車場の横です。ちょっと中途半端な絵ですが、下に人物があって入れたくなかったんです。その人がさるのを待てばいいんですが、長いこといたもんなぁ。。(写真撮ってた)
 この先に小さい階段があり、それを登りきり体を左に向けると高月院の門です。


 前にも書きましたが、この寺は浄土宗です。徳川将軍家が帰依し、松平家もそれに従ったことからなのでしょう、左手に法然上人の名が刻まれた石碑が立っています。  
タグ :高月院

Posted by 生田 at 18:27Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2017年11月30日

断捨離の後は筋肉痛

昨日は
納戸の中の大片付け
断捨離というやつをやった

2畳の部屋にあれだけのものが入っているとは
当たり前といえば当たり前
40年くらい前に
自分で棚を作って
何段にも入るようにしてある
それに最上段はベニヤ一枚を端から端にわたしてある

使うものと使わないものの入れ替え
結構力仕事で
先月あたりだったら
発熱後の筋肉の緩みで
とてもできない仕事だった

なんとか体調が持ち直したものの
やはり重いものを持ち上げるのはきついなぁ
日頃力仕事をしないから
たまにこういうことをすると
翌日か翌々日には筋肉痛になる
今回は翌日に出て来た
早すぎる感があって心配

今日はじっと我慢の子だなぁ
  

Posted by 生田 at 09:05Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年11月29日

晩飯で酔っ払った?

今日は断捨離実行
いろいろ出て来た
疲れも出て来た
家内も疲れているらしい
晩飯をまともに作る気もないらしい
昨夜のカキ鍋の残りを
おじやにするらしい

できたよの声
食べました
いい味でございます
鍋の底をさらえるくらいに
食べました

しばらくしたら
顔がポッポして来た
えっ?酒飲んでないよ

家内曰く
 おじやの味付けに酒使ったよ
 でも熱で飛んだと思うよ。。。
それでも私は
酔っ払ったみたいにだんだん赤くなって


もともとアルコールに弱い
ビールコップいっぱいで目を回したこともある
そんな私です

今もまだ顔は火照ってます
  
タグ :晩飯

Posted by 生田 at 19:37Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年11月29日

出て来た出て来た・・・

断捨離を実行
納戸の中に溜まったいろんなもの
以前からちょくちょくやってたけど

ある時は
私の高校時代くらいからの文庫本を
一斉に放り出した
納戸の中だけではなく本棚のものも
500冊くらいあったかなぁ
BookOffに持って行った
2000円くらいになったかな
でも半分以上戻って来た
その戻って来たのは
図書館に寄付した
とはいえ、ていのいい捨て場になったのかも

今日もいろいろ出て来た
特に絵画が
かなり有名な作家
私の絵の恩師の色紙
この作家さんの作品は
名古屋市立美術館に展示されている
(今は収蔵庫に行っているかも)
(その作品の片割れ、姉妹画が我が家に飾られている)
それから
円空の写真をシルクスクリーンで仕上げた作品
これもちょっと有名人らしい
陶板の絵もあったなぁ
これは検索したけどヤフオクで
4000円くらいで売られたいるらしい
日本画家の色紙
これは作家の名前が見つからなかった

この他に
私の実父の残した掛け軸
これはあまりにも保存状態が悪い
戦争を辛うじて生き抜いたものだけど
いいものは
母と大祖母が生活のために売り尽くして
残った駄作らしいので
どうにも名前もわからない作家ばかりのようで。。。
処分をどうするか悩むなぁ

それから
3人の子供たりの持ち物も
これらは本人に確認しないで
処分するとひどい目に遭わされそうなので
当分、正月に集まって確認するまで保管

ほぼ1日仕事になった
これでもまだ終わっていないとのこと
また年末大晦日までにやるらしい

辛いなぁ。。。

あぁ
出て来たもので
家電製品、絵画、花瓶などなどは
リサイクルショップに売りに行くらしい
値がつかないかもしれないけど
まぁそれでもいいでしょう

それからもう一つ
私がコンピュータ関連の仕事をしていたので
大昔のPCのメモリが多量に出て来た
お客さんがシステムbのバージョンアップの際に
メモリを増設するのに置き換えて余ったもの
今でも欲しい人がいるかもなぁ
MB単位のメモリーです
この時代のものは”レアメタル”を多量に含んでいるので
リサイクルに回さねばと思ってます
これも金にはならないかもしれないけど
HardOFFあたりに売りに行ってみるかなぁ

あぁ疲れタァ
  
タグ :断捨離

Posted by 生田 at 17:39Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年11月29日

我がの断捨離の実行中と紅葉

今日はなぜか朝の目覚めが遅く
9時を回っていた
疲れてたのかなぁ?
疲れること昨日はしてないのに。。。

起きて外を見たら曇っている
曇っているのは予報通りだけど
しばらくしたら雨が降り出した
予報では雨にはならない・・・

でもなぁ
雨の降る覚悟はしていた
というのは
私が昨日車を洗った
先日雨の中を走って
その時の汚れが残っていたから

私が洗車すると雨になる確率は
90%を超えているのではないかと思う
ということで天気予報とは別に
今日は雨になる覚悟はしていた

その雨も降ったりやんだりみたい
我が家の庭の紅葉がキレに見える

そんな中
納戸の中の大掃除
いらないものは処分しようと
家内が先日来始めたけど
出かけたりななんやかんやで滞っている
今日は
左から私が参加して
私の領域のものの処分品の選定
それを廊下に出して。。。。
それから家内のものを出して

だいたい出し終わったところで
取っておくものを戻し始めた
そこで昼休み

先日イケアに行った帰りに
長久手の”ござらっせ・あぐりん村”で
買って来たうどんを食べた

目下満腹
眠くなりそう

外を見ると思い色の雲
でもなぜか明るく
紅葉が綺麗だヨォ
ショットしてこよう


まだ紅くなりそうです


ボケも綺麗です
 

ツバキがもうじき開花するかも


  
タグ :断捨離

Posted by 生田 at 13:09Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2017年11月28日

青空とテレビ塔

昨日耳鼻科の診察のために
栄にいた
診察を終えて院展の会場に向かう途中
久屋大通りの交差点を渡る途中
青空の下のテレビ塔を見た
青とシルバーのコントラスト見事でした



このテレビ塔
日本で最初に建てられたもの
あまり知られていないかなぁ
名古屋がもっと誇るべきものなんだけど

放送関係では
日本で最初の民間放送がある
中部日本放送CBCである
コールサインが
JOAR とAの文字が入っている
たしか昭和26年だったか9月1日に放送開始した
これも誇るべきものなんだけどねぇ
(ちなみに2局目は京都放送でJOBR)
(NHK名古屋は東京、大阪に次いで3局目でJOCK)

今は携帯電話の送信塔になっているけど
いつまでもあり続けてほしいものです
  
タグ :テレビ塔

Posted by 生田 at 09:51Comments(0)TrackBack(0)名古屋を歩く

2017年11月27日

松平東照宮 松平郷・天下茶屋

前に気が向いたら
松平郷の天下茶屋の
写真を載せると書きました
気が向いたので
ここにアップします


天下茶屋の入り口の門です。
門をくぐり橋を渡って入り口に向かいます


これが入り口です


前にもアップした
入り口の中の待合室です


待合室から見た門の方を見た光景です


席について
窓から見えるその光景です


店内の一面です
販売用の小物が並べられています
民芸品に近いものです


入り口の左側にある
見初めの井戸
松平親氏が水女姫を見初めた
といういわれの井戸です


待合室からトイレに出る際にミケか態度?です
紅い実は多分”センリョウ”だと思います
綺麗でしたよ  


Posted by 生田 at 21:48Comments(0)TrackBack(0)旅行など
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE