2016年12月02日

2016年11月日帰りドライブ 10 横蔵寺5

 横蔵寺の寺宝のある瑠璃殿を出て、もう一つの建物「舎利堂」に行く。拝観料は共通の300円をもう支払ってあるので・こちらで払うことはないのだが、瑠璃殿で払った時に2枚の券をもらった。舎利堂に入って見せて堂内を見ていたら、女性がすっ飛んで来て「一枚を回収する」と言って、なんか知らんがすごい剣幕で1枚をひったくって言った。それを回収しないと誰かにそれをあげると入ってこれるとでもいうのか?それなら、先に払った時に言えばいいんだよ。怒ったように取り上げることはないともう。
 それから、ついでに拝観者が注意すべきことというか、嫌な思いをするかもしれないということを書いておこう。朱印をもらおうとすると、だいたいが一つ書いてもらうと300円、2つ書いても裏かどうかは拝観者の自由だと思うのだが、この横蔵寺はすでに書かれた朱印の紙を2枚セットでしか販売していないらしい。1枚でいいのになんで2枚もいるんだ?日頃あまり拝観者がないから、このサイトばかりに売ってるの?」って言われそうだぞ。

 さて、この堂の中は、ガランとしてます。真ん中に小さい祠がある、その中に何か祀ってある。近くに行かないとわからないので生きました。仏像でもあると思っていたのだが、暗くてよく見えていなかったが、じっくりと目を凝らして見るとなんとそこには”ミイラ”が安置されているのだ。いわゆる「即身仏」である。初めて見ました。この世に存在するのは知ってましたが見るのは初めてだった。厳しい断食修行の果てにお亡くなりになられたんです。
 パンフレットの写真載っけようと思ったけど、あんまり気持ちのいいものではないので、説明文をね。
 
 修行は、いろいろあります。なんでも、悟りをイラクために修行されるのだとか。では、悟りはなんのために開くのか?非常に難しいはないで、お釈迦さんは悟りを開かれてそれからいろいろ説法されたんですが、お釈迦さんの場合は、悟りを開かれるために修行はされたが、死んではいないのです。死んでいないから、この世の人に自分の悟ったことを伝えることができるんですね。ところが、このミイラになってしまった人は、死んでしまったので、死=涅槃と一般に言うけど、死んでしまったら、本当の意味で悟りを開いた”涅槃”の意味にはならんのではないか?
 涅槃は、今では”死ぬ”ことを意味しているようだけど、本来は”悟りを開く”こと。でも、悟りを開いても、この世に村zないしないと、どんな悟りを開いたかを伝えることができない。だから、死んでしまうような修行は、私から見たら無駄なことと言わざるを得ない。
 信者の方からはお叱りを受けるかもしれないが、仏教の教えの中兄出てくる涅槃は死ぬことではないと思うよ。子供の頃からいろいろ仏教の教えを受けて来ているけど、どうもこの”涅槃”が違い見にしか教えてもらっていないように思う。

 人は、死んでしまったら、それで終わりです。思いを語ることはできないのです。仏像は何も言いませんが、仏になるのはいいとしても仏像になっては行かんのです。生きて語ってこそ”現世往生”で生き仏になって、悟りを語ることだと思います。
 厳しい修行された方を腐すわけではありませんが、お亡くなりになったのは、行き過ぎではなかったかと思います。手を合わせるのは、お亡くなりになって、無念の気持ちを少しでも和らげることができれば、、、と言うような意味です。

 舎利堂は、このミイラさん以外みるもはどうかなぁ。。。。。。覚悟してお入りください。

 さて、これでみるものは終わりました。車に戻って帰り道です。遠いなぁ。。。。  

Posted by 生田 at 20:46Comments(0)TrackBack(0)寺と信仰

2016年12月02日

頭が痛い・・・

 今日は、朝から頭が痛い。何か問題を抱えて頭が痛いというのではない、じっさいに右側のこめかみの上あたりが時おり痛むのだ。原因がわからない。今ネットで「こめかみの上 痛み」をキーワードにして検索したら「偏頭痛」だと書いてある。
 偏頭痛は、時には脳梗塞なんかの予兆なんて脅しもかけられているけど、今回は閃輝暗点もないしちょいと今までとは違う様相。まぁひょっとしたらというのはある。昨日からなぜか肩が張っているのだ。
 夜中寒くて体を縮こませて寝ているからかな?とにかく時おり痛いのだ。でもね、運転中は痛くないんだよねぇ。車を降りると痛みが出たり。。。。

 夕方になって少し引いたかな?最も風邪薬飲んだから多少頭痛も軽くなってるかも。

 今日は、朝から木彫りに出かけて、帰って来て昼飯2人分作って、それから買い物に出かけて、帰ってからブルーレイディスクの整理をしたり。。。出来るだけ肩の凝らないものをしていたつもりだけど。
 でも、ディスクの整理って、結構疲れるのかもな。

 今日は、早く風呂に入って、暖かく寝よっと
  
タグ :頭痛

Posted by 生田 at 19:54Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2016年12月01日

今日の昼飯 熊五郎ラーメン(パック麺)

 2日間お休みしてました。年賀状用=干支の置物をず〜〜〜〜〜〜〜〜と彫ってたし、いろいろお出かけいなければいけなかったし、おかげで疲れてたし、ということでお休みしtました。
 と言って、今これを書いた後で、また木彫りの部屋に込みります。

***************************************************


 今日の昼飯は、昨日買って来たサッポロの熊五郎ラーメンを食べることにした。パックの生麺で、調理は面倒でない。まぁパック麺はどれk¥もこれも可なんたんだけど。


 と言いつつ、具材はそれなりに作らないとも白くないということで・あり合わせの野菜を中心にしたものを使う。いただいた大根に葉っぱがいっぱいついていたのでその葉っぱをキャベツがわりに使って、パプリカが先日のスパゲッティの時に使ったのがまだあまだ残っているからそれを、玉ねぎが4分の1残っていたkらそれを薄切りにして、動物性たんぱくはこれまた昨日買って来た鳥の胸肉をロースしてあるのでそれを数切れ使う。味付けは、パアック自体が味噌ラーメンなのでそれを基本にして、鳥をローストした時の油で作ったニンニク炒めを入れた。
 これだけに具材を炒めて、水を加えて味噌を誰を入れて煮込んで。別途茹でた麺を加えて、以上終わり。

 食べました。惜しかったヨォ。家内も言ってたけど、先日オアシスで食べた信忠閣のラーメンよりもうんと美味しい。これで2人分で500円くらいかなぁ。お安いものですねぇ。
 写真撮っとけばよかったかなぁ。
  

2016年11月28日

2016年11月日帰りドライブ 9 横蔵寺4

 横蔵寺には拝観料を払って見るところが2つある。一つは文化財が収められている「瑠璃殿」、もう一つは「舎利仏」が安置されている「舎利堂」がある。両方の建物セットの拝観料は300円。高いのか安いのかは人によって変わると思うけど。

 最初に瑠璃殿に入りました。入って拝観料払って、中を見たとたんに、お〜〜〜〜〜〜ぉ重要文化財のオンパレドだぁ。とにかくすごい。写真でしか見ていなかった文化財がここにあるのだ。知って来たわけではないので、来てよかったぁ。。。でした。
 しかし、近くに寄って見ても、通常どこでも文化財の前には「国指定分かぁ位」なんてことが書いてあるんだけど、ここにはそんなの見当たらなかった。不思議に思って受付にいた女性に聞いたら、「全部国指定の重要文化財ですよ」って返事。ナラ書いておいてやれよ。知らない人はそのまま通り過ぎてしまうぞ。私はなんとか写真の記憶があったので、わかったようなもの。
 それにしても、この辺鄙なところにこれだけの文化財があるとは、それも結構有名な。

 最初に接するのは、金剛力士。倒れそうなんです。後ろから支えてもらってます。じっさいは倒れないそうなんですが、倒れた時のことを考えて支えてあるんだそうな。実は、ここの横蔵寺に入って来た時の仁王門に本来はあるはずなんだですが、今は寺宝ということでこちらに収まってます。
 それからそれから。。。。。。私の苦手な大日如来。胃がてのはずが、この大日さん、そんなない嫌いじゃぁないわ。小さかったからかな?この大日如来は、平安末期の制作とか。金剛力士は定慶の作との銘があるとのことで、これも平安末期。ひょっとしてこれも定慶?立派なものです。
 まぁ、創建当時はかなり立派な、壮大な寺だったとのことで、それなりにかけをかけることができた事情があり、それなりの仏師を集めて制作されたんだろうと思う。まぁとにかく何にしても来てよかった。他にも薬師如来坐像、四天王立像 、十二神将立像、深沙大将立像、毘沙門天立像なんてのが結構古い年代のものも多くある。仏像に興味のある方は是非一度。


 結構時間かけて見ましたが、年のせいですねぇ。。。記憶からどんな姿だったか消えて行ってます。まぁそのために文化財の画像データベースをちょこちょこ作ってるんですけどね。

 さて、ここを出て次の舎利堂に向かいます。何があるのか知らないのです。。。  

Posted by 生田 at 21:43Comments(0)TrackBack(0)寺と信仰

2016年11月28日

疲れてご帰還。。。

 今日は朝からお出かけした。新聞屋さんに院展のチケットをもらったので、見に言ったのだ。毎年もらっているから、毎年同じように見に言っている。
 朝バスに乗って地下鉄に乗って、松坂屋まで。人が多いなぁと思ったら吐いたなんがチケットもらったお年寄りが院展に入って行く。おんなじダァ。。。

 7階と8階に分かれて展示されているのを全部見た。昨年はまぁイマイチだったと記憶しているけど、今年はなんだか3点ほどお気に入りがあったなぁ。でもなぁ、総理大臣賞を持ったのって、なんでこんなのがもらえるのって感じでねぇ。誰が、ドヤって採点してるの?毎年思う。

 中にはお亡くなりになった方の作品も数点出てましたねぇ。御愁傷様

 それを見てから下に降りて言ってヨドバシカメラで電池を買った。なんだか変な店だなぁ。。。レジに誰もいないか、混んでいるのに空いているやちゅが寄ってこない。それに商品知識もイマイチで。。大阪梅田のヨドバシに比べるとほんとどうしようもない。
 それから、中日ビルに行ってなんか食べようかと思ったが、イマイチ入る気になれずに、つぎの目的地東急ハンズまで歩いて途中になんかあるだろうと。
 オアシスの周りに中華があったなぁと思って地下のオアシスに。最初に目に入ったのが「信忠閣」、カンバンのメニューの「チャーハンとラーメン」に目がいって中に入ってしまった。 
 注文した「チャーハン」はそのまま「ラーメン」は「坦々麺」に変えた。

 出てくるまでに、テーブウロふかざるを得なかった。ふきんで拭いてなかったぞ。拭いていたら、かかり吹きに来た、おそいわ。
 食べ物出て来た。食べた。うっそ。美味しくないよぉ。あの八事にあった支那中の流れでしょう?こんなにまずくなかったぞ。家内が食べたランチ。ちょいと味見したけど、鶏肉が天羽めちゃ油濃くって。。。。店を出て二人揃って、2度と行くか。。。。
 少し先に歩いたら、上海小龍包があった、あ〜〜〜〜〜〜〜〜ぁこっちにすべきだっタァ。

 それから、東急ハンズまで歩いて、9階までエスカレータに乗って。年がの年の置物のを置く台にする材料買って、またエスカレータで地下まで降りて、今後は亜元来た道を引き返して、オアシスで岐阜県のアンテナショップに立ち寄って、オジキの米寿のお祝いように米買って。2キロあるから結構重い。
 俺からまた中日ビルに戻って、4階だったかの物産展に行って、長野県のリンゴを買い込んで、これがまた3袋も買ったから重くて、和歌山の鮎買って、。。。。。

 それから栄の地下鉄駅まで重いのをぶら下げて歩いて、新瑞からバスに乗って。。ところがバスは一足違いで眼の前で発車。20分近く待って乗って。
 バスは、島田橋で事故で大渋滞で動かないで。中で寝てしまった。バス降りて家に帰ったら3時半を回っていたぁ。

 おつかれですぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
タグ :お疲れ院展

Posted by 生田 at 15:52Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2016年11月27日

2016年11月日帰りドライブ 8 横蔵寺3

 横蔵寺の本堂を見ていて、やはり紅葉を見に来たという意識が強くて紅いもののある方に足が向いていく。文化財があるなんて頭の中にはない、この罰当たり者がねぇ。。。せっかくお寺に来たんだから文化財を見たいと思わなくてはね。
 とはいえ、やはり紅いものが気になる。本堂に向かって左側に回って、下りていくことになる。左の崖?の下には赤い橋があって、周りは多少紅葉があって。

 これは前回載せた橋と紅葉。つまらないですよねぇ。。こんな程度の写真しか撮ってこれなかったんだから。
 でも、諦めないで先に進んでいく。右手になんやら木材置き場がある。何に使うのか知らないが角材やらなんやら。。。思わず「星イィいいい」と言ってしまったものだ。だって木彫りをやるのに欲しくなるようなものがいっぱい置いてあるんだもん。罪な寺だよぉ。
 それをチラチラみみながら進んでいくと坂を少し登って行くことになるのだが、この先に何があるの??

 まぁ上の写真ほどしか見つけることもできずに、写真としてはもう今は完全に自信喪失状態。見た目はもっと紅かったのにぃ。
  
 先に進もうかとも持ったのですが、人があまり流れていかないし、帰ってくる人の数も少ないし、帰る人の顔も”いいもの見た”という顔ではないし。ということで諦めて、文化財のあると思われる方に踵を返した。

 この横蔵寺には、あと2箇所みるところがあるらしい。一つが瑠璃殿でもう一つが舎利堂、これらは拝観料がいるんだそうな。それにどこかで朱印をもらおうと思ったのだがそれもわかない。どうにも案内が悪い寺にしか思えないのだが、それは私の不勉強、いや観察不足です。ちゃんと書いたものがあったみたいで。.。

 その2つの手ののがある方位引き返したところで、ちょっと見られる景色に来た。本当は本堂から歩いて来たときに気づかなければいかんのだが。.。

 これは、この記事の最初の写真に見える橋の上に立って下流を見ているところです。小さい川があってその上に紅葉を見ることができるのですが、何せ逆行とハーフトーンが飛んでいるおかげで、どうしようもないショットになってしまってます。

 さて、この写真の後ろの上の方に瑠璃殿と舎利堂があります。そこに上がっていきます。  
タグ :横蔵寺

Posted by 生田 at 20:24Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2016年11月27日

お歳暮のシーズン

今日はショッピングモール、スーパーのはしご
行ってみたら
お歳暮承りコーナーが行列

おととい給力出たから
早速お歳暮か?
まぁ郷里のご両親などに贈り物という方もおいででしょう

我が家は
お歳暮、お中元の類は
おつきあいのある業者から粗品程度
そのほかは皆無
贈る方の立場だったけど
私はこれが好きでない性分で
(だから出世しないんだってどれだけ言われたか)

ななんだかなぁ
お歳暮や、お中元贈っても
そんなに出世できないと思うけどなぁ

モール2つともだったなぁ
なんか
寂びしいんだよなぁ。。。

だれか
とんでもない素晴らしいお歳暮をくれぇ。。。。。
  
タグ :お歳暮

Posted by 生田 at 19:19Comments(2)TrackBack(0)今日の日

2016年11月27日

今日の昼飯 滝ノ水 とんかつのあさくら

久々にとんかつを食べたいと
だいたい3ヶ月に1度は食べることにしているのに
ここ数ヶ月食べていない
なんか欲求不満で


いつもとは違って
南に向かった
行き先は
滝ノ水公園の南にある
とんかつのあさくら

前を通るといつも行列ができていたので
気になっていて
それに評判が割といいと耳にしたのので
行ってみることにしたのだ

雨の中
いきました
空いてました
雨だから行列したくないんだろうなぁ

一口とんかつとクリームコロッケしかなかった
一口とんかつ食べた
ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
イマイチだなぁ
平日でないので1600円なり

この値段で
あのとんかつの数と
味噌汁と漬物と切干大根とアイスクリーム
それに
味噌だれはプラス100円
これはなぁ・・・・・・

いつもは北の方の植田の北の
百年亭で食べてる
値段が格段に違うが
カツの上がりがかなり違う
百年亭はカラッっとしているけど
あさくらはあまりカラッとしてない
それと肉も違うかなぁ。。。

まぁ一度は行ってみるかと思っただけ
行ってみたので次は
余程のことがないといかないだろうなぁ。
  

2016年11月26日

今日の昼飯 チキンカレーチキンラーメン

久々に昼飯ネタ

今日は誰もいない
みんな逃げ出した
おかげでなんでも食べられる
好きなように

とはいえ
何があるんだ?
それに面倒なのは面倒くさい

で思いついたのが
おとといから食べ続け散る
私自作のチキンカレーに
チキンラーメンお放り込んで
それで終わりとしよう



うわぁ
出来立てで撮ったから
湯気でボケてるわ
私の頭とおんなじじゃぁ

結構美味しかったなぁ
カレーチキンラーメンも食べたことあるけど
あれよりも何倍も美味しいヨォ

また作ろ・・・

  

2016年11月26日

あ〜〜〜ぁ 夜中も疲れたぁ

昨夜というのか今朝というのか
とにかく夜中寝ている間のこと

なんやら遠くへ旅に出た
どうも一人ではなく
多分家族だと思うのだけど
出るときは寒かったので
ベストを何枚か来重ねして出かけた

途中で暑くなって来たので
ベストを脱いだ
なぜか3枚も脱いだのだ

それから何をしたのか記憶にないが
家に帰ってくる直前に
ベストを着ていないことに気づいて
それからみんなで大騒ぎ

あっちこっち探し回った
その途中で目が覚めた

布団を蹴飛ばして
結構寒かったみたいで。。。。。。
  
タグ :

Posted by 生田 at 11:03Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月25日

2016年11月日帰りドライブ 7 横蔵寺2

 横蔵寺は、このおとづれた日の前日にテレビで五木寛之氏の番組「百寺巡礼」で紹介されていた。それなりに有名な寺なのだろうと思うのだが、わたしにはこれまでに頭にインプットされることはただ一度あっただけ。それも、この日あとで行くことになる谷汲山華厳寺にいったときに道路標識に「横蔵寺」とか開いてあったことが唯一のものなのだ。それからどんな寺かという興味はあったものの調べることもなく過ごしてしまっていた。それをテレビで見た。だから来たということではないのだが、正直なんの知識もなくやって来ている。ただただ紅葉を見るというだけで。
 紅葉は、写真のような程度だった。といっても前に書いたように、実際はもっと赤かったがカメラのせいダァと言いたいくらいに色が落ちている。

仁王門の左を見たところの紅葉

 

 仁王門には大きなわらじが掲げてある。湖東三山のどこかでも見たなぁ。仁王さんのわらじだと思うけど、実はこの仁王門には仁王さんいないんです。あとで知ることになったのだが、鎌倉期の定慶の作で国の重要文化財らしく瑠璃殿という宝物殿に収められている。なのでここにはいないのです。あとで見ました。
 この仁王門を通り過ぎると階段があってその上に三重塔がある。その三重塔を見上げたのが右の写真。こういった構図ってそんなにはない垢もなぁ。だいたい三重塔が全部見えないよね、それに紅葉がかぶさっているけど、中途半端で。。。。。というこの景色はたくさんの糸がとっていたよ。プロかなと思う人もいて、三脚立ててとってたけど、本当に三脚いるかな?

 階段を上がると本堂です。この本堂は拝観料はいりません。中を覗くとわかるかもなぁ。。左の写真は、本堂の中のショットです。撮影禁止って書いてなかったなんでショットしました。仏さんいるか?扉しまっているし、他にはないし。ということで拝観したことに?
 まぁ、住職さんがいるのかどうかも不明で。多分いらっしゃるんだろうとは思うけど・・・
 とりあえず合掌して来ました。


 本堂の周りを一回り、そして次に向かいますが、本堂から見下ろした景色が上の写真ですが、赤が飛んでしまっているんで、苔の緑と紅葉と橋の赤の対比がイマイチで。実際はもっともっときれいでしたよ。

 この次は瑠璃殿と舎利堂に行きます。
  
タグ :横蔵寺紅葉

Posted by 生田 at 20:13Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2016年11月25日

昔々に帰って・・・・

大学の講座を受けてきた
懐かしい話がいっぱい出てきて
昔々
恩師の授業で聞いた話が
そのまままた聞けて
昔々に帰ることができました

60年近く経っても
違う先生から聞く話は
恩師と同じように聞けた
いや
あの時代には理解できなかったことが
この歳になったからか
スムーズに頭の中に溶け込んできた

昔は
なんだろう?
と思っていたことが
今日はその疑問もいくつかが解決した

今日も
有意義な1日だった

あぁ
こうやって
悟りに近づけたらなぁ。。。。。
  
タグ :悟り?

Posted by 生田 at 17:44Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2016年11月25日

今から大学に。。。。

朝出かけていて
携帯のアラームがなる
ん??????
今日は何かあったか?
カレンダー見たら
おぉおぉ今日は大学の公開講座の日だ

ということで急いで帰宅
今昼飯を食べた
1時間足らずで講義が始まる

イソゲェ。。。。
  

Posted by 生田 at 12:08Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2016年11月25日

昨日の疲れ抜けず・・

昨日は大病院で
放射線に関する検査を3つ
家を出て帰るまでに
7時間

3つの検査自体はさほど疲れたとはおもわかった
でも
検査と検査の間の待ち時間
1時間から1時間半
なんもすることなく
これが疲れた・・・・・

一晩寝て取れるかと思った
でも
朝起きて
疲れがひどくなっているぅ
歳のせいとは言いたくない


ん???
X線関連2つと放射線関連一つ
これの副作用ってない??
  
タグ :検査

Posted by 生田 at 09:34Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2016年11月24日

2016年11月日帰りドライブ 6 横蔵寺1

 横蔵寺の狭い駐車場に車を入れて、さて寺の中に。。。 いや、その前に何か腹に入れないと倒れそうだよ。もう1時半だよぉ。と言って、渋滞で待っている間に縢を先に行かせて食べどころを探させた。「ない」の一言。ただ、駐車場の前に焼そばとみたらしを売っているところがあって、そこなら座って食べられる。ということでそこに入り込んんで焼きそば食べた。
 まぁまぁでした。このシーズンだけかな?やっているの。オバちゃんと可愛い女性の二人で切り盛りしてたよ。

 なんとか腹がちょっと膨れたので、寺に向かった。わたしはサングラスをしているので紅葉が綺麗に見えるんです。色眼鏡って怖いですねぇ。。。。。。帰ってから写真見て、なんだ????でした。まぁコンパクトデジカメなんで多少は落ちるけど、一眼レフだったらもっと綺麗に撮れてたかなぁ。。。

 てなことは、後になってわかったこと、これからは必ず一眼レフ持っていくことにするかぁ。
 上右の写真は、駐車場の奥にある横蔵寺の入り口になるのかな?ここから階段と坂で登って行きます。突き当りを左に折れると処す面に階段、そしてその上に仁王門があります。左の写真は仁王門を見上げているのですが、天気が良過ぎて日差しが強くコントラストが強過ぎて赤いところまで飛んでしまってます。見た目はもっともっと赤かったのですが・・・



 上の写真が、仁王門下の紅葉の色です。コレだけ出ればいんですが、太陽が強いのも考えもんだなぁ。。

 さて、つぎは仁王門のあたりでのショットを載せます。  
タグ :横蔵寺紅葉

Posted by 生田 at 20:50Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2016年11月24日

あ〜〜〜ぁ 今日も疲れたぁ

今日は朝8時半に家を出て
15分歩いてバス停に
バスに乗って
大病院に
10時予約だけど
今日は新患扱いなんで受付で時間かかるだろうと
早めに行って正解

それから
医者の診断といっても問診だけを受けて
注射を打って
この注射のおかげでわたしの体から放射能が出ている
それから隣の部署でX線検査
これも30分以上待ち
それが終わって
次はCTスキャンでなんと1時間以上待ちで
昼になっても
撮影まで飯食えずといわれて

なんとか12時直前に終わった
それから院内のレストランに行って
久々にこの病院の美味しいのを食べて
それから最後の撮影までなんと1時間半
コーヒー飲んで
ゲームやって遊んで
最後の撮影に30分
この30分のあと半分は寝てたかも。。。。

終わって即帰れない
金払っても帰れない
CDに今日の撮影画像を入れてもらわねば

それをもらったのが3時少し過ぎ
即バス停に
待ってもくれていて走って乗って
バス停で降りて
また15分歩いて
家に帰ったのが3時半を回っていた

これだけかかると
疲れるわぁ

結果は3週間くらい先に
かかりつけの病院で開封
なんもないといいけどねぇ
  
タグ :大病院

Posted by 生田 at 16:02Comments(2)TrackBack(0)自分の健康

2016年11月23日

仏さんに惚れ込んで。。。29 東寺 大日如来

 京都の東寺、正式には教王護国寺は世界遺産でもあり、有名すぎて解説するなんてのはおこがましいですが。。。
 解説するつもりはありませんが、印象だけは書かせてもらわねば。。
 当時には何度言ったかな?記憶では木美術研究旅行で入ってない等な気もするが。。。行っているかもしれない、行っていたとすると余程記憶に残るだけのものがなかったということになるかと思う。だいたい50年も昔の記憶に残っているということは、かなりなショックがなければならアナいと思うのだ。20代での古美術への思いと、70代になってからの思い出はかなり違ったものになっているだろうから、当事記憶に残っていない可能性はかなりあるかと思う。
 ただ、わたしの仏像に関する思い出に残るショックとなったものは、中学校の時が一番だったかもしれない。中宮寺と薬師寺でショックにあってそれから次のショックはもう50年近く後になってしまったのだ。その間何を思っていたのかと自分でも不思議に思う。

 東寺の仏像群、正式には羯磨曼荼羅(通称・立体曼荼羅)は弘法大師空海が眞言の教えを衆生にわかりやすく表現するために編み出したものだと聞く。この眞言の教え自体が、兎に角難しいものなのだろう。佛教ってこんなに難しいものと思わされることのようだが、底までしないと仏は衆生を救うことができないというのだろうかと疑問にさえ思うのだ。
 まぁ、難しいからわかりやすいように視覚表現してくれたんだと思うのだが・・・

 この曼荼羅の中央に座するのがわたしの苦手な大日如来である。眞言の教えでは、この世界(仏の宇宙)の中心は大日如来だとしている。わたしの過去の教育の中には眞言は出てこなかった、だいたい浄土教の中で育っているから阿弥陀さんくらいしか登場しなかったのだが、眞言の寺に行ってそこでは杰mて大日如来に接することになる、しかし、それはわたしにとってはただ単なる違和感でしかなかった。
 なんやら変な印を結んで(昔の時代劇で忍者がやるやつだ)、威張った顔して、キンキラキンの宝冠つけて。。。仏さんって親しみを感じるものと思っていただけに、違和感だよなぁ。。。

 記憶にある東寺の拝観は、じつは数年前、とっても15年くらい前になるかな。一人で京都に行って東寺でも行ってみるかと出かけて、講堂に入り込んでびっくり仰天、圧倒されてしまっていたためれなくなったのだ。これがショックでなくてなんだ。。。
 ショック、ショック、兎に角たくさんの仏が、しかもかなりでかい仏がいっぱいわたしを見下ろしているのだ。正直恐ろしく思ったものだ。
 実はもう一つの大ショック、曼荼羅のデカさのショック以上にのショックは、阿弥陀如来が隅っこにいたこと。最初はどこに?と思ったくらい。わたしの仏の世界の真ん中は阿弥陀さんだった。それが隅っこに・・・・これがショックでなくて。。。
 左の写真には、手前が阿弥陀如来で奥の上の方に大日如来が鎮座しているのだ。

 それが記憶に残る最初の曼荼羅の中の大日如来との出会いでした。それから2回訪れているが、2回目の一人で行った、確か五重塔の中を見ることができるという時だった。その時にも講堂に入ったが、その時は最初とは全く違った印象になっていた。立体曼荼羅も威圧感なくあ見ることができたのだ。なぜそうなったかはわからない。ひょっとしたら、心に受けて耐えられるものができた?まさかぁ。。。。。。。。

 この大日如来は、創建当時のものではないと聞く。一度火災で焼失したので江戸時代の仏師・康珍が作ったものが今のものだと。それにしても全体のちょうっを崩さない作りになっているなぁと、おもうのだが、ひょっとして他のも同じ時代に作り直し?仏師の資料が見つからない・・・・いつか探し出そう。  

Posted by 生田 at 19:59Comments(0)TrackBack(0)寺と信仰

2016年11月23日

勤労感謝の日

今日は11月23日
勤労感謝の日

働くことへの感謝

働けることへの感謝

仕事を無くしたわたしには
感謝の対象がなくなった

働けることへの感謝を
今更ながら思い知らされている

辛い時もあったけど
仕事を放り出して無くしたら
もっともっと辛くなった
働けることが
生きがいだったのかもしれない
  

Posted by 生田 at 09:36Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2016年11月22日

仏さんに惚れ込んで。。。28 飛鳥寺 釈迦如来坐像

 飛鳥寺の釈迦如来坐像、通称飛鳥大仏というのだそうです。最近はそういう言い方をするんですか?
 私が訪れたのは、大学の古美術研究旅行(古美研)のとき1度だけである。それ以降いきたいと思えどもなぜか50年以上行きそびれている。仕事の担当エリアが奈良だった時代もあり、桜井に取引先があったんだから、立ち寄ればいいもにもを。
 古美研で訪れたのは真夏、7月のことである。明日香に行きながら、なぜか石舞台には行っていないのである。他のグループは行っており、当時は石舞台の上に上がることができたらしく、一番でない石の上にわたしの名前が書いてあったと注意をされて記憶がある。行ってもいないのにどうしてかけるっていうんかって、反論したんだけどねぇ。。

 そんな余談は放っておいて、飛鳥寺。今はどうなっているのか知らないが、テレビなどで見る限り、昔とはかなり雰囲気が違ってないかぁ?昔はひなビラ本堂がポツンとあっただけという記憶なんだけど、テレビで見る今はきれいに整備されているよなぁ。
 しかし、ご本尊の釈迦如来坐像には変化はないのだろう。あのド〜〜〜〜〜ンとした顔は永久に変わりはしないだろう。あのいわゆるアルカイックスマイルというやつだ。昔だから、技術がなかったからアンナ顔であんな表情なのだと言われている。本当だろうか?法隆寺の釈迦三尊も同じ顔である。技術がなかったのだろうか?
 同じような時代に作られた百済観音などはそんな表情ではないと思う。まぁもっとも百済観音の出自は定かでないところがあるらしいが、それでもあまりにも違いすぎていないか?絶対に技術の問題ではないと思うのだ。
 わたしは、技術の問題ではなく、その当時の一つの流行ではなかったのか?仏師は止利仏師と言われているが、止利仏師の作った仏像群はだいたいが同じ表情だと思うのだが、それか止利仏師の技術がないということではなく、彼の持つ感性の問題だろう。
 昔の作だから技術がないと評するのは如何なものかと思う。現代でも、例えばわたしの作品なんかは技術がないから当然スマイルもスマイルで無くなったりするから、べつに時代で技術を云々するのはやあ針無理がある。なぜ、美術史をしたり歴史をしたりする学者ささんたちはそう行った考えをするのだろう?

 わたしは、50数年前に行った時の記憶を呼び起こすと、ああの大仏さんは・大仏さんと言いながらさほど大きいとは思わないのは、今この歳だからかもしれないが、とにかくいろいろ大きな仏像をを見て行きているから、あすか大仏を大きいと思わないだけかもしれないが、当時の記憶でもそれほど大きいとは思わなかったと記憶している。

 それにしても、止利仏師はなぜあの表情を作ったのか?なんらかの意図があるのだろう。日本的な顔でない、ということは何処かの国の流れでの顔、表情なのだろう。Wikipediaを読むと、「中国北魏の仏像の様式の影響を受けた」とあるが、祖父の司馬達等が南梁の人と言われているから矢張り北魏の流れをしていて不思議ではないし、当然の技術、表情なのだろうと思うのだが。
 アルカイックスマイルと言われて、拙い表情なのか?アルカイックと評する人にはそう思う表情なのかもしれないなぁ。確かに、わたしが生まれて初めて仏像に惚れ込んだ中宮寺の半跏思惟像のあのえがおとは硬さが違いし、時代がうんと降った法界寺の阿弥陀如来とは全く硬さが違うことは確かだ。しかし、俺ぞれの仏像の表情は、施主の意向や物資の意向で作られるもの、古い時代や古い技術ということでの比較、区別は間違っているように思う。

 何につけ、もう一度行って見たいと思っているのだが、なぜその機会がないのか。もう一度じっくり考えて見るか。。。。。  

Posted by 生田 at 22:29Comments(0)TrackBack(0)寺と信仰

2016年11月22日

来年の干支を彫るが・・・

今年は申年で
昨年の今頃
三猿を一生懸命彫っていた

来年の干支は

これを木彫りでと
これまた一生懸命彫っている
昨日から始めて2日目
なんとか形を大彫したのだが
どうにも
コッコちゃんじゃあないんだなぁ
どう見てもアヒルになりつつある
孫に見せたら
絶対にアヒルって言うだろう

鳥を彫って顎に見せたら
サカナと言われてしまったくらいで
コッコもアヒルになりそうだなぁ。。。

なんとか頑張って
コッコちゃんにしなくては

それにしても
干支を彫るのは毎年
難しいなぁと思いつつ
頑張ってるんですが。。。。

下は今年の年賀状に使った
三猿です
  
タグ :干支

Posted by 生田 at 19:54Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2016年11月22日

墓参り と 道路整備

今日は毎月恒例の月命日の墓参り
ひと月前と
お墓の公園の雰囲気が変わった
先月はまだ紅葉もさほどでなかった
きょうは
風で散ってしまう寸前まで
葉っぱはなかった


それよりももっともっと変わったところ
お墓の入り口
とくしげの降参を南に下っていくのだが
アピタを通り過ぎてどんどん
つきあたる
その突き当たりのあたりが
舗装が剥がされ
そして掘り込まれて
その先は通せんぼされているけど
その通せんぼの先に道路の姿が見えてきた
この先完成すれば
刈谷や岡崎に通じる道になる

この道の完成をどれだけ待ちわびているか
これの先が通じれば
どれだけ行動範囲が広がるか

もういい加減に完成させてほしい
首都圏に比べると
道路整備の遅れている名古屋近辺
政治力かなぁ。。。。
  

Posted by 生田 at 17:27Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2016年11月22日

東北で またまた 津波警報

私は知らなかったけど
朝6時に揺れたんだって
名古屋でも震度1だったとか

福島沖が震源で最大震度5弱
それで津波警報が出て
今もNHKは津波情報を流し続けている
(22日9時半現在)

福島原発で
冷却水ポンプがまた故障したとか
原発は恐ろしい
再稼働なんてもってのほか

大きな被害がなければいいのだけど

いずれ我が身
いつこの地域に大揺れが来るのか
・・・・・・・
  
タグ :地震

Posted by 生田 at 09:29Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2016年11月21日

2016年11月日帰りドライブ 5

 橋を渡った道路が、国道417号線、橋の向こうの細い街並みの中を走って信号交差点で左折すると国道303号線に入る。ここで思わず「へぇ、我が家の近くに国道302があるけどずいぶん格が違うねぇ」と言ってしまった。かなり離れたところにあって関連はないのだろうか?
 
ネットで調べて見たら、全く関連のない国道なナンバーです。


 この国道はしばらく街中を走ったが、すぐに家並みが切れてきた、そして左に揖斐川を見ることになるが、山が迫ってきたという感じはする。

 道なりに国道を走っていくと交通案内で「右手横蔵寺」が見える、ナビも「この信号で右折」と指示した。右折してっすぐにトンネルに入る。チョット長い感味はしたが、トンネルを抜けると右側にかを見てそれに沿って進んでいく、しばらくすると山間を抜けて平地に出る。そしてTji字路に出会う。ここで左折すると横蔵寺と書かれている。

 左折して田園風景の中を少しずつ登っていく。そして家並みが近づいてきたところで、駐車場の案内。私の頭の中にはココで車を降りるとはインプットされていない。この先駐車場はあるだろう、有名な寺だから駐車場も広いだろうなんて思い込みをしているからだ。この案内を無視して突っ込んで行ったら、だんだん狭くなる、そしてとうとう車の渋滞に突き当たった。
 
横蔵寺においでの時は、紅葉などのシーズン中はこの案内の駐車場に車を置いて歩いて寺まで行くことをオススメしときます、が、足の弱い方は渋滞を我慢するのも考慮した上で。。




 引き返す車も何台書いたけど、引き返す場所も見つけるのが大変です。ここまで突っ込むのは覚悟の上で行ってください。私は、結果的に体感30分待ったかなぁ。。。。。
 
 駐車場はそんなに広くありません。それにターンするのも、入れるのも結構面倒です。料金は300円でした。

次回は、横蔵寺の中に入ります。
  

Posted by 生田 at 16:49Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2016年11月21日

なんだこの夢??

夢をよく見る私だけど
といっても
昼間未来のことを思う夢ではなく
寝ている時に見るやつ

久々にくっきりと記憶している
それを見たのが今朝になるのかな?

友人たちと集まった
高校の時の学友で
生徒会長やったやつとその補佐役の二人
もっといたけど顔も名前もわからない
彼らが私の誕生会をしてくれることになって
私の行きつけだったバーに行った
ここまではいいのだが
バーについたらなんだか雰囲気が変わって
誕生会はボツ
私がぼやいていた

そのぼやきの後でバーの片隅に行ったら
なんだか変な張り紙

大変急ですが
店に洗濯機を置くことになりました


なんてことが
大きな紙に筆での縦書きで
書いてある
そんでもって
これを利用するのがいて
下着を持ち込んで洗濯をしている
そいつも友人なのだ。。。。

そこで目が覚めた
一体なんなのだこの夢は?
  
タグ :

Posted by 生田 at 13:48Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月20日

今日の昼飯 本郷亭本郷店

今日は昼時に買い物に出た
行き先は長久手の竹の山

ちょうど昼12時
買い物の前に昼飯をと
中華が食べたい
ここのところチャーハン食べてないから
食べたい
昔みたいにチャーラーを
探したけど
竹の山で中華は一つ見つけただけ
その店
食べログの口コミでものすごく評判悪かった
注文から出てくるまで時間かかる
座るまでにも席が空いてていても時間がかかる
なんて評判なんで通過
そしたら他に見当たらず
高速潜って北に
そういえば本郷亭があったよなぁ。。
入った
幸い空いていた
すぐ後で行れるになったけど
あれぇ〜〜チャハン土日の夜だけだっ手ェ
しょうがないや
白湯ラーメンをオーダー

食べた
ん?????
味が薄い
また私の味覚が狂った?
どうにも薄い
カナに味見させたら
やっぱり薄いって

前来た時こんなんでなかったのになぁ。。。
どうしたんだろ??
  
タグ :昼飯本郷亭

2016年11月20日

パンツに体を合わせる?

先日パンツを買った
パンツといっても下着でなく
私の年代でいつズボン
腹回り91センチ

先日メタボ健診(特定健診)で
一番太いところで93センチだったのを無視して
いや無視したのではなく
その上の94センチを買うかと思ったのでけど
店員さんに聞いたら
94センチ作ってない。。。って
へぇっ?

しょうがいないから
体を合わせるからいいやと
買ってきた

そして
昨日履いて見た
おぉおぉぉぉぉぉ
入って問題なし
なんとか今のところあっているみたいだ

これに余裕が出ると
ダイエットしたことがわかるけどなぁ
といいつつ
昨日は1キロ増えていた
  

Posted by 生田 at 09:56Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2016年11月19日

仏さんに惚れ込んで。。。27 永観堂 見返り阿弥陀




 いま書いている秋、この時期になると必ずと言って良いくらい話題に上る寺の一つ、京都東山の永観堂(正式には”禅林寺”という)だ。何せ紅葉の色づきが半端ではなく、池の周りは風がなければ本当に一種の極楽、浄土を思い浮かべる人もいることだろう。


一昨年秋の上洛の際に撮ったもの

 この寺を訪れるのは何度目だろうか?言っているようで、余り行っていない気がするのだ。この寺は、浄土宗のてら、卒業した高校と縁の深い寺で、永観堂の隣には姉妹校の東山高校も存在する。なので、中学高校のと気に入っていてもおかしくはないのだが、当時行ったという記憶は全くない。知恩院には行っている。そして狩野派の障壁画を縁のある学校の生徒ということで特別に拝観した。そんな記憶があるが、永観堂がないところを見ると行っていないのだろう。
 たぶん最初に訪れたのは、大学の時に仲間数人と学校をサボって京都に行って、2日目かな、平安神宮あたりから東山に向かって行き、そこで永観堂に入り込んだのではないかと思う。私の記憶の中に、仲間たちと池ノ上の石橋で記念撮影したのが残っている。その石橋が永観堂の池ノ上のものではないかと、思っているのだが、定かではない。
 そのあとの大学の古美研(古美術研究旅行)では行っていないと思う。そのあとはとなると、もうつい最近のこと、いや10年くらい前になるかな?当時大学で教壇に立つことがあって、その時担当した学生たちとおとずれているが、そのときはやはり紅葉に季節で、見返り阿弥陀を拝観するのに1時間近く待たねばならなかったので断念した。
 そしてやっと念願が叶ったのは、一昨年久々に電車で京都に行った折に東山をな南禅寺から北に向かって歩いた際に、訪れた。時間的に早かったことと、平日だったことで、そんなに待つこともなく拝観でき、見返り阿弥陀立像にもお会いすることができた。

 この阿弥陀さんは、首をかなり難しく横に捻って振り返る姿をしている。なんでも僧・永観が行道念仏をしている時に須弥壇の阿弥陀如来が降りてきて、先導して歩き出し、立ち止まった永観を叱るように振り返りざまに「永観遅し」と行ったとか。
 だいたい阿弥陀如来の立像は、来迎を示す場合が多い。この見返り阿弥陀も来迎の目的で歩いてきたのだが永観に出会ってついておいでという感じかなぁ。これは永観はいいとしても、わたしらが阿弥陀さんについて行ってしまったら、浄土に着いたはもう帰れないわってことになるではないか。ワツァ日はそう思うから、念願叶って、見かえり阿弥陀さんに出会った時に「絶対について行きませんから、浄土には行きたくなったら一人で行きますので」と行ったものだ。近くのそれなりの女性が笑っておられたヨォ。

 この阿弥陀如来を進行を離れて見た時、どう行った評価を受けるか?現時点では国宝ではなく重要文化財である。これは、浄土教文化を日本の一時代を築いたものということの評価だと思うが、仏像の美的な面での評価と言えるのか?まぁ平安末期の浄土教隆盛の時に作られた真央あのだろうから、それなりの仏師の作であろう(私が知らないだけ)。この時代の他の阿弥陀仏と比較してどうか?マァマァ、すこぶるいいものとは。。。。。。

 何はともあれ、一風変わった阿弥陀如来ということで、是非一度お会いになってください。そして、紅葉もまた是非一度、話のタネには困らないと思います。

 ついでに、永観堂の前にうどん屋さんがありますが、結構美味しいですよ。(2回行ってます)  

Posted by 生田 at 17:26Comments(2)TrackBack(0)寺と信仰

2016年11月19日

このカウンターは何?


上の図は、今日の私のブログのアクセスカウンター
何て数字なんでしょうねぇ。。。

時おりある変な怪しい数字です
だいたいこのグログのアクセスカウンターは
昔から変だとは思っているけど
何で、時折トンデモナイ数字になるのか?
星猫さんもわかっていないらしい

だんだん投稿数も減っているから
それに連れて全体のアクセスもなぁ。。。
まぁ上位語常連は
それなりに安泰だけど
下位となると・・・・・
  

Posted by 生田 at 15:36Comments(0)TrackBack(0)PCの話

2016年11月19日

2016年11月日帰りドライブ 4

 ここからは、ドライブレコーダーに記録が残っていたので、ちょいと景色を乗せることができるので、たしょう臨場感が出たりすると良いなぁと思います。

 ナビに「よこくらじ」と打ち込んで、クルマを駐車場から出す。チョットの間は島文化センターにくるときの道を引き返す形になったが、ある信号で右折かと思ったら何と直進を指示した。マァいう通りに生きかとそのまま走らせたら、つぎの信号で右折。そして少し行くと、何だ?ココくるときに通ったという交差点に。車は90度ずれている。右のほうから来れば近かった。つまり、ナビはなぜか迂回したのだ。別に混んでいるわけでも無いのに。堂もナビに指示にはイマイチ納得できないことが多い。


左が新幹線の岐阜羽島駅 右のほうが文化センターに行く

 その交差点を直進。クルマは影から西を向いていると判断。羽島に来てから右折左折を繰り返して、文化センターの駐車場に入って余計に方向がわからなくなった。これ迄方向音痴という感覚は全くと言っていいほどなかったが、歳のせいかなぁ。。たまに方向音痴になる。大洋が出ていないとその可能性は大きい。この日は、太陽がさんさんと、クルマの中を温室にするくらいに顔だしていたにもかかわらず、方向がいっときわからなくなった、ようは羽島が迷路みたいだってことかもなぁ。。。。

 直進していると目の前に新幹線の防音壁が見える、其の防音壁に沿ってしばらく走ることになった。ということは、この道何十年ぶりかで走るということ。この先赤い色の橋があるはず、新幹線の横を走っている。コレは長良川を超える橋です。



 これを渡ってしばらく進むと右手に新幹線の乗客はおなじみのPanasonicのソーラーパネルが現れる。昔はPanasonicではなかったんだよねぇ。SANYOとしっかりと出てたんだよねぇ。それがいまはPanasonicになってしまって。。。。ソーラや充電式乾電池はPanaよりもcSANYOの方がよくできていて、いまもその技術は継承されているはず。
 SANMYOは良いもの作ってたけど、営業力がなぁ。。。。まぁ昔は初下さんのご親戚で、分家みたいなものだから、元に戻ったってところだろうけど、寂しいね。

 この道をどんどこ進むと揖斐川を渡り、渡りきったところの信号で右折して、この先かなり長い距離を揖斐川に沿って走ることになる。なにせ暖かい太陽のおかげでクルマの中はポカポカ、其れに道は信号もほとんどなく軽いカーブが続くだけで非常に単調、良く眠くならなかったと今思うとゾッとする。
 まぁ何とか居眠りもせずに道なりに、ときおりナビの姉さんが曲がれというところで曲がって進んで行く。あるところで右折して橋を渡り揖斐川の東側を走ることになった。まだまだ山は遠いですねぇ。。。。
   
タグ :ドライブ

Posted by 生田 at 15:21Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2016年11月19日

久しぶりに揺れて・・・

今日、昼前にテレビにテロップ
和歌山南部を震源とした震度4の地震
名古屋は震度3だって

このとき
わたしはパン生地を練っていた
なので体は揺れている
家が揺れたか?
わかりません。。。。
何せ家具はほとんど止めてあるから
ちょっとした揺れでは音がしない

照明器具、ペンダントは?
へぇ、揺れてないよ
本当に震度3だった??

我が家の近辺は地盤が固い
震度3は
中村区の方だって
なるほど
ひょっとしたら
名駅の高層ビルは揺れたのでは???

でもなぁ
震源が和歌山南部だってことは
だんだん近づいてきたんかもなぁ。.。
東や南で大揺れして
この辺りは揺れてないから
歪みは溜まってるだろうから
いずれ・・・・・

  

Posted by 生田 at 12:37Comments(0)TrackBack(0)今日の日
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE