2008年10月10日

小説『親鸞と真佛』(13)


 恵信尼への文 1

 なかなか核心に向いていかないことに真佛が少し苛立ちを覚えたのか、顔が少しゆがんだ。そのちょっとしたしぐさを親鸞が気付かないわけがないのだろう、ゆっくりとしたおだやかな話しぶりには変わりはないが、きりっとした表情で親鸞は話し始めた。

「真佛よ。そろそろ核心に行ってくれないかという思いのようだな」
「上人。心の中まで、読まれましては、言い訳のしようもありません。しかし、上人と恵信尼様との馴れ初めについては、多くの人の関心ごとでございます。今お話いただいたことは、高田に帰りましたら、皆さんにお話させていただこうと思っております。おそらく賛同される方が多くおいでになるでしょうし、上人の採られた道をついていかれる人も多くなろうかと思います」
「真佛よ。私と恵信の馴れ初めがそんなにも人の関心事ということなのか。私としては、私たちの馴れ初めよりも、抑えられている女人の扱いが変わってくれることのほうが望ましいものだが」
「上人。確かに仰せのとおりです。しかし、上人の望まれる女人の扱いも、上人の恵信尼様へのお心をしっかりと理解すればするほど、女人の差別からの開放の理解も得られると思います」
「真佛よ。確かに、そういった面もあろうな」
「上人。それでは、先ほどの恵信尼様との馴れ初めの続きを」
「真佛よ。そのように、急かすではない。今話そうものを。
 私は、真剣に考えているときほど、夢をよく見るものだ。十九歳のときだったか、老師にお供して河内の磯長に行ったときのことだが、そのころは二十歳になるのを目の前にして十年もの叡山での修行の成果を自分で確信することができず悩み続けていたのだが、なにひとつ精神的に解決がついておらなかったときに、聖徳太子の廟での参籠の折のある夜夢を見た。その夢で『お前の寿命はあと十年』と宣告を受けてしまった。
 それから十年の歳月が流れて、聖徳太子の廟の予言の満つる前の夜にまた夢を見たのだよ。救世大菩薩が枕元におたちになり、『善信よ、我が望みは満ちた』とおおせられたのだ。その夜が明けた元旦からから六角堂で太子の前で自分の思いを改めて願をかけて百か日日籠もることにしたのだ。そして九十五日目の明け方また夢を見たのだ。救世大菩薩が夢に現れ出でられ『女犯のおきてを破らねばならぬときは、その女人にとって代わろう』とおおせられたのだ。この夢も、弥陀の計らいであろう。
 私は、その夢の救世大菩薩の示現を弥陀の計らいとして、恵信を妻とすることを私は決断したのだ。そして、その夢での出来事を文にしたためて恵信に送った。私がこのように心を決めたのも、自力ではない、弥陀の計らい、お蔭様なのだ。真佛よ」



第12回 <= 第13回 => 第14回




**
 ここに記載している名前『村沢』は、私の小説の中に登場する人物で架空のものです。
 また筋は、これまでに読んだ文献から作者自身の思いとして独自に組み立てたものです。
 そのため、史実とは異なっているものと違っている可能性がかなり大きいとお考えください。
 
 WEB公開していますが、著作権は放棄していません。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE