2008年10月08日

小説『親鸞と真佛』(11)

女人差別 2

「真佛よ。そなたが言うとおりだ。私と恵信の二人の間では、男女の交わりをもつまでもなく心の中ではもう夫婦であったとは思うが、その交わりを持つまでの心の昂ぶりがあっても、私も恵信も僧と女人という『女犯』という壁にさえぎられていたのだ。私は昂ぶった気持ちをだんだん抑えきれなくなってきていたことは確かで、我慢の限界といっていいだろう。何とか、恵信の気持ちを懐柔できないかと、来る日も来る日も考えたものだ。
つまりは、恵信に心を決める、決断のきっかけを与える必要があったことは否めない。やはり仏法に背く、私の立場での『女犯』で私が無間地獄に落ちるという精神的な呪縛から恵信が抜けきれずに悩んでいたようだ。その呪縛から解かない限り、恵信が私とめおと;夫婦になることへの抵抗は続いたであろう。どうするのが一番なのかを、来る日も来る日も、寝てもさめても考え続けたものだ。
事実上は、夫婦という関係にあっても、二人の間で夫婦としての解決つかないものが残ったまま、私が三十路の手前まで、恵信が二十歳になるところまで来ていたのだ。僧と女人という宗門では認められるものではなく、私にしても恵信にしても苦しい思いは続いていたのだ。
そうした私たちの悩みは、広く世の僧の問題でもあり、仏の前では差別されないはずの女人の差別という問題でもあったのだ。真佛も知っておろうが、今でも『女人は成仏できぬ』という問題がまかり通っている。何ゆえに女人は、このような差別を受けるのかが私には理解できないものであり、いつかはその差別をなくさねばならないと思い、その方法、手段を考えあぐねていたときでもある」
「上人。叡山や南都の女人差別の考えは、何とかならないものかと私も思っておりますが、釈尊が出家なされ、女人を遠ざけられたということが、彼らの立場での考えのようですが、なぜにそのように差別する必要があるのかと」
「真佛よ。女人差別は、なくすることは、時間がかかる問題であろう。叡山や南都のごとき大きな集団では、何かの締め付けのための掟が必要であろうからな。そして、僧が女人との交わりを持たないことは、修行のひとつにもなっているようにも表向きは見えるからなぁ。修行という名の精神的な呪縛であり、拷問とも言えるものだ。しかし一面、そうしたつらい修行をすべて終えたものが位の高い僧になることができるという、昇格試験の面でもあるからな。その反面、隠れて女人を囲う高僧といわれる人が多いのは、いかがなものかと思っている。こうした矛盾した制度は望ましいものではなく、女人を虐げることだけでも何とか解決しなければならないであろう。そのためには、誰かが仏の教えの男女の平等を説かねばならないのではないかとも思ったものだ」


第10回 <= 第11回 => 第12回



**
 ここに記載している名前『村沢』は、私の小説の中に登場する人物で架空のものです。
 また筋は、これまでに読んだ文献から作者自身の思いとして独自に組み立てたものです。
 そのため、史実とは異なっているものと違っている可能性がかなり大きいとお考えください。
 
 WEB公開していますが、著作権は放棄していません。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE