2008年10月22日

小説 『親鸞と真佛』 あとがき

 前日まで23回にわたって書いてきた小説『親鸞と真佛』は、一昨年の今頃書いていたミステリ小説に本来は織り込むはずだった『小説内小説』で、応募の際の紙面の関係でカットせざるを得なかった部分です。

 この項は、佐々木正氏の「親鸞始記」に掲載されている『親鸞上人正明伝』の筋をもとにし、さらには『玉日姫廟所・西岸寺縁起』などをもとに創作したものです。
 私の描いている親鸞像は、親鸞の追っかけをして、京都市山科区日野・法界寺、京都市伏見区藤森・西岸寺、上越(直江津海岸)、上越市高田・浄興寺、上越市板倉・えしんの里、茨城県笠間市稲田西念寺、茨城県下妻市小島草庵、栃木県二宮町高田専修寺その他多くの親鸞関連の土地をあるき、目にしたもの、耳にしたものから、自分自身のあたまの中で作り上げたものです。
 
 中日新聞に哲学者・梅原猛さんの連載に一時『親鸞上人正明伝』に注目されている話がありましたが、私はその数年前に『親鸞上人正明伝』を知り、これまで聞いてきた親鸞という人と実際の人とは違ったのではないかと、より強く思うようになったのです。
 そして、今回連載した話は、ある日の夢の中で今回のストーリーとなるものを見たのです。そのとき、夜中に起き上がって、ほとんど一気に書き上げたものでもあるのです。

 私自身が、この世に生きてきた、そしてこんなことを考えていたという証を残すために、下手な文章の恥をさらすことを覚悟で公表しました。

 私の中にある親鸞の説いたものは、今現在の真宗教団のといているものとはかけ離れています。親鸞は、檀家から金を巻き上げるようなことをといてはいませんし、彼の子孫の世襲も望んでいないと思います。大きな寺などもってほかでしょう。
 数年後に『親鸞聖人750回忌大遠忌』が催されます。墓の下で、親鸞はどんな顔をしていることでしょうか・・・・・・







この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE