2018年04月13日

円空仏模刻 音楽寺 十二神将 因達羅大将

  風邪か花粉症かわからないけど、体調不良で何もしない日が続いたけど、先月(3月)から彫り続けていた毛”江南市音楽時の十二神将”のうちの”因陀羅大将”をなんとか彫り上げた。彫り上げたと言っても、写真にとって眺めたら、直接目で見ているときに気づかなかった顔のまずさにきづいたので、近い内に修正するとして、今日はとりあえずこれで完成したことに。

 これで十二神将の11体目になるんだけど、あとの1体 安底羅大将(申)をのこすのみとなった。が、これがまたどうしようか大いに迷っている。長い弓のような棒状のものを持っているのだが、これを一体で彫るか、その棒だけを別に彫るか、材料取りに関わるのでまだきめかねているところだ。
 どっちにしても、昨年から彫り続けて、薬師三尊から始まって十二神将の内11までをほって、いい加減切りをつけたいと思っている。来月あたりに決着をつけようと、がんばらないとねぇ。。。。

 いずれにしても、体調が悪いと彫ることができないから、体調を整えてがんばります。
  

Posted by 生田 at 17:55Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年04月07日

十一面観音を彫る その8 寒い部屋で汗かきながら

 昨夜の雨は大したことなかった。おかげで花粉は流れず、ただ寒いだけでクシャミの元がそのまま続いているっていう日になった。
 午前から十一面観音をいじっていた。木彫りの部屋は、寒かったなぁ。ファンヒーターを片付けてしまったので、始めた時はダウンのベストを着込んだ。でも、木彫りをするとそれはそれなりにのみを使えば力仕事になるんで、しばらくすれば体は温まってくる。いっとき汗を書いていた。でもなぁ、これが恐ろしいんだよなぁ。寒い時に汗を書くと、トイレにでも行けば即体が冷えて即クシャミと相成り、恐ろしい。。。。
 それでも午前と午後合計4時間半くらい頑張った。


正面    背面



右側面   左側面




今日はかなり気合を入れて彫っている、だんだん体を絞り込んんで、天衣(羽衣)や水瓶を掘り出さねばならないから。これをやらないと全体の形が決まって来ないもんなぁ。でも、難しい。もう十知面観音は小さいものだけど5体彫っているけど、天衣や水瓶が難してくて。特に天衣は柔らかい表現をしなければいけないから、苦手なんだよなぁ。

 今日の結果で、ちょっと形になって来たかな?って思える。でも、まだまだこの先は長いねぇ。
 がんばろ!!!!  

Posted by 生田 at 19:15Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年03月26日

十一面観音を彫る その7

 今日は久々に十一面観音にノミを入れた。ここのところ秋の展覧会用の作品に専念していたので観音さんはそれを眺めておいでになった。もっともまだ目がないから、批評もしていただけなかったけど。

 目下彫っている十一面観音は、前から書いているようにどうにもずんぐりむっくりで、作者の体系そのものなので、一度観音さんをメタボ講習会に送ろうかと思うくらいな気持ち。で、観音さんは受け付けてもらえないので、昨日行ってきた講習会の記憶でなんとか少しでもスリムにしようと頑張ってノミを入れました。


 
正面             背面


    
右側          左側



 正面と背面は、衣細い帯状の衣がいずれつくので下の方はなかなか細くすることができない。しかし、背面はなんとか臀部の形で細くなったかと思うけど、まだこれでも太いんだよなぁ。

 左右は、まだ腕の太さが落とされてないので、ものすごく力強い観音さんに見えてしまう。

 

 だんだん型ができてきたけど、この先どうなっていくのやら、作者の私自身わかっていない。掘りながら形を選んでいくということなので。。。



 今日は、スリムにする以外に、あたまのぶぶんのひび割れに補修材を入れ込んだ。乾燥の度合いが一応落ち着いたようなので、もうそろそろ補修材を入れてもいいだろうという思いだ。

 ただ、かなりひび割れが深いので恐らくこれからも彫っていくごとに補修の必要は出てくると思う。上の写真の赤い丸の中が補修した部分。奥まで入っていない。奥の方は、化仏を彫っていく過程で都度補修するつもりでいる。  

Posted by 生田 at 19:25Comments(2)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年03月10日

十一面観音を彫る その6

 今日は彫りつつある十一面観音があまりにもメタボ体型なので少しはダイエットさせなくて配管と、ノミをかなり入れました。しかしこの体型はとんでもなく太くてちとやそっとでは細くならないのです。昼前から初めて昼食を40分くらいにしてまた昼からも延々と。

 昼食は、肝炎のそば120gだけだったから、力一杯彫るとものすごくお腹が空きます。3時前にお腹がぐ〜と言っている。このままでは続きが彫れないと何かないかと探したけど、なんもないなぁ。。。冷蔵庫にもない、念のため冷凍庫を見たら冷凍のバナナが1本あった、これを食べて、また彫り始めまあした。

 彫り終わった穂が4時半。
 




 今日は、いつもとちょっとだけ違うことをしました。いつもは鉛筆で高さの目安だけを書いているんですが、今日は余分なところを彫らないようにと衣の大まかな位置や腰の高さなな中をサインペンで書き込んでいます。
 こういうところは、彫塑(粘土で作る)の方がうんと楽です。間違えて削ってしまってもまたた仕込めるから。木彫りはそんなことは難しいので余分に彫らないように気を使います。

 今日の結果を見ても、まだかなり太めです。目標はこの半分近くの細さです。最初この像の重さは16キロありました。今は多分10キロと少しくらいになったかと思います。かなり彫り込んできたのと乾燥してきたから。おかげで彫るときも動かすのが楽になりました。ということで、許は初めて像を縦に向けて彫って見ました。まだ完全に縦の方向で彫るのか難しいですが、いずれそうしなければ形が取れなくなる時が来るだろうと思っています。
  

Posted by 生田 at 19:30Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年03月10日

秋に向けて・・・

今日は日差しが強くなりそう
でも風は冷たいです
まるで顔は暖かいのに心が冷たい人みたいに
今はそんな時期かもしれません

朝写真を撮ってもらいました



撮ってもらったのはこれだけではありません
いろんな方向から数枚

この手
私の手です
汚い手ですねぇ
昔いろんなことで汚してますので

その手を彫ってみることに
昨年も手を彫りました
握りこぶしでしたが
今年は開きます
開放です

秋の展覧会までに彫りあげるつもりです
  

Posted by 生田 at 10:38Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年03月08日

十一面観音を彫る その5

 久々に十一面観音ののみを入れました。孫が来ている時は、近くに来られると困るので、木彫りは一切できない状態。今日は雨なので来ないことがわかっているから、昼飯食べてから彫り始めた。

 彫っているうちに形が変わって来る。これは当然の話だけど、形が変わると表面に出るところが変わる。木の芯の部分と外の部分では乾燥の度合いが違うから、彫り進めるとひび割れが多くなって来る。この観音さんも御多分に漏れずかなりあちこちに結構深いひび割れが起きている。彫り進める過程で、そのひび割れの部分に補助材を入れて埋めることを考えなくてはならなくなるだろうと覚悟している。

 

 


 画像は上左が 正面 右が 左側面 下左が 背面 右が 右側面 で、前回よりも腕の部分が目立って来ました。向かって左上下中程の塊は水瓶になる部分です。
 全体にまだまだ太めです。まだかなりダイエットさせる必要があります。なにせ作者がずんぐりむっくりしているので、似て来るんだよなぁ。。。

 いつ完成するかわからないけど、顔だけは似ないように心がけようと思ってます。にればかなりきつい顔の観音さんになりそうなので、でも背面の大笑面は似せてもいいかもなぁ。あのくらい世の中を笑い飛ばせたら私も大物になれたかもしれないの、今更遅いわっ!  

Posted by 生田 at 17:19Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月27日

円空仏模刻 音楽寺 十二神将 頞儞羅大将

今月に入って彫っていた
円空さんの模刻

江南市音楽寺の
薬師三尊のお付きの
十二神将のうち頞儞羅大将
を彫り上げた



この頞儞羅大将は干支では未で
私の干支ということで
ちょいと気合を入れて


これで9体を彫り上げた
あと3体残っている
なんとかあと3ヶ月で彫り上げたいと
  

Posted by 生田 at 14:43Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月26日

ひな祭りに向けて・・・

今週の土曜日3月3日はひな祭り
桃の節句なんですねぇ

雛人形を飾るんですが
我が家は出てないです


いつも玄関に置いている
祈りのツインを雛人形がわりに
飾りました



この作品は「祈りびな」と名付けて
一昨年の区の展覧会に出品
見事、賞をもらえなかった
あぁ彫刻としては出してません
  

Posted by 生田 at 11:33Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月23日

十一面観音を彫る その4

 今日は、2週間ぶりくらいに制作途中の十一面観音にノミを入れた。タイトルは「十一面観音を彫る その4」となっているが、「3」」がないではないかと言われそう。実は番号はかけているけど、タイトル「ひび割れと汗だく」が「3」にあた流ので、今回は「4」ということです。

 久しぶりにノミを入れたが、何だん中の方に彫り込んで行くので、結構ノミが入りやすくなって来た。しかし、まだ外側の方は乾燥も進んでいるので固く感じるが。
 今日は頭の部分を少し彫り出した。一番神経を使う部分になるんだけど、今のところはまだ粗彫りの段階だから、大まかに頭(観音さんの顔と10の小さい顔と一番上の化仏になる部分の大まかな大きさを出すように彫った(つもり)。

 だんだん形が見えてくるけど、はあためには何だかわからないでしょうねぇ。一番上の細い部分が頭で、上下中程の右側の大きい塊がひらり手とその手が持つ水瓶になるところです。
 向かって左側の部分には”施無畏印”の手と腕になる部分です。

 足元は、一般の十一面観音は両足を少し開いて平行におきますが、私は少し左足を出そうかと思っています。今は思っているだけで、最終的にはどうなるかは。。。。。


 さて、今日は彫っている時にちょっとした木っ端がでました。その木っ端で小さいものを掘ってみることに。これはちょいと円空さん風に彫ってます。

  

Posted by 生田 at 17:49Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月18日

今日はなんとなく ボケて木彫りを

今日は午前中に買い物に行って来た。10時くらいに出かけて3箇所の場所を回る、毎回日曜日のお決まりのコース。
 今日は、なんだか、車の量が少なくて、スイスイ。。。。。
 
 しかし、この冷え込みで車の燃費がものすごく悪くなっている。ハイブリッドのモーターで走ることが少ない、エンジンが冷え込んでいるからどうしてもエンジンを温めるためらしくエンジンで走っている。普段は21k/Lくらいは走っているのに、1月に入って寒くなってから急激に悪くなって今は18k/Lくらいにまでなっている。
 それに昨日大きな木彫りの材料もらったので、そいつが載っているから今日は余計に燃料を使ったと思う。

 家に帰って、昼飯作って、それを食べてから、なんとなくボケーとしていたけど、木彫り部屋に潜り込んで十一面観音さんにまたノミを入れた。
 左が今日の終わった形です。だんだん人型になって来ました。まだあどんな最終の形になるかは、これからはわからないと思います。頭が異常に大きいのは顔の上に11も顔が乗るんですから当然のことですが、今の状態だと立てていると頭が重くてひっくり返りそうです。
 下の方は足の形が少し出て来ました。

 今の状態だとずんぐりむっくりの観音さんになりそうですが、これからどうやって絞り込もうかと悩んでます。モデルのない、ただただ私の頭の中にある形だけで彫って、材料の木の状態を見ながら形が変わるかもしれません、
 ここまで彫って来てわかったことは、この材料(タブノキ)が結構彫りやすいということなんですが、ただ中に育ち始めた頃の枝が節として残り、結構中で筋がうねっているところもあり、その部分は硬いのでノミが負けそうになったことも。力がないからそんなことを言い訳にしてるんですが。。。。

 また気が向いた時にノミを入れます。  

Posted by 生田 at 22:40Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月10日

ひび割れと汗だく

今日は昼から
製作途中の十一面観音に手を入れた

顔の真ん中にひび割れができている




上は顔(化仏も含めて)の部分の正面
これではわからないかもしれないけど
下の写真ではっきりとわかります




このひびわれがどこまで行っているかはわからない
上の部分だけなら
真ん中の如来さんの顔のあたりが割れるかも

観音さんの顔の部分まで行っていると
結構苦労することになるかも


これを覚悟して
今日は
水瓶の部分と右手になる部分を残して
お腹から足の方まで少し彫り込んだ


見た目前とあんまり変わらないように見えるけど
これだけ彫るだけでも力一杯やらねばならない
木彫りの部屋は室温10度くらい
ファンヒーターも切っているけど
彫り込んでいるときは汗ダクダクだった

外は雨
冷え込み始めている
雪にはならないだろう
このくらいの冷え込みでは

きょうは3時に木彫りを止めました
結構疲れたなぁ。。。。
  

Posted by 生田 at 15:37Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月04日

日向ぼっこの成果 

今日は結構風が冷たかったなぁ

でも日差しは暖かくて

ガラス戸を閉めた縁側は

温室でしたよ

暖房なくても暖かく

木彫りができました

11時から始めて
昼飯半さんで
4時までで

写真の合掌童子を掘りました



もっともっと増やさねば
  

Posted by 生田 at 19:03Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月03日

十二神将 宮毘羅大将 今年最初の完成

今日は鬼が出かけたので
命の洗濯とばかりに
木彫りをしていた

今年はメインが十一面観音だけど
材料が思ったよりも湿気を含んでいたんで
少しずつ乾燥させながら彫っているから
時間があるので
木彫りの会でしか彫っていなかった
ものを家でも時折彫っていた

昨日会でかなり彫り込んで
完成間近になっていたので
今日は完成させることにした

ということで
シコシコ3時間くらいかけて
彫り上げた

作品名は
江南市音楽寺の十二神将のうちの宮毘羅大将
(円空さんは”宮比羅大将”と背中に彫り込んでます)
の模刻です

”宮比羅大将”は干支でいうと”亥”の守護神ということで
来年の我が家の年賀状を飾るかもしれません




上は顔の部分だけです

上は顔の部分だけです

表情がきつくなってしまいました
居間の私の心の中なのでしょう
柔らかくできなくて困りました



像高は一番高いところで約20センチです

  

Posted by 生田 at 18:07Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月01日

また雪になるのかな?

夕方というか4時頃から細かい雨が降り始めた

我が家の居間のガラス戸は結露で曇ってしまった

外は寒いのだろう


天気予報では

夜中から明け方にかけて

雨から雪そしてまた雨と

気温が2度くらいしかないようで

このくらいの気温だと

雪になる公算が大きんだけどねぇ


明日の朝

雪だと困るなぁ

木彫りの会

車で行くのは嫌だもんなぁ


雪になってもいいように

小さくまとめた道具と材料も作っておいた

雪でなければ

他の大きい荷物と一緒にみっていけばいいから

小雪はいいけど積もらないでね
  

Posted by 生田 at 18:57Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2018年02月01日

月食から一夜明けて

昨日は助平根性丸出しで
ちょいと外に出て天体ショーを覗き見た

そんなに寒いと思わなかったけど
寒かったんだろうなぁ
3日目に出た時は寒くて
空を見たら
お月さんなかったよ
ブラッドムーン見えなかったのかな?

今朝起きたら
首が痛い
どうも昨夜つくをショットするのに
顔を上に向けていたので
頚椎に負担がかかったらしい
やっぱやめておけばよかったと反省しきり

とはいうものの
今日は木彫りをちょっとだけやってます
明日は木彫りの日
  

Posted by 生田 at 12:50Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
※カテゴリー別のRSSです。
QRコード
QRCODE