2020年11月27日

わたしの最近の健康状態  癌と脳梗塞と特殊難聴と・・・・

 今朝の第1記事アップで予告したように
わたしはの最近のブログには、通院の記録は書いているが、病状については書きこむことが少ない。なので、多くの方に健康になったと思われている。確かに、傍目には健康そのもの、健常者の鑑見たいらしいが、ところがどっこい、いろいろ問題を抱えての生活が続いている。

 1;末期を宣告された前立腺ガン
 2011年4月8日に整体検査と画像診断の結果、末期ステージIVの前立腺癌の宣告を受けた。その時は「ナンでオレが癌にならなあかんのや」と心の中で毒づいたものの、取り返しのつくものではない。
 それから約1ヶ月、治療方針が決まって治療開始。画像診断の結果、他臓器への浸潤、癒着が著しく放射線を照射することができない、また浸潤の度合いがキツく手術で取り除けるものではないとのことで、治療は残された唯一「ホルモン療法」が開始された。たまたま臓器にこそ転移が全くなかったことが幸いしたのか治療開始からすぐに600あったPSA値がみるみる小さくなっていった。医学療法と同時に、「ストレス貯めるから」との医師の反対を押し切っての食事療法、にんじんジュースを2L/日というとんでもないことを半年以上やり遂げ(体が黄色くなったので中止)、塩分カットという論文に出会って今でも塩分カット、緩和して減塩に努めている。また、反芻動物の肉、乳製品のカットという論文にも出会いまる1年以上 牛はもとより、豚、鳥の肉を全く取ることがなかった。牛の乳製品と牛肉は、今でもほとんど摂取していない。どれが効果があったのかは確定できていないけど、多分に医学両方=ホルモン療法が最大の効果があったのだろう。PSAが限りなくゼロに近づき落ち着いてもう8年になる。

 4年目くらいだったか、病状が落ち着いたということで大病院の診察から外され、一般医院の治療を受けている。治療法は変わらず、3ヶ月ごとにリューブリンの注射と、毎日のビカルタミドの服用が続いている。そして、年に1度大病院に行き、CTと骨シンチの検査を受けている。
 CTと骨シンチの画像診断では、現時点では、前立腺がんの病巣は確認できなくなており、4年前に骨転位の可能性の疑いがあったものも現在はそれも全くなくなっているとのことである。
 ただ、CT、骨シンチは画像での診断であり、細胞レベルの検査ではないので、癌が全く消滅しているということは宣言できないと言われている。
 癌宣告される前から、かなりな頻尿だったが、眼病層が小さくなることで、頻尿の度合いは緩くなっている。しかし、年齢的にも尿の回数は増えるらしいということも重なって、夜の回数を減らすために薬「ベタニス」を服用している。
 さらに、尿に関しては、かなり精神的な部分が大きいかとは思うが、条件反射的に尿意を催すことが緩やかだがキツくなってきている。元は、癌宣告の前から、前立腺が肥大(病巣含め)していたことで頻尿だったことから、外出の前はほぼ必ず、また水道の蛇口を捻ったりするとその暗示からの尿意という耐えられないものもある。が、失禁、尿もれということには至っていない。

 現時点では、この9年半継続しているホルモン療法にはなんら変化はない。ごく一般的にホルモン療法の効果は3〜5年と言われているが、わたしのように9年以上も変化なく、またPSAの上昇も一切見られない患者というのは非序に珍しく、奇跡的と現在の担当医は言っている。



 2:脳虚血発作(一種の瞬間的脳梗塞)
 もう何年前になるか忘れてしまったくらい前の話になる。
 ある年のある日、昼寝から目覚めた時、左目が半分しか見えなかった。半分上が黒かった。目蓋を自力で持ち上げてもしばらく消えなかったが、5分ほどして自然消滅した。その日はそのまま何もしなかったが、翌日眼の検査に眼科に赴いた。そこでこの話をしたところ「即大病院で精密検査を受けるように」と言われ紹介状を書いてもらってすぐに大病院に向かった。そして言われたことは「一過性の脳梗塞、脳虚血発作で、これが起きると48時間くらいの間に本物の脳梗塞がくる。それを避けるために即入院して欲しい」と。
 セカンドオピノンを採るつもりも何も相談できる時間帯でなかった。致し方なくそのまま入院とあいなって、10日間の入院することになってしまった。
 本物の脳梗塞は、幸いにも来なかった。そして、その後は、わたしの友人の医院で月1回の診察、投薬を受け続けている。服用している薬は「バイアスピリン」と「ネキシウム」で、その他は特に無いが、悪玉コレステロール値が高いという指摘を受け、食事には気を使うようにと言われている。
 食事に関しては、前立腺がんのこともあり、それなりに気を使っているが、悪玉コレステロールは一向に減る気配はない。しかし、それ以上の医学的指示は受けていない。


 3;特殊難聴・内リンパ水腫
 4年前になるが、8月末に熱中症であわやという経験をした。庭で木彫り材料を作っているとき、突然目の前が暗くなり、意識が薄らいでいく、なんとか家の中に入り込んで相方に水をもらって、しばし椅子に座って安静にしていた。
 この事があってから半月あまりたって、耳の聞こえの調子に異常に気づいた。この2年前に補聴器をつけるようになっていたのだが、聞こえが良くなったことで外していたのだが、それが以前よりも聞こえないという自体になった。耳鼻科にかかったが、ステロイド剤などを投与されるくらいで何ら改善なくどんどん調子が悪くなっていく。あまり治らないので医師に強く申し出たら、転院を申し付けられ大学病院に紹介状を持っていった。
 大学病院で、聴力検査、に加えて耳だけのMRIを撮って、その結果「内リンパ水腫」と診断された。この内リンパ水腫は、難病指定されている病気で、原因不明で治療法もなく、よって完治することはまず無いものと宣告れた。
 その直後に病院を変わり、補聴器外来を探すが、そこで愛知五医科大学の補聴器外来を紹介され、現在治療を受けている。
 内リンパ水腫は、治療法がないので当初は補聴器外来で補聴器の点検修正をするだけだったが、聴力が急激に落ちたことがあり、それからなんとか内リンパ水腫の改善を測れないかと目下漢方薬「五苓散」と神経薬「メチコバール」と「アデホス」を服用している。
 漢方薬服用開始から聴力は、聴力検査の数値上が上がっている。たしかに、補聴器をつけたときに耳で受ける音の大きさが大きくはなっているが、なんと肝心な人間の会話が成り立ちにくいほどに言葉の認識力がものすごく低下している。これに関しては、担当医は「頭の問題」として、治療に向かっていない。
 聴力が落ちたことで、20年春に身体障害者の最下級の認定を受けている。

 4:この他に病気
 前に上げたのは私の3大疾患。それ以外のも色々と抱えていて、
  ・痛風区の可能性
   尿酸値が高いので、それを抑える薬「アロシトール
   (ゲネリックで別名のもの)」を服用している。
   夜になると時折、足の親指に痛みがある時がある。
   注意していることは、プリン体の多いとされる食品は
   できるだけ敬遠する食事を心がけている。
  ・腎臓病の可能性  毎度の血液検査でクレアチニン値が
   高くなってきて、sGFRが少なくなっていることで、
   要精密検査と診断されたが、大病院で目下経過観察中だ
   が、精密検査の必要はまだないと言われいる。

  ・間質肺炎・血管炎
   旋律洗顔のためのCT,骨シンチの画像診断の中で、
   胸に影が見つかり、旋律洗顔の転移かと疑れた。
   大病院の泌尿器科で転移ではないと思われるが、
   肺に問題がある可能性があるとことで、呼吸器科に
   回されて、診断を受けた。そこで、軽い間質性肺炎の
   可能性と、血液検査から血管炎の疑いがあるとの
   診断行け、3ヶ月おきの経過観察を3回、都合1年受け
   て来たが、影も消え、間質性肺炎の可能背も進行が見ら
   れないので、かかりつけ医に紹介状が書かれ、経過観察
   を受けるようにと宣告された。
  
 この他にには、特にこれと行った疾患名は言われていないが、便秘、肩こり、こむら返り、などなど歳を取るとだれもが掛かりそうな病気を背負っている。
 とは言え、至って元気で、はたから見ると、何の問題もない年寄に見えるらしい。ということで、現実には健常者ではないので、いさというときのために「ヘルプ」マークをかばんにつけて、バス地下鉄などを利用するときはつをも持つことにしている。


 以上、かなり長文になってしまったけれど、毎日元気にはしているけど、それはみんな担当の医師、相方の世話のおかげと心から感謝をして生活しています。
  

Posted by 生田 at 17:09Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2020年11月19日

医者のはしご  めちゃ混んでた

朝9時45分に家を出発
最初の医院についたのが10時
それから1時間の待合
この医院こんなに待つの珍しい
だいたいせいぜ待って30分くらいなのに
どうもインフルエンザ対策
の患者らしい
それともう一つの診療かもまとめてだからだ

終わって
急いで次の医院に
11時半を回っていた
そしてこっちも1時間以上待ち
終わったのが1時近かった

それから
エンヤコラ地元に引き返して
昼飯
お好み焼きの「りきゅう」
食べおえたのが2時を回って
それから買い物2件

それか調剤薬局によって
薬を受け取って
家に帰り着いたのが3時10分

疲れるわあぁ
一昨日の紅葉見物より
時間かかってる
片道17キロなのに
語っ道40キロよりも
時間かかるなんてなぁ

といっても
途中がねぇ。。。

きょうは
あとはゆっくりします



病院での診断の結果

前立腺がんはすでにわかっている通り
何もなしで採血と投薬処方箋

もう一つは
低脈拍数は
酸素濃度に問題ないので
大丈夫と
持っていったCTの画像は
後でじっくり見ておく
緊急性はないだろうから

第v蒲黄がん検診は
問題ないとの結論


  

Posted by 生田 at 15:57Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2020年11月12日

呼吸器内科 診療終了と相成った

今日は日赤の呼吸器内科
ここで画像及び血液検査の結果の
診断を聞きに行ってきた

まぁ多分なにもないから
今回で終了となると
そんな思いを持ちながら

診察は相変わらずのびのびで
30分以上予約から遅れた
まぁ毎度のことなので
慣れっこです
先日の愛知医大の1時間遅れに比べれば。。

診察室に入って
画像を色々比較して
私がこの病院で撮られた
前立腺がんのときのCT(注1)とも比較
一つの病院に
色々病歴が保存されていることは
こうした比較ができるのでありがたい

8年前
つまり私がガン宣告されたと翌年
その時の撮ったCTと比較
ほとんど変わりなく安定している

問題となった2年前の
肺の中の影については
消滅してしまっている
しかし、その影の原因はわかっていない
あとは軽い間質性肺炎があるものの
強情をいじるほうが危険性が高い
総医師が判断した

ということで
年レ的にそれ相応の体だと

この先は市中の病院で経過観察を
ということになった

2年間お世話になったお礼を言って
待合室で
医療秘書から書類を受けつるのを待つ

外で見てもらうために
紹介状が必要なのだが
それは後日受け取りに来いとのこと

そして

こんな書類を渡された
(青い部分は関係ないです)

これに描かれていることは
この病院での進路湯は終了したので
これ以降は
紹介状を持ってこないと
初診料に5500円とるぞということ

今回これをもらったが
実は3回目である
1:前立腺がんが安定した時
2:2年前転移の可能性で 
   泌尿器科にかかったが 
    部位が呼吸器内科範疇で 
診療停止    
3:今回の呼吸器内科   

と3回放り出されているが
実はまだこの病院の患者なのだ
腎臓内科からはまだ放り出されていない
来年2月の診察で
4回目の放り出しとなるか

なればなったで
それだ病状が安定した
という証でもあるので
安心できるのだな

まずは
祝”診療の終了”である


77才現在の私の肺臓は
年相応で現時点で心配することはない


ありがたい 言葉です
これからもこの状態が続くよう精進


注1
呼吸器内科用と前立腺がん用の
CT撮影の部署は
ほぼ同じで
旋律洗顔のほうが範囲が広い
前立腺がんは今日日を含め
骨盤辺りまでなので
呼吸器内科でも
そのデータを使うことは可能
こういうことなので
病気の部位によって
病院を変えていると
こうした比較が難しくなると
思った方はがいいかもしれない
  

Posted by 生田 at 15:06Comments(2)TrackBack(0)自分の健康

2019年06月10日

今日は大病院に

大変恐縮です

今日は大病院での待合からの投稿が最初で
こちらには投稿できていません

ameblo.jp/monshachi
でお読みいただけると幸いです  

Posted by 生田 at 14:31Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年06月09日

緊急・筆談用 ミニホワイトボード

私は耳がほぼ聞こえなくなっている
補聴器をつければなんとか会話ができるものの
何かの理由で
 たとえな診察のときや
 検査のときに外さけれなならないときもある
そんなときは
 私の言葉は相手に話せるものの
 相手の言葉が聞き取れない
 もっともそれは人によりけりで
  声の通る人はなんとか聞き取れるもの
  もう全く聞き取れない人もいる
 そんなときは相手さんが気が利く人だと
  紙に書いてくれる筆談になるのだが
  中にはそれができない人もいる
  手元に書くものがないとなんともならないし
そんな事に気づいたのが先週の聴力検査の時
 紙での筆談だったが
 

昨日 ニトリで椅子を買った後
 DAISOに言ってアルバムを探していた
 しかし思うものがなかったので諦めたのだが
 その探す途中で
  ミニホワイトボードを見つけた
  100円である
  大きさはほぼハガキ大



  これなら持って歩ける
 緊急のとき、これで書いてもらえばいいだろうって。。。
  

Posted by 生田 at 08:56Comments(2)TrackBack(0)自分の健康

2019年04月23日

今年の花粉症 最後の投薬を

今日はちょいとドライブして
耳鼻科に行きます

今年の花粉症
後2週間で終わると思うけど
その間に必要な薬の処方をしてもらう
なくても済みそうな気はするけど
念のために

それと
先日出かけた愛知医大の診察の結果が
回ってきているだろうから
こっちの耳鼻科の所見も聞く必要がある

ということで
また昼飯は外食になりそう

まぁドライブにはいい天気かな?
  

Posted by 生田 at 09:43Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年04月16日

虫歯だって・・・・

歯医者に行ってきた

歯磨きの指導を受けた
しっかりみがいたと思ったけど
だめだって

歯石削られて
知覚過敏で飛び上がって

挙句の果てに
虫歯だって

年取ると唾液が減って
ドライマウスになる
虫歯菌を抑えられなくなるんだって

平成が終わって令和になって
 2回目の土曜日
削って、埋めるんだって

また痛いかもなぁ。。。。
  

Posted by 生田 at 12:14Comments(1)TrackBack(0)自分の健康

2019年04月09日

大病院1時間半遅れを我慢して 2ヶ月おきの経過観察

今日は11時半予約の大病院の診察日
家を予約の1時間半前に出た
バスの乗って八事まで
ここで乗り継ぎしようと思って
バス停に向かったら
 10分近い待ち時間
ならば歩いてしまえと
 大病院まで歩く
 気持ちよかったな。。。
中京大学の新入生たちに混じって
 いいねぇ若い人たちは

病院について
 受付手続き済んで
 診療科の待合に行った
 おぉ45分遅れだよ
しょうがないけど
 待合で待つ
 予約よりも30分近く早く来ている
 てことは1時間15分待つことになる
  諦めぇ。。。

ゲームやりながら待っていたら
 待ち時間が60分になった
 諦めぇ〜〜〜〜〜

家内が遅れてやってきた
 もうじき11時半だ
 しばらく待合にいたあら
 待ち時間90分に伸びた
  諦めぇ〜〜〜

しょうがないから昼飯を食べに出た
 フードコートで
 朝飯まともに食べてなかったからな
  コンビニ弁当
  チンしてもらったけど暖かくなってなかった

食べ終わって
 待合に戻る
 待ち時間相変わらず90分
  でもだんだん近くはなる

やっと次の表示
 前の人結構長く感じた
 松美にはそう思えるのだろう

呼ばれた
 入ったら担当医側日に言葉を
 何かあったらしいが
  細かいこと忘れた

診断結果
 特に問題はなし
 12月、2月と比較して
  12月の問題は解消されている
 2月の分は小さくなっている
  問題の背中側は
  腹ばいCT撮影では消えているから
   問題なしと判断
 ただ、新たなものが小さいが出てきたので
  2ヶ月の経過観察で
  6月に再度CT、レントゲン、血液検査をする

ということで
 今日は新規に病名追加ということはなかったが

明日は友人の病院へ
 今回のCTとレントゲンと血液検査を
  再評価してもらう
 加えて、胸の痛み(ムネの病は医者では治らんかな?ははっ!)

今日も疲れてます  

Posted by 生田 at 18:20Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年04月08日

祝・末期前立腺癌宣告8周年 別途・疾患追加宣告

今日は朝7時に家を出発して愛知医科大に向かった
道路は朝の通勤ラッシュ
なんとかかいくぐって病院に
25年いじょうっ昔に来て以来
病院は大変貌していた

受付時間前に着いた
もう眠い眠い。。。
総合受付で問診票
受付済んで4階の診療科の受付に
ここでまた問診票
体温測ったら平熱よりも1度少し高い
なんだか体調がおかしくなった
鼻水が止まらな〜〜〜〜い

なんとか待合に入って
まず予診
 どう見ても研修医という若い先生から問診
予診終わって出るときに
 問診票4枚を渡される
これから聴力検査
 いつもよりも聞こえていた感じがした
 しかし、ここで軽いめまいが始まった
省力検査終わって
2階の画像撮影に行く
 このときエスカレータでめまいが出てきた
 
待ち時間に問診票を。。。
 書くのを躊躇った
 あぁ また”鬱”の診断結果が出そうな設問
 書くのをやめた
  何を書いても”鬱”と言われそう
画像診断は
 これまでしたことのない耳専門?のCTのようだ
 目を閉じて10分くらいかかって終了
  めまいがひどくなっていた

4階の診療科に戻る
 受付でめまいはしているというと
 看護師が出てきて待合室に行き
  めまいの状態をチェック

本人が始まる
 色々話してもらった
 そして名古屋大学から長久手の耳鼻科への紹介状
 これを読み、そのMRIをみて、今日のCTと・・・

病名・宣告
 メニエル廟に含まれるもので
  「内リンパ水腫」

当面の治療はなし
 目下飲んでいる”桂枝茯苓丸”の継続
 一月先の再診

さて、ここでもう一つも低穴ンが宣告された
 めまいに関して体調などの影響
 生活への影響
  精神的な影響
 これらを診て、心療内科の受診

 特に”うつ”に診断ではないが
 めまい、難聴が生活に影響があると思うなら
 受信をするのも
 と。

かなり抵抗があるけどなぁ
 耳鼻科の問診票に書き込むと
 おそらく大半の日本人は”うつ”と診断されそうだ

 (もし、耳鼻科で問診票書くことに
   なったらお気をつけください)

とまぁ
 8年前は命にかかわる末期がん宣告だったが
 今回は命にはさほどかかわらないけれど
 生活にはかなり関わる宣告と相成った

診察終わったが
 体調の戻りは良くない
 体温は上がったり下がったり
 鼻水は出たり止まったり

関所通って車に戻り
 エアコン入れて走り始めたら
 鼻水完全に止まった

昼時になったので
 どこかで昼食をと思ったが
 なんと 孫と娘と一緒にと
孫たち迎えに行って
 赤池のプライムツリーに
 孫のおすすめのとんかつ

ここまではなんとか体調さほど
 ところが2回の食料品売場に行ったら
 売り場が冷蔵設備二世で温度が低く
  ここでまた鼻水がいっぱい。。。

買い物終えて車を運転
 プライムから出てしばらくして
 眼の前がボケてきた
  危険なので家内と運転交代
更にイオンに行くと行っているので
 私を家に送り届けてもらった

家について
 座椅子に持たれてテレビ見ていいたら
 そのまま寝てしまった
予想はしていたので
 布団はかけていたが。。。。
 い時間は熟睡したようだ

それから1時間半くらいになって
 なんとかこれを書けるようになったので書いてます



明日は
 また大病院に行って
 胸の原因不明の影のサイドのCT撮影の結果を聞きに行きます

また疲れるなぁ。。。。  

Posted by 生田 at 19:06Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年04月08日

4月8日 月曜日 大学病院に行ってます

今日は朝早くから長久手の愛知医大病院にいきます

予約が9時なので
初診であるために紹介状受付を通らねばなりません
そのために30分以上は早く着いていないといけないらしい
という事で8時半にはついていないといけないので

朝6時おきで
急いででかけます
なにせ途中渋滞する
 可能性の高い道路を通らねばならないのです

という事で
 この記事は前日に書いてます

帰ってきたら
 大学病院の様子など報告します  

Posted by 生田 at 06:00Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年04月04日

今日は大病院に行きます

12月のCT撮影で見つかった
胸の影
2月の造影剤入りの再撮影で
肺がんや前立腺がんの転移ではない
との診断を受けたが

呼吸器内科での診断では
背中側に不明物がある
仰向けの撮影では詳細がわからないから
うつむきでの撮影をして
なん7日を診たいという

という事で
今日は午後大病院に行き
CT撮影を行います

何が出ますかねぇ
結果腹刺繍の火曜日4月9日です


実は
前日の4月8日は
まぁお釈迦さんの誕生日だけど
それとは別に
私にとっての記念日

末期前立腺がん宣告の日

忘れもしません8年前です
大震災があった年に
私の体の中で大震災が起きていたのです
それからまる8年

そしてその日は
某大学病院で補聴器のための
診断を受ける日でも

カレンダーが
病院に行く予約で埋まっていきます
最近は
家内と私のどちらかの予約
これで埋まってしまってます

いいことで埋めたいのですが。。。
  

Posted by 生田 at 09:57Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月26日

2週間ぶりの耳鼻科

耳鼻科に行ってきた
家に帰り着いたのは
予想通り1時半だった

今日の診察
この2週間の病状変化を話して
左耳のお掃除をするということで
耳に管を入れて
花から金属のノズルを入れて
空気を送り込んだ

耳のお掃除はこれで終わり
跡鼻と喉に薬を噴射

投薬は4週間分にしてもらった
なにせ遠いからなぁ。。。

投薬はめぐするだけが変わった
これまでの目薬
ちょっとあってなかったという判断だろう

会計済ませて
竹の山のVIVAホームで側の軍手を買って
それから帰り道

上田の山の上の
百年亭というとんかつ屋
ここで昼飯

八事の大病院に通院している時は
3ヶ月毎の診察後に
PSAが安定しているご褒美に
毎度豚カツを食べていた

いまは大病院掘り出されているから
3ヶ月毎はないけど
たまにと落ち道に当たるとよっている

この店の欠点
こむんだよなぁ。。。。
今日も店に入って出てくるまで
1時間かかったわ

予想はしていたもののね

美味しくてお腹いっぱいです
とんかつの一部を
孫へのお土産にして

さて
今からほと絵さん彫りに
木彫りする部屋にこもります
  

Posted by 生田 at 13:43Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月13日

連日の病院通い 今日はハシゴで

昨日も病院
今日も病院
しかも今日はハシゴ

最初は前立腺がんのホルモン剤を打ってもらいに行く
次は脳梗塞の薬を処方してもらいに行く

先日撮った頭のMRIを両方で見てもらった
片方は専門でないからあんまり詳しくわからん
もう一方は他の病気の指摘をした

皆さんそれぞれの専門があって
専門以外となると難しいんだなぁ。。



昨日の耳鼻科d相談した漢方薬
これを飲むかどうかの相談
もともと前立腺がんのホルモン療法の
副作用のホットフラッシュ対策の薬だが
血行を良くする可能性
リンパ液の滞留を緩和する可能性
これに掛けるということで
服用することに

という事で2ヶ月分
薬屋でもらったら
箱で4個とんでもない量になった

まぁこれで難聴が少しでも和らげばな


ところで
耳鼻科の話
前にかかっていた
補聴器外来では
 聞こえが回復した話をしたのだが
 「そんなことは聞いたことがない」と
そんな事があったではないか
 セカンドオピニオンをとっておくべきだった

専門の診療科と言いながら
 補聴器に関してアドバイスするわけでなし
 聞こえが悪くなったら
 新しい補聴器を作れ
 問診もしないでうつのシンダをする
 聴覚テストの結果で
  ある級の身障者になるはずなのに
   大きな声で話ができるから身障者でない
最後の最後に
 「どこにいっても同じですよ)と

同じじゃねぇだろう
 別の話が出てきたでないか

この6年間
 まともに診断してくれてなかったんだよなぁ
 おかげで高い買い物をさせられたわ

病気は
 特に命に関わる者
 高額な医療費に関わるものは
 絶対にセカンドオピニオンを取るべきだ
つくづくそう思わされた事案でした

みなさんもお気をつけください
 医者は00%信用してはいけない
 (ただし、一部例外はありますよぉ)
  

Posted by 生田 at 15:02Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月12日

新しい病院の結果

午前の最後の患者として
新しい病院で問診と診察

結果は
別の新しい大学病院を紹介された

問診で知ったことは
これまでの市中の耳鼻科で聞いていたことと違う

前の耳鼻科で言われた
まるで”捨て台詞”のごとく
「どこで診てもらっても同じだ」
それはなかった
大学病院で耳の周りにリンパ液が溜まっていることが判明
そして新しい病院への紹介状
そして
これまで否定されていた
過去に服用していた漢方薬(ホットフラッシュ対策)
これが耳の聞こえに効果

これが”効果ある可能性”を認められた
前の医師はなぜ否定いたのか?

補聴器を作る話になって
補聴器外来のある病院の紹介で
大学病院の紹介となった

これで
今使っているいる補聴器が
私に本当にあっているかがわかるかも
違っていたら
これまでの6年間は何だったんだろう?

ヤブ医者にかかっていたと
諦めなければいけないのだろうなぁ

大学病院の紹介の予約は
4月8日となった

この日は
8年前に末期の前立腺がんの宣告を受けた日だ
また何か宣告されるかもなぁ
  

Posted by 生田 at 16:19Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月12日

今日ははじめての病院に

今日ははじめての病院
耳鼻科に行きます

先日名古屋大学病院で
頭のMRIの結果で耳の周りにリンパ液が溜まっている
と診断された
しかし、これの治療は耳鼻科の範疇ではないと
という事で大学病院での診察、治療は終了

耳鼻科の治療は一般の医院でと
で、元の耳鼻科に戻るのは断った
なにせ、あの”うつ”の診断を下したところには戻りたくない
その理由も大学のセンセイには話をして

先日講演を聞いた
耳鼻科の医師への紹介状を書いてもらった

大学病院の診察を終えて
 家に帰ってすぐ電話で
 紹介状を持っていくと申し出て
 医師の時間の余裕のある診察時間に
 診てもらうことになった

その他時間にでかけます

講演を聞いた限りでは
 これまでかかっていた耳鼻科の医師よりも
 信頼が置けると思っている

希望を持っていってきます
  

Posted by 生田 at 09:37Comments(0)TrackBack(0)自分の健康
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 8人
※カテゴリー別のRSSです。
QRコード
QRCODE