2017年03月20日

渡瀬恒彦 逝く

 ちょっとタイミングを外してしまったけど、渡瀬恒彦が逝った。多臓器不全という死亡診断。ガンと気腫ということもニュースが入っていた。大変だったとうなぁ。
 俳優として、まともに喧騒診断する時間取ってなかったのだろうか?あちこちのドラマにひっきりなしにでいたし。忙しいと、健康だと思い込むこともあり得るなぁ。

 渡瀬が逝ってしまって、また一人”十津川”警部がいなくなった。もっとも、残っていると津川さんも70超えているもんなぁ。亀さんなんかも結構なとして、十津川さんより年上だし。
 まぁ実年齢を知る見る立場の人間が、俳優の演じる歳をいてはいかんのかもしれないが、実社会では警察の警部っていうのも定年があろうになぁ。70を超えた俳優さんに定年前の公務員を演じさせるもの、彼らの実生活から考えると、ちょっときつかったりするかもねぇ。
 
 渡せは、異論や役をやる名優だったとの評判。NHKのドラマも多かったなぁ。朝ドラ”ちりとてちん”の落語の師匠は、それなりにとぼけていてよかったねぇ。
 タクシーの運転手、警察の刑事、弁護士、検事。サスペンスが多かったが、それなりに地位を気づいていたと思う。

 でも、もう新しいシリーズは、ないね。十津川警部は、実年齢73歳の高橋英樹演じるシリーズだけになるのかな?テレビの数字稼ぎの西村京太郎のメインキャラがなくなることは。。。
 内田康夫の浅見光彦シリーブみたいに、沢山の局が共演して、沢山の俳優が共演して、年が来ると引き継いで入れ替わって、、、、十津川さんもこの手で行かないと、みんないなくなりそうだねぇ。アァ、もっとも最初の頃のは言えれ変わったているけど、それからもう数十年。


 世代交代も必要ね  

Posted by 生田 at 15:06Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2017年03月18日

愛しき人 A LIFE 最終回の前の回

 久しぶりだなぁ。テレビネタ書くの。色々見ているけど、なんだか書くのをサボることが多くなって。歳だなぁ。。。

 「愛しき人 A LIFE」もあす3月19日日曜で最終回ね。まぁ、あんまり違和感なくて見た、なんてことはなくて、色々ねぇ。。。。。
 先週の回、キムタク演じる沖田が手術に向かう時に、消毒した後かな?両手を上にあげて手術室か、前室に入ったのだけど、開けるときは自動だったかな?ところが、閉める時に上にあげているてを扉を閉めるスイッチにタッチしたぞ。
 ん???なんのために上でをあげている?他のものに触れないようにだろ?それが、手を触れてしまったんでは意味なんじゃぁねぇ?

 昔々、ある大病院の無菌室に近いところに入らねばならなかったのだが、まずは前室のところ出たw島で使った消毒をして、扉の開け閉めは足元にあるスイッチで扉の開け閉めをした。自動で開くことこともなかった。
 この差はなんだ?安全性から行けば、足だよなぁ。

 手術室に入るための消毒は、はんぱじゃぁなかったなぁ。手術の部位によっては、絶対に菌が入ってはいかんだろうし。部位によってはというよりも、切った縫ったりするんだから、傷は必ずあるし、そこに菌が付着してしまえば、それこそ後が大変。
 
 なんで、こんなことをシーンに入れたのかな?病院カナン傾斜からクレームはなかったのだろうか?確かあのドラマは、ネットに書いてある監修、サポートは順天堂大学。この大学の手術室は、あのシーンのようにやってるんだろうか?

 ちょっとした違和感だけど・・・・・・

 それはそれとして、
 明日は、とうとう最終回。どんなハッピーエンドを迎えるのか?楽しみである。
 キムタクも、このドラマで、今までとはちょっと感じが違ってたかな?まぁ、これで新しい境地に入ることができればいいけどね、スマップの他のメンバーよりは好きなタイプなんで、なんとかいい俳優になって欲しいと思ってるよ。  

Posted by 生田 at 22:36Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2017年01月28日

朝ドラ べっぴんさん

 今放映中の朝ドラ「べっぴんさん」、もう半分以上過ぎたのに、何だか馴染めなくて。未だに違和感を覚えて。たしかに神戸のお嬢様育ちの女性の成功話で、私の人生とはかけ離れている。でもなぁ。。。。そのお嬢様育ちが、馴染めないのではなく、ストーリーが冗長というか。。どうにも幅がぜまくて。
 波乱万丈の人生というのが大方の朝ドラなのだが、このドラマはもう行き先がはっきりとわかっているかのような印象を持ってしまいそうで。大きな成功になるはずなんだが、今のところ大きくなっているようにはとても見えないのだ。
 でてくるシーンの規模が小さい。今は「大急」と言われるデパートの話が多いのだが、その代休の売り場がいかにも小さい。ショーケースにしても酷すぎるし。時代考証がどうなっているのか知らないが、登場するあの時代の家電にでしても新しいはずなのにいかにも年月を過ぎているという、まぁ新品を揃えるのは難しいとは思うがそれでもなんかちょっとずれている。何でも並べればいいというものでもないだろう。
 メインの「キアリス」の本店の店の商店街、どこに設定されているんだろ?男会の飲み屋どこなんだろ?

 細かいことにこだわり過ぎてるかなぁ?

 それにしても、今の段階で”すみれ”と”さくら”の親子ゲンカ。このドラマのストーリーにどれだけ必要なんだろう?一番大きな違和感を感じているのが、この親子ゲンカ。父親が介入することもあんまりなく、何で?????なんでスミレだけが?????
 娘が「東京に行く」と言い出した。この先どうなるBのか知らないが、ドラマの本筋とまたなんか離れて行くようで。

 ということで、今週は、半分も見ていないのだ。長年朝ドラを見続けてきて、こんなのは珍しい。もっとも、もう一つ嫌いなものがあるからかもしれない。テーマソング。ミスチルの歌なんだが、どうにも嫌いない歌で。ドラマの重い雰囲気とは会っているけど、朝にあんな重くて暗い歌は嫌だなぁ。中身は重くも暗くもないんだろうが、私の耳には重くて暗くて、このドラマ見るときは録画で、この歌の部分はドバスことにしている。

 春よ〜〜〜〜〜  

Posted by 生田 at 10:01Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2016年10月14日

我がいとしのナタリー

 今日の昼下がり、NHK BSで映画をやっていた。あの有名な、「理由なき反抗」を。ジェームスディーンは、この作品を撮っていたけど、上映開始前に24歳で亡くなったんだってねぇ。。。。
 たった3作しか出てないのか?「ジャンアント」「エデンの東」。両方とも見た。あのスネ役をやる顔がぴったりなのかなぁ。。。この映画もあなじような姿だね。。。

 で、この映画「理由なき反抗」は実はしっかり見ていない。似たことはあるんだけど、なぜか記憶から消えている。共演が、ナタリー・ウッドなんだけど。
 今日見ていて、ん????ナタリーが出ている。完全に記憶が違っている。何を勘違いしているんだ?リズ=エリザベス・テイラーがでていると思っていたのだ。今でもナタリーでなく、リズだと・・・・なんでだろ??

 リズはユニバーサルか何かの美人コンテストでトップになったかと記憶している美人に違いないが、私にはイマイチで、それよりもナタリーの方が好きなんだよねぇ。。。
 たぶんに、リズよりもナタリーの方に先に出会ったkらかもしれない。高校時代はあまり映画を見ていないが、3年の時に「草原の輝き」という映画を見て、彼女に惚れ込んだ。あのでっかい目は今も忘れられない。
 彼女は事故(一説には殺人)で亡くなってしまった。遺作となったのは「ブレインストーム」も見ているが、これは、レンタルビデオ店で探している時に偶然見つけた。あの映画の彼女は、「草原の輝き」や「グレートレース」なんかとはかなり違った印象だった。
 
 いい俳優さんになっていたはずなんだけど、油が乗り切る前に行ってしまったのかな?

 またいずれ、彼女の映画で出会いたいものです。  

Posted by 生田 at 15:42Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2016年09月22日

中国歴史ドラマ 琅琊榜

 中国歴史ドラマは、『若曦』ではまり込んだ。それからいくつか見ているが、韓国歴史ドラマに比べるとストーリーの構成が面白くかつスケールの大きいものが多く感じられる。セットもチャチではなくそれなりにきちんと作られていて、へぇ・・・と思わされる。
 NHKの鳴り物入りだった「奇皇后」も、ある程度金をかけたのだろうし、紫禁城を使ってまでのロケなどをしていたが、現実スタジオ撮影の部分やら、韓国内での撮影では中国の建物とはかなり要するの違った韓国風のものが多かったり、ドラマ進行の時系列もかなり疑問を感じたものだ。

 琅琊榜」は、始まって今日で17回目かな?進行はそんなに早くはなくなんとなくじっくりとすすでいるようで、イライラするかと思っていたけど、主人公・梅長蘇の頭の中、心の中の動きをじっくりと見せてくれているようで、毎回じっと見てしまう。
 ただ、私の問題で登場人物の名前をなかなか覚えられなくて、ちょっと戸惑う部分もあるけど。
 
 話の筋は、梁国の将が皇帝側に裏切られて軍が壊滅させられ、父親は死んだ。父親に生き伸びろと言われ生き延びたが、怪我と病?で風防が全く変わってしまった。そして”麒麟の子”と評判の人物になり、名を梅長蘇して都に戻った。都は、皇位継承の権力争いの中にあり、その中に梅彫塑は身を投じ、復讐を果たしていく。

 都に入った折には、配下を多く潜り込ませ情報を集めまた警備をさせている。それだけではなく、権力争いで後ろ盾をすることにした靖王やそれに取り巻く人物の警護などを影で行う。
 都に戻ったが、名を変えているし風貌も変わっていることから昔の知人にも気づくものは少ないが、ただ蒙大統領と霓凰郡主には気付かれる。霓凰とは昔恋人同士だったか?

 このドラマは、架空の物語で、歴史そのものの勉強にはならないが、まぁそれはそれで色々楽しめる。武術の使い手のしないなど面白い。かなり無理はある。宙を舞い飛び跳ねたり、少林寺の修行の映画で見るよりもかなりオーバーなものはいかがとは思えども、韓国ドラマの武技よりは綿にはいいかも。
 武人の一人で梅長蘇の護衛をしている”飛流”が可愛くてねぇ。。。ちょっとしたことで拗ねたり喜んだりする子供でありながら、ものすごく腕の立つ人物。ほんとかわいい。

 このさきどういった展開になるのか、かなり楽しみにしている。

 前にも書いたけど、まだ人物相関を完全に把握できていないので、ストーリーも完璧に理解できてはいない。毎回録画をしているので、全編終了後に時間を作ってじっくり見てみようと思っている。
 ちなみに、番組阿南愛の公式サイトは、こちらhttp://www.bs-j.co.jp/rouyabou/)。  
タグ :琅琊榜

Posted by 生田 at 16:05Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年11月06日

ドラマ コウノドリ

 最近テレビの番組のことを書いていないなぁ。。。見てはいるんだけど、なんだか書くことが面倒で。。。。

 この秋のドラマがいくつかまた医療をが絡んでいるが、まぁ珍しく、産科と小児科。まぁ、特に参加に重きをおてた筋書きなんだが。。。。。
 毎回なんらかのトラブルを抱えての出産。現実に参加は大変なんですよねぇ、、、昔死後のの関係で多くの参加の医師とお話をしたことがある。まぁ、それよりも参加の後を受け持つ小児科あの医師との交流の方が多かったかなぁ。。。。もう20年も前の話になるけど。

 某病院の小児科に高校の時の先輩がいて、その医師はNICUを担当していた。その病院に行った時、当時のNICUを間近に見せてもらうことになった
 実は今回のテレビドラマ「コウノドリ」の筋にあったような早産の子供保育器の中にいるところを見せれたのだ。手のひらに乗るくらいの大きさ、その手のひらも片手に乗るくらいの子もいた。色は黒ずんでいて、素人の私にはかなりきついもので、できれば見たくなかったと後で思ったものだ。このドラマでも担当の産科医の女医が始めての未熟児を両手にのせた時に同じこと思ったようだ。
 
 しかし、そんな未熟児で、小さくあろうとも命なんです。彼らも頑張って生きようとしているんです。それはその時にしっかりとわかりました。このドラマでもそれがその通りに示されていた。

 さて、私は見たNICUは、20年も前の話で、実はそ時だけではなく、他にも数回NICUに入っている。その入る時には、病室は二重扉で、最低片方が必ずしまっていなければいけないということと、入る前には入念な消毒をした、医療ドラマで外科医がよくタワシでこすっているのを見るが、あれを必ずやらされたのだ。
 それが、今見ているドラマのNICUのドアは解放されているし、親は普段着のままで入っているし、さらには考えられなように、未熟児の保育器の扉を開けで消毒もしていない手で触っているのだ。。。。これって本当なの?無菌状態で見るということは今はしないの?これだけには、かなり違和感を覚えている。

 未熟児で生まれた子供ですが、私が見せてもらった病院では、その後大きく育った子供たちの写真をたくさん見せてもらった、病院によってはその子供たちの会もあるのだとも聞いた。
 予定よりも家内r早くいまれても、立派に育つ子も多いということなんです。そういったことになる可能性は、どの夫婦も同じくらいの覚悟がいるけど、立派に育つのだよいうことを子供をしっかりよ育ててあげて欲しいものです。  
タグ :コウノドリ

Posted by 生田 at 23:55Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年10月06日

朝ドラ「あさが来た」

早いものですねぇ
もう今日で7回なんですねぇ
主人公”あさ”は、最初は子役で
まぁ元気のいい子でしたわぁ

それが5回目にそれなりに成長して
その役をこなしているのが
”波瑠”という女優さん
この女優さん
予告の時から見てるめど
なんや”ゆうか”に似てるなぁ
優香の顔を明るくして黒子つけると
波瑠の顔になるやないかぁ
なんておもてます

なんて
関西弁で書かんでもええんですけど
ついつい書きたくなってしまいますぅ

この話
東京の目白にある日本女子大の創設に関わった
女性がモデルやそうで
大隈重信なんかと交流があったとか
大隈と交流があった?
大隈は早稲田、山手線で言えば”高田馬場”
目白はお隣やないですかぁ。。。。
ふむふむ

とはいえ
今の舞台は京都
主人公の言葉も京都弁ですがぁ
許嫁の進次郎は大阪人
大阪弁ですが
大阪のどこの言葉でしょうかぁ?
難波、摂津、川内、和泉 と
大阪でもいろいろあります
今のところ川内ではないなぁ。。。。
やっぱり難波言葉ですかぁ?

なんでもええ
最近綺麗な関西弁聞いてないから

とはいえ
進次郎を演じているのは
名古屋の出身ではなかった?
(ネットで見たらピンポ〜ン)
ええ俳優さんやねぇ
息子が困難やったらよかったかもなぁ

ごめん息子

あさの姉役が「宮崎あおい」
まだかわいいねぇ
あのまま年取っていくんやろうか?
かわいいおばさん、オバァちゃんになれそうやけど

この朝ドラの前が
私にはイマイチだったんで
今度はちょいと期待させてもらいます
  
タグ :朝ドラ

Posted by 生田 at 09:56Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年09月19日

今の政治がドラマに皮肉られた・・・

 昨夜、安保法案が審議さrている頃、テレビでは”民王”というドラマが放映されていた。このドラマ、まぁお遊びのような内容で、総理と馬鹿息子が顔はそのままで人物が入れ替わってしまい、それに伴ってドタバタ喜劇になったのだが、最終回(まさに安保法案の参議院審議中の時間に)で総理が一度は不信任されたが、総辞職後の首班指名選挙で復活する。そして、それは「永田ちょいの数の論理」だと総理がいい、それではネット投票をしてみないかと、全国版の放送でチャンネルボタンで総理を混む菌が直接選挙するという、まぁドラマのことだけど、是非実現してほしいことをやった。

 このドラマ、本当に今の政治家に見せてやりたい。そして心からの反省をさせたい。

 今現実にネット投票をしたら、おそらく安部総理はかなり苦戦を強いられるだろう。そして、安保法案の投票をすれば、国民が拒否をするのではないかとさえ思う。

 安保法案は参議院でも強行採決して、本会議でも採決されてしまったが、次の選挙で野党が勝って、そして今採決して成立した法案を廃案にするべきだと思っている。  

Posted by 生田 at 20:20Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年07月29日

最近の夜10時だいのドラマ

最近の夜の10時代のドラマ
幾つか面白いのが。。。

火曜日 美女と男子
 芸能界の裏話のネタばらし?実情はもっと汚いんだろうけどねぇ。
 面白いよぉ。
 向坂遼を演じている町田慶太くん へぇEXILEにいたんですかぁ。。。
  ゴーグルファイター・アースがあまりにも似合ってたんで
  ひょっとしてライダー上がりかって思ったくらい
 沢渡一子を演じる仲間由紀恵 気の強さ 板についてますねぇ

水曜日 花咲舞が黙っていない
 前シリーズに次いで杏の言いたい放題?
 2回目だったかな?300マン円の紛失事件。
  私はドラマとは違うけど、銀行のいい加減さで、
  紛失事件になりかねないことを体験したことを思い出したヨォ。

水曜日 リスクの神様
 これも業界の裏のネタばらし?
  まぁモンスタークレーマー対策ならいざ知らず、いろいろあるのは。。。
 脛に傷持つ企業は、そのキズ隠しにものすごくいろいろする。
  クレーマーにはすぐ、弁護士だ、法務部だと脅しをかけてくる
  クレーマーでなくても、ショットも仕込むと出してくるところもある。
 そんな話も出てくるか?
  堤真一演じる西園寺智はまぁ適役かもなぁ。。申し越し汚くてもいいかも
  戸田恵梨香演じる神狩かおりはまだ私は違和感感じてます。
   どこと言われると困るけど。。。

木曜日 探偵の探偵
 探偵社を探偵して悪を暴く?本当にある?ありそう?
  北川景子演じる紗崎玲奈、もってこいの顔しているけど
   なんだか出来すぎで、探偵ってこんなにタフでっか?
   精神的な動きがわからん。まだ読めないってこと。
  川口春奈演じる紗崎玲奈は、いまのところ
   なんでいるんだヨォ といったとこです
   いつ大活躍するんでしょう?どういう活躍を?
   今の所、違和感です。

日曜日 ある日「アヒルバス」
  東京を走る観光バス、鳩ならぬアヒルでやんす
  まぁ、いろいろ人情話になるんです。
  東京人がここまで人に介入するか?
   藤原紀香演じる浅倉葉月、こんなないしバイアうまかうなったんですねぇ。
    でもなぁ、胸の大きさが目立っちまっている所が気になって。。。
    それにしても、年取った。。。。
   トリンドル玲奈演じる澤田希子、可愛いですねぇ。。。
    可愛いんで、役所がきつすぎたりして。。。それが可愛い???
   キムラ緑子演じる戸田夏美、えっ????
    こんな優しい役を見たの初めてか?ってくらいね。
    ごちそうさん とはかなりイメージ違うよ

他にもあるようだけど・・・

 NHKのドラマがたくさんあるけどね。

見ていないけど、録画しているやつ
 ちゃんぽん食べたか
  このドラマのタイトル、「食べたか?」と問われているもタイだけど
  違うんだよなぁ。「対米」というのを長崎言葉で書いている?
  しかし、読み手は、そうは読まないぞ。せめてしごに「ぁ」をつけてくれ・・
  「ちゃんぽんたべたかぁ」くらいになぁ。。  続きを読む

Posted by 生田 at 18:31Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年07月08日

大河ドラマ 花燃ゆ 久坂玄瑞自刃

 先回の日曜日の大河ドラマ「花燃ゆ」は、主人公”ふみ”の夫・久坂玄瑞が京で天皇に直訴場が届けられず、戦いに負けた責任を取るということで自刃した。その歳25歳だという。なんと若い命を無駄にするのかと思う。私の父親かもっと若く、戦地で病気にかかり死んだそうだが、それも無駄な命の落とし方だと思っている。

 久坂が生きた時代の武士の哲学だろうが、生きて生きて後の世を改革するという考えはなかったのだろうか?そうハイに後を託しても、それはその死んでいく人間の思いが達せられることと限らないだろう。やはり自分の思いは最後の最後まで自分で成し遂げなくてはならないと思う。
 同じ時代に生きた坂本龍馬、高杉晋作はおそらく悔しい思いをしながら死んだのではないかと思う。人は死んでしまったらそれで終わりなのではないか?
 高杉晋作、坂本龍馬そして久坂玄瑞といった当時の先進的な考えを持った人間が生き残っていたとしたら、明治政府はもっともっと違った形になり、日本国自体も大きく変わったものになっていたのではないかって思うのだが、それは望んでも無理な過去のはないで。。。

 何につけ、人は自分で命を絶つべきではない。このドラマでも、残されたふみがこの先どんな人生を歩むか、予告を見た限りでは辛いものがあるようだ。残された人はいなくなった人の分まで人生を背負うことになる。それが時としてとんでもなく残された人への重圧にもなる。
 死んでいく、特に自分から命を絶とうと思う人は、残される人のこと重十分に考えるなくてはならないのだ。病気で死ぬ、事故で死ぬ、この場合は残される人のことを考えるいとまはないかもしれないが、とに開く「生きよう」とすることをまず考えて欲しいもの。

 この大河ドラマは、この先残されたふみの人生で何を語ろうとするのか?できれば、残された人が、残されたくなかったという気持ちを大きく訴えて欲しいものだが・・・・  

Posted by 生田 at 11:45Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年06月21日

花燃ゆ 風になる友 なんだかなぁ・・

 大河ドラマ「花燃ゆ」ももう半分きたことになるのかな?都の情勢がかなり不安定になってきて、勢力争いの枠組みもころころ変わっていく時期になってきた。
 そして、今回は「池田屋騒動」なんだが。。。たまたま久坂玄瑞は長州にとの説得のためにお里帰りしていたし、高杉晋作は脱藩の罪で投獄されていた。ということで、この騒動には合わなかったのが、・・・・
 まぁそれはドラマとして史実を基に書いているんだろうが、高杉晋作は肺結核で近いうちに死ぬことになるのだが、このドラマではそんな気配は全くないなぁ。。。確か、福山雅治主演の「龍馬」では高杉は席をすることが多かったのだが、このドラマでは健康そのものかな。
 そして、ついでに、池田屋騒動のシーンで、2階を襲ったのが沖田総司なんだが、彼は高杉晋作とほぼ同じ時期(1年くらい差があるのかな?)にやはり結核で死んでいる。その沖田もこの「花燃ゆ」では結核の感じは全くないねぇ。。。

 なんでだろ????? イケメン俳優を揃えて、病死をするまでを描きたくない?できれば、史実に近いものをねぇ。。。もっとも時代考証が、病気は難しいのか?でも、この二人の結核は有名だと思うけど。(NHKの時代考証は、「豊臣秀吉」で家康の構えた人の場所をまるで違うことにしてたけどねぇ。。信用できないところ結構ありです)  
タグ :花燃ゆ

Posted by 生田 at 20:14Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年06月12日

この初夏のドラマたち 急いで終焉に

 前に、今年の初夏の医療に関係したドラマのことを書いた。その2つのドラマ、「Dr.倫太郎」と「医師たちの恋愛事情」だが、どちらも次回が最終回らしく話の展開が慌ただしい。

 「Dr.倫太郎」のほうは、夢乃=明良の母親がギャンブル依存症とやっと倫太郎が言ったんで地位とはその治療に向かうのかなぁと思ったけど、もうドラマの回数がないよねぇ。。。さてさて、倫太郎と夢の=明良の関係はどうなって行くのやら。(どうでもいいことだけど)

 「医師たちの恋愛事情」は、今週の回の中で主人公たちがベッドイン。こんなのいるのか?こんなのは匂わせれば済むことでもろに出す必要性はあ全くないよなぁ。。
 病院経営で手腕を振るってきて、主人公・守田の敵の事務局の親玉・渡辺が守田の執刀で緊急手術を受けたことでガラリと態度を変えたし。。。なんだかなぁ。。周辺の医師たちの関係も、いくらなんでもと思う方向(全てがハッピーエンド)に向けて展開している。
 つまんないとそんなの。ときにはアンハッピーエンドで終わらせて欲しいものだよなぁ。

 まぁどっちにしても、どんな年齢をターゲットにしているのかわからないけど、私の年代をターゲットにしてないことだけは確かだよね。

 今現在、民放のドラマよりもンHKのドラマのほうが面白いよ。「美女と男子」なんてまぁ筋書きはともかくとしても、余分なものないし・・・・これもあと数回。レッドカーペットに乗れるかってね。乗るんだろうけど。  
タグ :TVドラマ

Posted by 生田 at 18:58Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年06月04日

初夏の 2つの医療ドラマ

 この初夏、もっか2つの医療が絡むドラマが放映されている。一つは「Dr.倫太郎」もう一つは「医師たちの恋愛事情」だ。
 この二つ、なんとも中途半端に思えて。。。。

 「Dr.倫太郎」は、題材に取り上げているのが”解離性同一性障害 ”いわゆる”多重人格”なんけど、メインの患者、”明良”と”夢乃”という二つの人格を持つ女。これがどうにもしっくりこなくて。。。。明良は仕事を離れているときの人格、夢のは仕事の人格とおった感じにしたいのか、どうにもわからなくて。どこでどうこの人格が入れ替わるのかが判然としないからなんだよなぁ。。例えば、”夢乃”として仕事をしている最中は医療になることはこのドラマではなさそうなんだよな。しかし、明良として生活しているときには突然”夢乃”が現れたりする。なので、違和感を覚えるんだけど。

 私は過去に自称”多重人格”の女性に出会っ田ことがある。メールのやりとりで多重人格を宣言してきたのだが、大体こうしたものは宣言をするものではないんだけど。ただ面談しているときはごく当たり前の本人で、メールのときだけ色々な人格で送信してくる。
 あるとき新しい人格(自称)でめーるが来た。返信で「誰に私のアドレスを聞いた?」と送ったら「前の人価格から教えてもらった」と。ん??????一人の人間の複数ある人格どうしで会話をする?どうやって????当時の私の知識ではあり得ないことだったから「同じ人間のカカでの人格の会話はないはずだ」と送ったら、それっきりメールが来なくなった。多分似た順人格をそよ追って目立ちたかっただけではないかって思っている。

 話を戻してドラマで、明良と夢乃の切り替わりがあっても違和感はないが、そのどちらの人格も別の人格を知りすぎている。ほんとかなぁ・・・・・・・

 それよりも、明の母親(高畑淳子)がとんでもないギャンブル依存症といてもいいくらいだし、警察沙汰にしてもおかしくない所作なのだが、どうらまではそれが咎められることもないよねぇ。。。こっちの精神障害を直したほうがいいと思うよなぁ。

 明良=夢乃の”解離性同一性障害 ”は多分に母親に捨てられまいとするところから区ストレスなんだろうけど、このあたりの描き方は難しいだろうけど、ドラマを見る限り、ただただ逃げているだけに見えて、本当の”解離性同一性障害 ”に見えないんだよなぁ。。。


 もう一つの「医師たちの恋愛事情」は、手術室にあんなに恋愛感情もちこんでいたら、手術は失敗ばっかりになりはしないかねぇ。医師とて人言だから恋愛するだろうし不倫もするだろう。しかしなぁ、院内でのっスキャンダルになることは、そんあにおおっぴらにはねぇ。。。
 現実に、多くの医師の不倫は見てきているので、ドラマの中のドロドロは理解はできるけど、手術室まで引っ張るのは勘弁してくれヨォ。。。だなぁ。

 主人公の二人、守田春樹(斎藤 工)と近藤千鶴(石田ゆり子 )のやりとりが、中途半端で、心の動きもなかなか読めなくて。。。年寄りには理解できない心の動きだっていうのかなぁ??
 男と女の心の動きなんて、年代、経験で変わるかもしれんが、それでもある程度はねぇ。。あんなに煮え切らないのもイラつくだけで、本人たちが現実にあったとしたら。。。そうかぁ、二人の性格にもよりけりだもんなぁ。


 えぇ・・・どっちのドラマも、外科手術がつきまとっているけど、どこまで医学会の考証を受けているのやら。間違いはないとは思うけど、倫太郎のほうの視力が落ちら外科医師の手術なんていくら何でもなぁ。。大病院で周りが気がつくのが遅すぎるわ。
 それに、視力が落ちる現認を強引に心因性に持って行ったけど、あれも強引すぎる。可能性の話が少なすぎるんで、知らない人にはねぇ。。。。。と言って私が知っているわけでもないけど。
 私は心因性でもなく脳外的でもない問題で、視力も狭くなってめまいもしてますけど。。。


もうじき「医師たちの恋愛事情」が始まる。  

Posted by 生田 at 21:37Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年05月05日

朝ドラ まれ にどうにも違和感

 朝ドラ「まれ」も一月を過ぎて、新しい展開になって、、あれの祖母として草笛光子がフランスから帰国して能登に。
 これはどうってとこない、いやこれもちょいと筋書きとして違和感あるけど、ここ数回携帯電話やスマホと公衆電話でのやり取りのシーンがあって、どうにも。。。。。
 携帯電話と公衆電話って、スマホから公衆電話にかけることはまずないから公衆電話側からかけていると思うんだけど、公衆電話からかけたらものすごく高くなると思うんだなぁ。。。
 10円玉を使うとなるとかなり持っておかないといかんし、シーンを見ていてテレフォンカード入れてるとは思えないような仕草で、これは私の見落としだろうかなぁ。。。。

 だいたいこのドラマ、筋書きに違和感を感じることが多すぎて。
 輪島市役所なんか、移住のお勧めするまれの勤める係りなんて、あれでは市役所の信用ないだろうって。板尾創路がやっている課長なんかが亜本当にいようものならとんでもないことになりそうだし。私が輪島市長だったらNHKにクレーム入れたくもなりそうだなぁ。

 ということで、ほとんど見逃さなかった朝ドラだけど、このシリーズは見ないと気が済まないということはなくって。。。。
 でもなぁ、草笛光子の久々のハツラツ演技は見ておきたいしなぁ。。。  
タグ :朝ドラ

Posted by 生田 at 08:36Comments(0)TrackBack(0)TVなど

2015年04月24日

朝ドラ まれ

 朝ドラのこの春からの「まれ」。なんだか違和感がつきまとってしまっている。BSでは「まれ」の前に「あまちゃん」をやっているせいかと最初は思っていたけど、どうもそうではない。まぁ「あまちゃん」と同じような感じに思える最初の風景だったけど、違和感を感じるのはどうも主人公”まれ”の女優のようだ。
 主人公”まれ”を演じているのはまぁよく知られている土屋太鳳なんだけど、彼女は何度か過去の朝ドラで見ているよなぁ。。。特に「花子とアン」の花子の妹役が印象に残っている。なんとなく落ち着いたか何時で花子よりもしっかりとしている印象だったような。。。その印象が、今の”まれ”の役の印象の邪魔をしているのだろうともう。だいたい高校生から高校卒業した年齢にはどう見ても私には見えなくて。。。。なんだかとにかくすっごく違和感を感じているのだ。
 なぜ彼女がこの役に選ばれたのだろう?もっと軽い印象の女優の方が良かったように思うのだよなぁ。。。。この先まだ5ヶ月あり、いずれ横浜だったっけ?かに出ていくわけだけど、そのための布石の選択なんだろうか?
 もうし雨だとしても、この年齢の時を子供の時の役を演じていた女優をもう少し長く引っ張っても良かった何時がするんだけどなぁ。。。

 もう一つ、違和感を感じるのは、輪島と塩田の距離。なんだかんだあんなに近いのかヨォ。。。。それに塩田を潰して喫茶店?そんな話を入れるにしても、なんだかなぁ。。。。あの塩田、そんなに観光客来ているんだっけ?昔より多くはなっているだろうけど。。。
 輪島の市役所の設定にも違和感があって、あんなギスギスした市役所の設定に役所はアナンも思わんのかなぁ?
 
 どうにもここすす年の朝ドラの中で、一番違和感を感じている。この違和感いつ解消するかなぁ・・・・珍しく時折見ない日もあるけど、岩カナン丘衣装を期待して、なんとか見るように努力しよう。

 あぁ。土屋太鳳、彼女自身には何の不満もありません。力のある女優さんと思ってます。  
タグ :朝ドラ

Posted by 生田 at 10:52Comments(0)TrackBack(0)TVなど
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
※カテゴリー別のRSSです。
QRコード
QRCODE