2008年10月01日

小説『親鸞と真佛』(4)

庵の二人

 私は、透明人間状態であることをいいことに庵に上がりこみ、彼らの横に座ることにした。彼らの話し言葉は、どうも鎌倉時代の言葉のようだ。もともと古文の苦手な私は聞き取るのは難しいかもしれない。ましてや鎌倉時代の話し言葉など聞いたこともないが、ここはひとつ彼らの話を聞いてみようと思う。

 私が座るのを見計らったかのように、若い方の僧が話し始めた。その話が耳に入ってくると、どうしたことか、彼らの話はこれまでの言葉ではなく、現代の私に理解できる言葉ではないか。まるで外国のテレビドラマを日本語で聞いているように、はっきりと理解ができる言葉だ。これでは、彼らの話を聞き取ったとしても、その信憑性が問われかねないとは思うものの、理解できない話よりは私にとってはありがたいことだ。

 「ところで上人、いろいろとありがたいお話を伺い、心から感謝しています。しかし、かねてよりお伺いしたいとは思っていたものの、なかなか聞き出すことができなかったことがあります」
 「真佛よ、それはなにかな。何も遠慮することはない、何なりと尋ねるがよい」

 ええっ? ん? 真佛?。あの高田専修寺の実質的な開祖と言われている、親鸞の信頼厚く、関東真宗集団のまとめ役でもあった真佛その人なのだろうか。もし、これが本当なら、私はとんでもない重要な場面に立ち会っていることになるのだ。

 「それでは上人。遠慮なくお尋ねいたします。上人と、奥様の恵信尼様との馴れ初めなどをお聞かせいただけないでしょうか」
 「真佛よ、ずいぶん昔の話を、それもあまり人に広く話すべきことではない、私と恵信の二人の問題なのだが。なぜに聞きたいのかと思うのかな」
 「上人。それは、上人はこの国だけではなく、広く唐・天竺にいたる世界で、僧として公に妻を娶られた最初の方でおいでになります。僧でありながら妻を娶られるということは、仏の教えの道にいるものにはご法度、いわゆる女犯という罪になるということであり、宗門から破門されかねない非常に大きな、危険な問題であったはずです。それに、上人のとられた僧の妻帯ということから長い時間が流れた今になっても、いろいろな抵抗があるほどですから、初めてとなると奥様。恵信尼様も上人のお申し出でに抵抗されたのではないかと思います」

 二人の話のやり取りは、まるで「仏説無量寿経」の尊師・釈尊とその弟子阿難のやり取りを目の当たりにしているように思えてくる。
 親鸞は、真佛の問いに、表情を和らげて答えた。



第3回 <= 第4回 => 第5回




**
 ここに記載している名前『村沢』は、私の小説の中に登場する人物で架空のものです。
 また筋は、これまでに読んだ文献から作者自身の思いとして独自に組み立てたものです。
 そのため、史実とは異なっているものと違っている可能性がかなり大きいとお考えください。
 
 WEB公開していますが、著作権は放棄していません。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE