2008年10月19日

小説『親鸞と真佛』(22)

 
 親鸞の結婚 6

 都から越後へ行くには、小浜あたりから船で行くのでなければ、どこかの峠を越えねばならない。雪解けを待ったとしても、妙高の麓あたりは、現在の五月であっても峠付近には雪が残っている。トンネルのない昔は、高い峠を越さねばならないが、高い所は夏でも日陰には雪が残るほどである。特に雪がたくさん降った翌春は、その残雪も多かったことだろう。

 こんな辛い話を親鸞は、遠い思い出を懐かしむかのように真佛に向かって淡々と離していた。真佛もその話を遮ることなく黙って聞いていた。

 どのくらいの時間が経ったのだろう。秋の日が空を赤く染め始めている。そして、庵の中もだんだん薄暗くなってきている。
 そこで、真佛が話を締めくくるかのように口を開いた。

「上人。大変辛いお話でございます。しかし、越後に戻られてからの上人のご活躍は、聞き及んでおりますし、下野、武蔵にお移りになれてよりのご布教のお姿は私も目の当たりにさせていただきました。しかし、その上人のご活躍も恵信尼様の支えがあったからということでございましょうか」
「真佛よ。まこと;真その通りだな。恵信と生まれてきた子供たちからの心の支えなくては、あのように広く多くの方とお会いすることもなく、釈尊の教え、空師の教えを多くの方に語ることなどできはしなかったであろう。これも、すべて、弥陀のお心のなす業であろうな」
「上人。それにしましても、今日おうかがいしたお話の中に流れているものは、恵信尼様のお心の支えと同時に、その元になっているのが、三つの夢告ではございませんでしょうか」
「真佛よ。それはその通りだ。釈尊の解かれた道、仏の前でのすべての人の等しい姿、男も女も同じという思い、とくに女人の受けている差別を何としてでも解かねばならぬという強い決意は、真佛の申すように、あの三つの夢の御蔭であるな。特に、恵信を説得するためのもののようになった六角堂での観音菩薩の示現『女犯偈』が私と恵信の間の支えであり、それが私の布教の支えでもあったのだ。すべて、仏のお導き、弥陀の御計らいの家族の心の支えというものがあればこそ、現世で生きる楽しみというものであろう。これが現世でのまこと;真の往生というものであろうな。
短いとはいえ五年という恩師・空師法然上人のお導きについて、これまでの私の生き様には何の後悔もない。既にこの世での往生をいただいているという気持ちが、このようにさわやかな気持ちで生きておれるのだが。空師のもとに参ることになった三つの夢告はやはりすべて弥陀の計らい。ありがたいことじゃ。南無阿弥陀仏」




第21回 <= 第22回 => 第23回






**
 ここに記載している名前『村沢』は、私の小説の中に登場する人物で架空のものです。
 また筋は、これまでに読んだ文献から作者自身の思いとして独自に組み立てたものです。
 そのため、史実とは異なっているものと違っている可能性がかなり大きいとお考えください。
 
 WEB公開していますが、著作権は放棄していません。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、新潟県上越市の居多ヶ浜海岸での2005年5月に撮影したものです。沈みゆく夕日のごとく、をきれいに・・という思いで使っています。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE