2019年03月14日

3月14日 木曜日 はれ 風弱し

火曜日水曜日と距離の離れた病院に
なんか月の半分医者通いしているような錯覚

今日はその谷間
明日はまた大病院に
と言っても
明日は患者の会

そして午前中は木彫りの会
お出かけが多いわ

花粉症の状態は
おとといの耳鼻科での処方薬が
効果あるようで
昨夜は夜中一度もクシャミをセスに
朝までぐっすり
ただ目だけがまだ収まらない
これが収まってくれないと

今日は
明日に木彫りのために
木彫りをします

という事で
これを書き終わったら
木彫りをする部屋にこもります

また昼休みに
  

Posted by 生田 at 09:15Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月13日

連日の病院通い 今日はハシゴで

昨日も病院
今日も病院
しかも今日はハシゴ

最初は前立腺がんのホルモン剤を打ってもらいに行く
次は脳梗塞の薬を処方してもらいに行く

先日撮った頭のMRIを両方で見てもらった
片方は専門でないからあんまり詳しくわからん
もう一方は他の病気の指摘をした

皆さんそれぞれの専門があって
専門以外となると難しいんだなぁ。。



昨日の耳鼻科d相談した漢方薬
これを飲むかどうかの相談
もともと前立腺がんのホルモン療法の
副作用のホットフラッシュ対策の薬だが
血行を良くする可能性
リンパ液の滞留を緩和する可能性
これに掛けるということで
服用することに

という事で2ヶ月分
薬屋でもらったら
箱で4個とんでもない量になった

まぁこれで難聴が少しでも和らげばな


ところで
耳鼻科の話
前にかかっていた
補聴器外来では
 聞こえが回復した話をしたのだが
 「そんなことは聞いたことがない」と
そんな事があったではないか
 セカンドオピニオンをとっておくべきだった

専門の診療科と言いながら
 補聴器に関してアドバイスするわけでなし
 聞こえが悪くなったら
 新しい補聴器を作れ
 問診もしないでうつのシンダをする
 聴覚テストの結果で
  ある級の身障者になるはずなのに
   大きな声で話ができるから身障者でない
最後の最後に
 「どこにいっても同じですよ)と

同じじゃねぇだろう
 別の話が出てきたでないか

この6年間
 まともに診断してくれてなかったんだよなぁ
 おかげで高い買い物をさせられたわ

病気は
 特に命に関わる者
 高額な医療費に関わるものは
 絶対にセカンドオピニオンを取るべきだ
つくづくそう思わされた事案でした

みなさんもお気をつけください
 医者は00%信用してはいけない
 (ただし、一部例外はありますよぉ)
  

Posted by 生田 at 15:02Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月12日

新しい病院の結果

午前の最後の患者として
新しい病院で問診と診察

結果は
別の新しい大学病院を紹介された

問診で知ったことは
これまでの市中の耳鼻科で聞いていたことと違う

前の耳鼻科で言われた
まるで”捨て台詞”のごとく
「どこで診てもらっても同じだ」
それはなかった
大学病院で耳の周りにリンパ液が溜まっていることが判明
そして新しい病院への紹介状
そして
これまで否定されていた
過去に服用していた漢方薬(ホットフラッシュ対策)
これが耳の聞こえに効果

これが”効果ある可能性”を認められた
前の医師はなぜ否定いたのか?

補聴器を作る話になって
補聴器外来のある病院の紹介で
大学病院の紹介となった

これで
今使っているいる補聴器が
私に本当にあっているかがわかるかも
違っていたら
これまでの6年間は何だったんだろう?

ヤブ医者にかかっていたと
諦めなければいけないのだろうなぁ

大学病院の紹介の予約は
4月8日となった

この日は
8年前に末期の前立腺がんの宣告を受けた日だ
また何か宣告されるかもなぁ
  

Posted by 生田 at 16:19Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月12日

今日ははじめての病院に

今日ははじめての病院
耳鼻科に行きます

先日名古屋大学病院で
頭のMRIの結果で耳の周りにリンパ液が溜まっている
と診断された
しかし、これの治療は耳鼻科の範疇ではないと
という事で大学病院での診察、治療は終了

耳鼻科の治療は一般の医院でと
で、元の耳鼻科に戻るのは断った
なにせ、あの”うつ”の診断を下したところには戻りたくない
その理由も大学のセンセイには話をして

先日講演を聞いた
耳鼻科の医師への紹介状を書いてもらった

大学病院の診察を終えて
 家に帰ってすぐ電話で
 紹介状を持っていくと申し出て
 医師の時間の余裕のある診察時間に
 診てもらうことになった

その他時間にでかけます

講演を聞いた限りでは
 これまでかかっていた耳鼻科の医師よりも
 信頼が置けると思っている

希望を持っていってきます
  

Posted by 生田 at 09:37Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月11日

地震などのブラアックアウト対策



今日は3月11日
あの東日本大震災から8年経ちました
我が家では
いざというときのために
停電対策を考えて以下のようにしています

市販のソーラーランタンを
結構たくさん買い込んであります
この中に単3乾電池を充電できるものを
用意しています

スマホや携帯電話のバッテリーが切れた時
乾電池を使った充電が可能なものがあり
その充電用の乾電池として
ソーラーランタンの電池が使えるます

ソーラーランタンは
通常は夜の照明にも使え
充電用にも使えるので
こうしたランタンを
いくつか持っていかれるといいと思います

非常時で何時は
このランタンは
夜間の常夜灯として使っています



1:ソーラーランタン
  (単三電池使用できるもの)
2:iPoneやiPodTouch
   乾電池使用の充電器
3:充電可能な単3乾電池
4:充電コード
5:iPoneやiPodTouch

画像はiPodTouchでかいてますが
他のスマホに
 適時置き換えてください



画層はスマホで作ってますが
ガラケーにも充電用のものが
売られています

お役に立つといいなぁと思い
記事アップです

  

Posted by 生田 at 16:25Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月11日

あれから8年 私は・・・

今日は3月11日
あの東日本大震災のあった日
毎年同じことを思い出す

あの日は実家に行っていた
 帰りの地下鉄の中で
 地下鉄が停まった
  なにかがあったことはわかったが
  それが大震災だとは分からなかった
 地下鉄は安全確認後にそのまま
  何もなかったように動き出した
当時は名古屋の地下鉄
 桜通り線はまだ野並が終点だった
 バス停でバスを待った
  何の変化もなく、いつものように
家に帰って
 テレビを付けた
 画面に映りだされたのは
  大津波の実況だった
 広い海に横一線の白い波が
  海岸向かって押し寄せていた
画面が変わって
 地上の様子を
 車で逃げている人がいる
アナウンサーの声で
 津波は仙台に向かっていると
 その時
  仙台が水浸しになる
  と思った

しばらくしたら
 地上の惨劇の様子に変わった
 家が流されている
  車が流されている
 黒い水が田畑の上に広がっていく

まるで
 映画のシーンを見ているようだった
 あの”地球最後の日”のように

そして
 時間が経って
  とんでもない被害になっていることが
  ほうどうでしらされていた

地震の揺れ、規模の大きさの報道があって
 その時思ったことは
  原発が壊れたと
 安全性に問題ないと
  当時の報道は伝えていた
  それはないだろう
 あれだけの揺れなら
  コンクリートの箱でも壊れるだろう
  それが壊れたら中まで壊れるだろう


それが日本の地上で起きていたこと

数日後
 私の思ったように
 福島の原発は爆発した


その3月11日には
 私の体の中に
 揺れもなにもないのに
  大津波が襲っていたのだ
 予感はあったような、なかったような

それから数日後
 激震
 ひと月後 
  末期の前立腺がんを宣告された

多くの人は
 東日本大震災の記憶が残っているだろう
私は
 それに加えて
  末期がん宣告の記憶が蘇ってくる

あれから8年を経過した
 大震災の被災者は
 今も復旧できないでいる人もいるとか
私の体は復旧できない
 爆発しないように
 抑えているだけ
  いつ爆発するかはわからない
 今の状態を
  石は「奇跡的」と表現している
 末期がんで
  同じホルモン療法だけで
  8年も安定しているのは
  奇跡だということらしい


地震は
 いずれ我が身のこと
 東海地方に済む今は
  いつ東南海大地震が来るかもしれない
  その時は大津波が来るかもしれない
 気持ちだけは準備しておかねば

私も
 がんの再発にたいして
 心の準備だけはしているつもりだが


どっちも
 来ないことを祈るばかりだ  

Posted by 生田 at 10:55Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月11日

3月11日 月曜日 雨から曇りに ちょっと頭痛

月曜日
サラリーマンの頃は好きでなかった
 仕事のストレスがあったから
学生時代は好きだった
 みんなに会えるから
仕事していない今は
 いつもと変わらない
 曜日なんて関係ないから

昨日は雨で
 花粉が少なかった
 おかげでくしゃみも余り出ず
  夜もくしゃみが出なかったが
 ただ薬を飲んでいるせいだろう
  夜中に3回もトイレに起きた
 結構冷えてた
そのせいかな?
 今日はちょっと頭が痛い
  花粉もあるだろうけど

昨日からの雨は
 まだ上がっていない
 中途半端
 もっとどっと降ってくれれば
 花粉は流されるのに

風ないな。。。。
  

Posted by 生田 at 10:27Comments(1)TrackBack(0)今日の日

2019年03月10日

雨の中の買い物

今日は天気予報よりも早く雨になった

そんな沢山のフリではないけど

これで花粉が少しは流れてくれないか


3時を回って

買い物に出た

家を出るのは4日ぶり

引きこもりジジイになっていた

これはイカンと

買い物に行ってきた

日曜日の雨

結構混んでたなぁ

皆さん夕飯のネタかな?



歩いたのは約2000歩
 水曜日12000歩
 木曜日    8歩(iPod touchつけてないから
 金曜日  800歩
 土曜日 データなし(iPod touchつけてないから
たまには歩かないといかんね
  

Posted by 生田 at 16:57Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月10日

今朝の庭

今朝の庭
咲き誇っているもの
これから咲くもの
何度めかの咲き誇り



桜の新芽
後半月かかるかな?




何度咲いたら気が済むのか
またまた満開に近くなった
ボケてんじゃねぇぞ



これだけたくさん咲いてます




キンメツゲの新芽です




木蓮の目も大きくなってきた
でも我が家の木蓮は
開くのがおそんですねぇ
日当たり悪いからなぁ




水仙です
日当たり悪いのに
頑張って咲いてます

  

Posted by 生田 at 11:24Comments(0)TrackBack(0)

2019年03月10日

3月10日 日曜日 曇り

昨夜は12時就寝
昨夜は薬を飲んでいたので
アルコールはシャットアウト
お投げでなかなか寝付けず
浅い眠りでウトウト

それに加えて
ものすごいクシャミ
半端でないクシャミ
おかげで寝不足気味

浅い眠りながら
明け方からはなんとか2時間はねたようで
目覚めは8時

後はいつもの生活
しかし、クシャミが加わる
鼻と口の境のところ
ここに炎症ができて
もう痛いのなんの

雨戸開けて庭を見たら
黄色い花が片隅でたくさん咲いている
水仙だ


  

Posted by 生田 at 10:46Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月09日

3月9日 土曜日 晴れ 微風

昨夜はドラマ見ていて寝たのが12時を回った
いつものようにブランデーを少し飲んで

熟睡
目覚めたのが6時少し前
目覚めの理由がいつもと違う
クシャミだ
花粉症がめちゃくちゃきつい

起き出して
薬を飲もうと思ったが
なにか腹に入れておかないとと
この際朝飯にしてしまえと
いつもは7時半ころに食べるのを
6時に食べたということに

薬飲んで
起きていてもしょうがないから
また寝床に入って
薬のせいで眠くなって

目が覚めたのが9時
ぐっすり寝ていた

起きたら
家内が「地震があったよ」って
時間調べたら1時過ぎ
寝入った直後で熟睡していた

我が家は地震対策で家具は柱に止めているから
がたがた音がしない
何でも雨戸などの建具がガタガタしたらしい

耳の聞こえない私は
その音も聞こえてない
それに揺れたことも知らない

このさき東南海地震が起きたら
昼間ならなんとか分かるが
夜に来られると何もわかんないなぁ

医者から言われている
あなたががんで死ぬよりも
他の病気で死ぬ可能性が高い


いやいや他の病気よりも
自身でやられそうだなぁ

地震が来るなら昼間にしてくれぇ
  

Posted by 生田 at 10:17Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月08日

十一面観音を彫る 24 骨折からの再開


 先月22日に右腕を骨折してしまった。水瓶を持つ左腕はかなり以前に骨折して、今は穂分離した状態で彫っているが、まさか右手まで骨折するとは思っていなかった。
 致し方ないので、接着剤で貼り付けて、これいするまでいじっていなかったが、今日久々にてを入れた。
 それはいいのだが、どうにも体のバランスが思っているのとちがう。何とかバランスをん整えようとしているのだが、だんだんマッチョになるばかりで、思う通りになってくれない。技術がないからどうしようもないあのは分かっているけど。。。。
 今日は、せめてスリムにしようと、脇、お尻、腕を結構削り落とした。でも、見た目わからんのだなぁ。大彫の時は即k¥変化がわかるけど、此処までくるとなかなかわからんもんです。
  

Posted by 生田 at 17:49Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2019年03月08日

3月8日 金曜日 晴れ

昨日はごくあたりめの時間11時半頃に
ブランデーを少し入れての就寝
目が覚めたのは7時
そのまま30分ほど寝ていた

8時前に起き出して
朝ドラ見て

それから朝飯食べて
済ますこと済ませて

9時半くらいから
彫刻のノミやら彫刻刀を30本くらい研ぎ出し
これは正直疲れる仕事なんです

ついでに包丁も研ぎ出ししておいて

1時半くらいかかった
砥石などを片付けたところで
台所の換気扇が汚い
これに気づいたので
分解して綺麗に洗って
フィルターも交換して

今は台所綺麗です

今日は昼から
木彫りをします
久々に十一面観音さんを
そろそろ顔をとは思えども
まだ転移が綺麗になってないので
そちらを先に

後回しに顔を先にすると
他をいじっているあ間に顔に傷がつくんでね

ということで
これからお昼です
  

Posted by 生田 at 11:52Comments(1)TrackBack(0)今日の日

2019年03月07日

円空仏 模刻の世界 笠松町慈眼寺 毘沙門天を彫る 9

今日は昨日の一日以上の病院のことで
かなりお疲れモードで
あんまりいろいろやりたくないなぁ
って思っていても
木彫りをしてしまったのだ

5月の展覧会出品作品
毘沙門天の顔を彫っていた


これで表情は大体終わり
頭の刻み込みを残している
残りは木彫りの回で仕上げとする


上は左横からのショット
目が開き尽くしてあるんだけど
そんなに怖くないなぁ って

でも
やっぱり正面は
似てきたなぁ

あぁイヤダ イヤダ

  

Posted by 生田 at 17:58Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2019年03月07日

3月7日 木曜日 晴れ

昨夜は雨になった
雨の中
娘が耳が聞こえなくなったことで
大病院の救急に飛び込んだ

結果は中耳炎という診断だったが
可能でもすればまた先の話になる

家に帰ったのが11時半
それから風呂に入って寝たのが2時近かった
おかげで今日は
7時に目覚めたものの眠くてまた床に
最終的に9時の起床

起きたら外は晴れ
太陽がさんさんと輝いている
目にきつい

花粉症の症状が最高のところに来たか?
まだきつくなるか?
ここ数年軽く済んでいただけに
今年はかなりきつく感じる

後2ヶ月あるなぁ
こんなストレス背負っていたくないのに
  

Posted by 生田 at 10:29Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月06日

大学病院から帰還 結果は・・・・

今日は朝から名古屋大学病院で
先日った耳のMRIの結果を聞きに行ってきた

診察室に入ったのは
予約時間よりも早かったのだが
診察に入って問診というか
前回の診察のときから
3ヶ月間にあったことを話して
 発熱と聴力低下を訴えたら
 聴力検査をしておこうかと
この検査だけで1時間半待って
 それからまた診察室に呼ばれるまで待って

色々話。。。
 結論は「耳鼻咽喉科の範疇を超えている」
 MRIに写っていたのは
  内耳の周りの炎症
  リンパ液が溜まっている
昨年末の発熱の原因もわかっていないと
 いう話などしたり。。。

そういった発熱の原因を追求する
 これが先にやらねばならないこと
 と言い渡された

行く認可の医師が発熱の原因を診断できていないので
 その各医院から”総合診療科”に紹介状を書いてもらう
 当方法もあるだろうと

で、かかりつけの医師に関しては
 名大病院へ紹介状を書いた医院は拒否した
 ここへも出されても進展のないのはわかっているから
  この際、”うつ”の診断を下された経緯の話などもして・・

それで別の病院に紹介状を書いてもらうことにした
 先月だったかに講演を聞いた耳鼻科の先生の病院に
 紹介状を書いてもらった

そしてMRIのCDを焼いてもらったり
 紹介状を書いてもらったりで
 2時間かかるとうことで
  その間に栄に出て買い物をしてきた

病院に戻って
 紹介状とCDを受け取って
 家に帰り着いたのが4時45分

ざっと8時間の往復でした

で、
今回は結果は耳鼻科の問題は現状維持
 何もできないままとなった
まぁ、新しい医師の紹介を受けるだけ進展
 それに内助の周辺のリンパ浮腫が原因ではないかと
 それがわかっただけでも進展かな
それと
 とにかくここのところの原因不明の
 発熱の原因をなんとか突き止めてもらう
 それをどこでしてもらうか
  この最後の問題は
  友人の石との相談だなぁ。。。。

それにしても
 脳腫瘍やらなんたら
 別の重病の宣告がなかっただけでも幸いだと思う

次の病院へは
 ついさっき電話をした
 予約せでない病院だけど
  相談したことがあるということで
  次週の某日に午前中の最後の診察に見てもらうことになった  

Posted by 生田 at 17:46Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月06日

今日は大学病院に

この記事は前日(3月5日)に書いてます


今日は、午前中名古屋大学病院で耳鼻咽喉科の診察です
診察といっても
先月撮った造影祭入りのMRIの診断結果を聞きます

この診察
初診は12月6日
それからなんと3ヶ月経ってやっと本診察です

MRIの撮影を入院してやってれば一月早く終わってるんですが
入院すればそれだけかねかかるし
命に関わる斧でないと思っているから
まぁイッカということでこんなのんびりしたこtになっている

耳鼻咽喉科
つまり今回は耳の話です
特殊難聴を抱えてもう7年
補聴器を作って6年
いっとき張力は回復したものの
 (こんなことはありえないと担当医はいったが)
それが一昨年8月の熱中症で
 完全におかしくなった
 聴力ががくんと落ちてしまったのだ
そして錯塩8月の発熱でまたおかしくなって
 更に12月の発熱でまたまたおかしくなった

12月の発熱の前に
 名古屋大学病院に紹介してもらって
 診察を受けた
いろいろ問診と聴力検査で
 どうもな字に問題がありそうだから
 精密検査をしましょうと
  造影剤入りのMRIと相成った

その結果が今日聞けるのだが
 一体どんな結果を聞かされるのか?
 
帰ってきて
 また報告します  

Posted by 生田 at 08:50Comments(0)TrackBack(0)自分の健康

2019年03月05日

円空仏 模刻の世界 笠松町慈眼寺 毘沙門天を彫る 8

昨日はうっかり回数を飛ばして
花粉症で涙涙で彫って
疲れたと書いただけだった
それでその分をリブログして
その下に
今日の分を



今日は顔を彫り込んだだけ
と言っても4時間近く彫っていたんで
顔の形にはなった
でもなぁ
向かって左
右頬が膨らみすぎてるし
頭の天辺 左右の高さ違うし

それに 自分の顔見ているみたいで




後ろに5年くらい前に掘ったのが
顔出ししてます

  

Posted by 生田 at 17:13Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2019年03月05日

3月5日 火曜日 晴れ 快晴かな?

夜中3度の目覚め
腹の調子もあるけど
くしゃみが・・・・・
とんでもなくクシャミが出て
もうその声?音? とんでもなくでかい

家内の睡眠の邪魔をしてしまった
おかげで寝不足

朝飯食べたけど
眠いなぁ

ここのところ
病院ネタがない
末期がんの割には
とんでもなく歩く旅行に行ったり
その思い出を1週間かけて連載したり
病気なんてどこにいった?

明日は久々に病院ネタが

明日名古屋大学病院で
先月撮った
耳の詳細、造影剤入りのMRI
その結果の診断を受けに行く

今、私の耳は
補聴器ない状態
静寂の世界でこれを書いている

あさイチ を見ているけど
字幕が遅れるので
何の役にも立たない
何やっているんだか。。。。

さて
朝の薬飲んで
今日も一日
何しよっかなぁ???
  

Posted by 生田 at 08:42Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月04日

孫と行く箱根旅行 12(最終回)箱根神社 三島スカイウォーク

元箱根のまちなか
 海賊船の乗船場とバスターミナル
 バス待ちの観光客が何本も行列を作っている
そんな中を大鳥居からまた湖岸に戻った


入港した海賊船をやり過ごして


目指すは最後の目的「箱根神社」
 芦ノ湖の湖岸をグルっと回っていく 
 向こうに見えている赤い鳥居だ
残り時間はもう後1時間

左の画像は箱根ではありません

私がせっせと歩いている間に
 孫と妻は三島の巨大吊橋「三島スカイウォーク」です
 箱根からバスで30分位らしい

あぁ画像は、孫のショットした吊橋
 残念ながら富士山は全く見えなかったって
 でも、箸の雄大さに感激していた



孫たちも富士山見えてないけど
 こっちも曇っていて富士山なんて。。。。。
湖岸を頑張って歩いて
 神社の入口に向かいます
 もう階段上がる元気があまりないから
 道路に出て坂を上がろうと。。


振り返れば元箱根の町が
 結構遠く感じる
 これまた帰らねばならないのだ


さてこの階段から箱根神社の境内
 ここで一息
 もう喉がカラカラ
 ペットボトルの水を沢山のんだなぁ

ウワァ この境内も杉の木がいっぱいだぁ
でも進まねば本殿に行けないもんなぁ
 頑張れ 頑張れ 頑張れ


 本殿に上がる階段の下に来ました
見上げて、しばし思案
 上がれるかなぁ????
 でも上がらないとなぁ。。。。
 全部は無理だなぁ
  坂はないか?坂はないか?
坂ありました
 左側に
 坂を登り始めた
上下真ん中くらいから階段に戻って
 頑張って上がった。。。




本殿で珍しくお賽銭入れて
 旅の無事のお礼を言って
 さぁ戻ります

本殿は人多かったなぁ
 漢字を喋る人も多く
 ちょいとマナーがね
  でもどうして小学校みたいのがいるんだ?
  うるさかったぞ

これで一人旅の目的は全て終わった
 さて元箱根のバスターミナルに戻らねば
 本殿からは階段ではなく坂を降りました
  もう階段の元気ない

本当は休みたい
 昼飯も食べてないから
 腹も減っている
  元箱根にラーメンと書いたのぼり旗があった
 時間さえあれば入って食べながら休みたい

重い足を引きずるようにして
 バスターミナルに来た
 ラーメンは食べている時間なさそう
 船着き場の売電で
  ホットドッグとコーヒーをオーダー
 食べようとしていたら
  孫からメール
 元箱根のバスターミナルにいろ と
 
返信して
 食べ始めたら
 私を探して船着き場に
 
もう座って食べてられない
 急いで口に放り込みながらバスの行列に並ぶ
 このバスに乗らないと
  小田原からのひかりに乗れないのだ。。。。

なんとか乗って、座ることもできて
 急行バスで箱根湯本に



箱根湯本でロマンスカーをショット
 歩きながらです


そして小田急で小田原に
小田原で30分位の余裕
 お土産買って。。。。

なんとか目標の16時8分のひかりに乗車
 後は家に変えるだけ

名古屋駅で孫と別れて

 旅行終わったぁ

いい思い出ができました
 でも、孫には ジジババンボおもりが
  まるで拷問ようだったかもなぁ。。。  

Posted by 生田 at 17:52Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年03月04日

木彫りで疲れたぁ

5月に展覧会がある
それに向けての作品制作
よせばいいのに50センチもあるのを作っている

いくら円空仏だからって
簡単にはいかんのだなぁ

円空さんって
大雑把に見えるけど
結構繊細に彫っているだよね
だから気が抜けないんだ

きょうは毘沙門さんを
衣の模様を入れて、顔を彫り始めた
後半月くらいかかる

毎日彫れば3日くらいだけど >br clear=all>

朝10時過ぎから始めて
昼休み40分位
それから4時近くまで

疲れたよぉ

だって
涙涙だったもんな
  

Posted by 生田 at 16:20Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2019年03月04日

3月4日 月曜日 雨から晴れに

昨夜はぐっすり とはいかなかった
4時ころに突然の腹痛
薬のせいだ

寝床に戻ってウニウニ
次に目が覚めたのは7時前
まだウニウニ

本当に目が覚めたのは9時少し前
まだ旅の疲れが抜けきっていない

外は起きたときは雨だった
いまは
太陽が顔だしている

花粉が半端でないみたいで
起きてからもう涙涙
鼻も涙涙

目を洗って目薬して
まだかゆい

今日はどうなることか。。。
  

Posted by 生田 at 10:09Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月03日

孫と行く箱根旅行 11 箱根恩賜公園〜湖岸。東海道〜元箱根

孫と妻は箱根町港からバスに乗って
 三島のつり橋を見に行っている
 高所恐怖症の私はその時間を箱根神社に詣ると
  箱根町から元箱根経由で箱根神社を目指して歩いている

箱根の関所の高い見晴らし台に上って
 もう足はパンパン
 でもここで音を上げるわけにはいかない
  孫はいないのダァ。。。。助けてもらえないのダァ


墓尾根の関所の資料館を抜けて
 数段の階段を上ると、そこに広い駐車場がある
 箱根恩賜公園という出島のようなところが公園になっていて
 ちょとした小山になっている
 そこの高いところに行くと芦ノ湖が綺麗に見えるらしい

画像はその恩賜公園の入り口
 公園に入るのは無料のようだが
 公園の前の案内地図を見て(何故か写真を撮り忘れている)


  しょうがないので公園の公式HPから地図をお借りしました

この地図に行くつかの階段が書かれています
 案内用の地図ではその階段の段数が書き込まれていたのです
 それを見て「Oh No」と両手を広げて・・・
  横で外国人の男性が あ呆れ顔で見てました

ここ上っていたら
 箱根神社は無理と判断して諦めたのです



上がるのをきらめて中の植木が綺麗に手入れさているのを見ながら元箱根に向かいました


関所のおばちゃんのオススメは
 恩賜公園の横をまっすぐ行く杉並木です
 ところが私は極度の花粉症
  前日、箱根湯本で目と鼻をやられて以来もう涙涙
 この時は風邪薬のおかげで鼻水は収まって入るものの
  できれば杉並木は避けたい
 ということで駐車場から右の国道1号線に出ました
 
バス停もあるようですが、この際バスは無視です


国道1号線に出たものの
 左には例の杉並木が続いてます
 中を歩くよりは多少ましたかと思いながら


杉並木の途切れたところに降りてのショットです
 この中を歩かなくてよかったと
 まぁよく時代劇に出てくる杉並木ですが・・・・・


 その杉並木の切れたところで、
  1号線を離れて
  湖岸に近い方の道を歩き始めました

 上の画像はその途中で見つけたもの
  自然のものから人が手をかけて
   それがまた自然によって作られたオブジェですね


前のオブジェから少し行ったところで
 枯れアジサイが続いてました
  ちょっとだけショット
  これもいい味だなぁって。。。


そして少し進んだところで
 箱根・芦ノ湖でよく写真などで見かける風景
  湖岸の赤い鳥居が見えてきました
 そこまで歩くんだと
  ちょいと気が重くなったんですが。…。



 その先に画像のよう建物が
  何かの営業をしているようですが
  廃墟にも見えないことはない
 むかしは繁盛していたのだろうか?


やっと湖岸に出ました
 ここまで歩きっぱなしで
 この時はたまたま日が射していた
  結構汗をかいていたので
  着ているセータを脱ごうと
  湖岸の階段で一休み

 ここで遊んでいた2匹のワンちゃんに
  なぜかまた見つめられてしまったのだ。…。どうも仲間と思っているようだ


ワンちゃん達に、飼い主さんにも別れを告げ
 湖岸を歩きます
 赤い鳥居と行列が見えました
  行列はバスに乗る人の塊です
 ここはバスターミナルと海賊船の乗船場でもある


バスターミナルを通り抜け1号線に
 この赤い鳥居の先に箱根神社が
 鳥居を抜けないで右に行くと御殿場のようです


鳥居からまた湖岸に戻ります
 海賊船が着くところでした・・・

それを眺めつつ
 湖岸を箱根神社に向かいます


さて、次回は箱根神社です
 
  

Posted by 生田 at 15:53Comments(0)TrackBack(0)庭の花など

2019年03月03日

孫と行く箱根旅行 10 箱根の関所


ここが箱根町から元箱根に向かう時
 国道1号線から本当の東海道に分かれるところ
  ここでどっちにこか迷ってのはアホの私です


その迷ったところから正式な東海道に戻って
 関所に向かって歩き始めた
観光客いませんね
 今はお昼時、みなさん昼食でしょうか?
私にはありがたいことです
 写真撮っても人があまり写らないので


関所の入り口まで来ました
 ここで関所の関所があります
 ”見学券”という入場券を買い求めます
箱根周遊のフリーパスを持っているので
 料金はちょっとだけ安くなります
  100円だったかな?
 フリーパスがないときは
  駅などにある案内冊子についているクーポン券を使うと
  同じ割引をしてもらえるみたい
 あぁここで通行手形をもらえます
  でかいので結構ジャマになりました


関所の門を入る手前(入ってからだったかな?)の左側の景色です
 芦ノ湖を見ているのですが・・
 ふと広重の版画を思い浮かべました あっても良さそう


門を入るとおじさんがいて
 まずメインの建物の売れにいけ
  次に表側を見ろ
  その次に丘の上に上がれ
  その次に先にある資料館へ行け
 とご案内です
で、一番最初に見学したところが
 関所の裏側の賄いのところ


色々賄い 食事、風呂場などなど みて
 表に出たら
 槍が置いてある
  変なやつ、怪しい奴はこれで刺されそう
 江戸時代に来ていたら 
  私は怪しい奴だろうな
   まぁ、もっと関所なんて通るか・・・・


これが”通行改”ですね
 別にここで通行改を見せる必要はないです
 やってもいいけど、周りから変な目で見られるだけ


 通行改の正面の丘の上に見張り場所があるようです
 階段60数段を上がらねばならない
  きついよなぁ
  さっきのおじさんに
   「上に行ったら国道に出ない_」って聞いたら
   「出ないよ」って
  でも、見晴らしいいよって
   それに階段の徒衆上の方は「江戸時代のまま」だって
   そんなどうでもいいわ
でも、景色みたかったから、喘ぎながら登りました


登ってきてよかったよ
 登りきったところから関所を見下ろしてます
 天気さえ良ければすごくいい景色だろうなぁ。。。 残念


 登ってきたのはいいけど、登ったら下りなければならない
 これが下りていかねばならない階段
  これを登ってきたんだけど・・・
 誰も助けてくれないから
  手すりに掴まりながら体を横に向けて
  1段1段下りて行きました
他の観光客に迷惑かけまいた ごめんなさい


下りたところにおばちゃんがいて
 この先左に資料館がある
  その先は杉並木の道になっているので
  そこが東海道だから、そこを歩くといいよ
 って、教えてくれたんだけど
杉並木、私にはご法度だよ
 ちょいと思案。。。。。。。

画像は東海道と資料館へ行く道の分かれ道
 前を黒いスタイルの人が歩いている
 分かれ道で思案していた外国人
 説明文読んで東海道を選んだみたい


まぁとりあえず資料館へ向かいます
 左に芦ノ湖です


これが資料館の入り口
 通行手形があるのでそのまま入れます
 中は私の興味のないものだったなぁ。.。
  外国の人向けの説明文ないよ
  パアンフレットは外国語あるって行ってたけど


資料館の前の広場から芦ノ湖を見ています
 ここで若いカップルと会話
  「せっかくきたのに富士山見えないねぇ」
  「ええ。でもいいのいつも見ているから」って女性が
 甲府からおいでのカップルでした
こういう会話は旅の楽しみ



この画像はその会話をしたところからの
 べつ角度のものです

さて、この先「箱根恩賜公園」を抜けて東海道を元箱根に向かいます  

Posted by 生田 at 13:15Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年03月03日

孫と行く箱根旅行 9 箱根町・港

孫と出かけた箱根旅行
 もう6日経ってしまった
 早く旅行記を書かねいと頭の中から情景が消えていく
  でも、打ち込みがついていかない。。。。
なとか頑張って書こう



富士山の見えない芦ノ湖をきたから南に縦断
一番南の箱根町港についた
ここで孫とひとまず別れる
 孫と妻は三島のつり橋を見にいくのだ
私は高所恐怖症だから
 囲いのないつり橋はパス
と言うことで私は芦ノ湖の湖岸を元箱根まで行きます
 そして最終目的地は”時箱根神社”です

上の画像の真ん中に孫が写ってます


この箱根町は
 大学箱根駅伝の往路終点、復路出発点の場所
 この写真のあたりがゴールかな?
 道路は国道1号線


港とバスターミナルのある横に
 駅伝ミュージアムがある
 もう少し立派なものでいいような気がするが
  なんとも。。。。。。
 今回は見えいる暇はない
  これから2時間半で箱根神社まで行き
  元箱根のバスターミナルに行っていなければいけない
元箱根まで、歩いて25分くらいと聞いたが
 今の私にはそれでは無理だろうし
 それに「箱根の関所」を見ることにしているから
 結構時間がかかると思う
 バスに乗れば楽かもしれないが
  バスなんてのは時間をあてにできないし。。。



元箱根に向かって歩き始めた
 この時、孫と妻は昼飯を食べにどこかに入ったようだ
それを横目にして元箱根に向かった

歩き始めてバスタ^見なるを過ぎてちょっと行ったところで
 上の画像の建物が
  グレーの窓のない煙突のあると言うことで
  一瞬、火葬場と思ったものだがホテルだそうな(ごめんなさい)


ホテルを過ぎると上の画像
 道の駅のように見えたけど
 そんな一面もあるのかもしれないけど
 どうも観光船の乗り場のようだな



その観光船の乗り場をしぎて
 少し坂になっているところを元箱根に向かっている
 箱根の関所がどのくらい先にあるのか全くわからない
 だからバスに乗れないのだ

しばらく周りを見ながら
 そう 観光客は歩いてないんだよなぁ
 いやいや たまにいるけど日本人ではないよ
 歩いているのは外国の若い人くらい
  日本人の年寄りなんて歩かないのかな?

画層のところにに「箱根関所」と書かれたものが
 1号線は緩いカーブだけど直進ね
 ここで迷った、関所の入り口どこ?

わかんない
 分かれ道で確かめればいいものを
 疲れていた頭にはそんなことも思いつかなかったようで
 とりあえず「箱根の書籍」と書いたところの後ろに回った
  そこは駐車場
  タクシー使って観光している人
  自家用車で来ている人の車を停めるとこらしい
ここで気づいた
 分かれ道を左にいくのだと

***
 この先にも色々と思った
 観光客が多い割には、案内板の少ないこと
  特に方向を示すものが少ない
 歩いて回ることを想定していないのか?
  
 しかし、この先の東海道は歩くように整備されている
 でも、その歩行者の思いとは違うような気がする
 特に外国人は結構歩いているようにも思うのだ
   

Posted by 生田 at 11:52Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年03月03日

我が家の雛人形




3月3日は ひな祭り

我が家には

雛壇はありません

私の母親が

孫(私の娘)に買ってくれた

立ち雛がありますが

それは出してない

もう何年顔見てないかな?

その代わりに

玄関に写真のものが置いてある

これは私の作ったもの


雛人形は3月3日のひな祭りが終わったら
即片付けないと「お嫁にいけない」と
そんな話が横行している

私が嫁にはいかないが
家内がまだ嫁に行く可能性あるけど
この歳になって嫁に行くとなると
阿弥陀さんとこに行きかねないので
嫁に行かないようにと片付けしないのだ

そして
いるも、祈っている
家族みんなの健康を

  

Posted by 生田 at 10:35Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月03日

19年3月3日 日曜日 曇り

花粉症がだんだんひどくなってきている
今年は完全に目をやられている
鼻はこれからのようだ
幸い喉は荒れていないので
 呼吸に問題はないが。。。

目のかゆみは過去に経験したことのない
 とにかくかゆい
 
なんとか風邪薬でしのいでいるが


雨がどっと降ってほしい
花粉を流してほしい

  

Posted by 生田 at 09:14Comments(0)TrackBack(0)今日の日

2019年03月02日

円空仏 模刻の世界 笠松町慈眼寺 毘沙門天を彫る 7

確定申告やら箱根旅行で2週間全く手をかけることがなかった
昨日3月1日は恒例の円空の会の日
ここで2週間の遅れを取り戻さんとかなり彫り込んだ
 下はぜんかいほりおえRたところのもの胴体にかなり彫り込みがある大和が買ってもらえると思う




 この毘沙門天は、5月の円空仏の会の名古屋あの合同展に出品する予定なのだ



  

Posted by 生田 at 17:27Comments(0)TrackBack(0)趣味の木彫り

2019年03月02日

孫と行く箱根旅行 8 大涌谷〜桃源台〜芦ノ湖

いそいでロープウェイに乗ります。

何故そんなに急いだのか?
 実は、朝になって、孫が「三島のつり橋を見に行く」といだした
 どうも前日パンフレットを見て行ってつり橋のあるのに気づいて
 どうしても見たいと
私は高所恐怖症なのでパスする
 でも箱根町港までは一緒に行く
 三島の橋見て、小田原から新幹線で帰るとなると
 箱根町港とつり橋の往復の時間の余裕は2時間半しかない
  だから少しでも早い船に乗りたいのだ

乗ってしまえばあなんともならない
 中で走っても歩いてもとんでも急がない
 のんびり下っていくゴンドラに揺られて・・・
其の揺られてだが
 ここのゴンドラは左右別々の2本のロープでつられている
 だから1本のよりも揺れないのだな。.。


ゴンドラに乗って後ろを振り返ってのショット
 硫黄の煙が南(多分)に流れている
 先日とは違うねぇ


ゴンドラのすれ違いです


ゴンドラから下っていく真正面を見ています
 天気が良ければ目の前に富士山が
 本当に雨男のせいでごめんなさい >晴れ男の孫に


左下に芦ノ湖が見えてきました
 もうじき下、桃源台の駅に着きます


ゴンドラが着く少し前に
 船は出て行ってしまいあmした。。。.。
 この次は30分くらい後になる
  これで時間的な余裕はなくなってしまった



この階段の下が海賊船の乗り場です
 中程にレストランがあります
 レストランに行って食事?
  いや朝しっかりと食べているので飲み物だけにして
  次の船を待ちます


階段を背にすると、宮目物などを売る売店があります


乗船予定の海賊船が入港しました


海賊船にのあるために船着き場に
 左には豪華版の皆瀬苦戦がいます
 アレは見るための船かいな?乗ってしまえばわかんない・・・


船は私たちの急ぐことには関係なくゆっくりを箱根町港に向かってます
このがそうの山の低いところあたりに
 本当なら富士山が見えてもいいはずなんだとか。.。.。(チクショウ)



侵攻方向右岸(西・富士山側)の景色です
 桜の木なのかな?だとすれば後ひと月半くらいしてからくると
 桜の景色なんだろうなぁ。.。


最後の画像は、侵攻方向の後ろ側
 高い山は箱根駒ケ岳かな???

 多分、案内が流れていると思うけど
 私の耳には何の聞こえていない
  こう言う時は本当に悲しいけどね。。。

  

Posted by 生田 at 16:21Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2019年03月02日

孫と行く箱根旅行 7 ホテル〜大涌谷

孫と妻と私の3人の箱根旅行の2日目
前日の疲れなんて言っておれない
 今日はもっと強行軍になりそうだから
朝食は7時半からだが
 その前に孫が温泉に浸かると出て行った
  これで温泉に浸かるの3回目(ひょっとしたら4回目かも)
帰ってくるのを朝ドラ見ながら待って
 8時少し過ぎに朝食を食べに行った

私たちは別館なので
 朝食のレストランの本館まで移動する
 風呂も本館で移動がほんと面倒だ


レストランは和食洋食両方用意されていて
 セルフサービスのバイキング
 私は最初日本食を選らんだが
  どうにも落ち着かないので洋食の方も少し
なんと孫は日本食を美味しそうに食べている
 私が一番食べた?確かに品数だけはなぁ。。

上の画像は座った席からの光景で
 上下真ん中あたりに右肩上がりの
  ケーブルカーの線路が見えている
  結構急なところだとわかると思う


朝食を終えて
 一休みして10時少し過ぎのケーブルカーに乗ろうと
 フロントでチェックアウトの手続きをした
駅まで送ってもらおうと依頼して
 玄関の外で待つ
 その間に玄関から周りをショット
玄関周りも坂の上り下りがきついとわかる
 
 右下角に送迎用のワンボックスが待っている


これが玄関のドアの上の飾り
 私が写らないようにと上だけ

バスの出発時刻になったので乗り込んだ
 駅まで来たところで降りるつもりだったが
 運転手さんが
  「このまま早雲山の駅まで送ります」と
 うわぁ助かったヨォ
  早雲山の駅であのきつい階段を上らなくて済むから

バスは、周辺のホテル街の細い道を早雲山の駅まで走っていく
 ケーブルカーとは違った景色が見えて
 本当にありがたかった
 それにもう一つ
  送ってもらえたおかげで
  かなり早いバスにの乗れたので
 この先の皇帝にかなり余裕が出た
  と、その時は思ったのだが。。

送ってもらったのは
 早雲山の駅の代行バスの降車場
 そこから代行バスの乗車場まで降りて
  乗車の列に並んでいないので
  列に並ぶ先頭のところの係に
   バスに乗っていいかと聞いてOKをもらって
   バスに乗った
そして前の日と同じように代行バスで
 大涌谷まで移動した

 前日と違ってバスの中で硫黄臭がしていた


バスを降りたところで富士山の反対側を見ている
 真ん中少し左に黄色いものが見えるけど
  それが孫です 身長175位ある


今日の富士山はと振り返った
 見えないと思っていても
 見えて欲しいと思う気持ちがそうさせるのだ
  案の定なんも見えないわ・・・・・
 前日に見ていてよかったヨォ


硫黄の煙は前日世は風が違うので右に流れている
 このおかげで硫黄臭がするようだ
 
右前方に建物が見えるけど
 前日ここまで行った時に”黒たまご”はと探したが売っていなかった
 ここでは買えないだろうと思の
  ご本家は今巻いている背中側の黒石大きな黒卵の石のあるところです


先日孫にたしなめられて買わなかった
 ”お土産”用の黒卵を妻が買いに行っている
 その間に私は硫黄の煙の動画を撮りに行った

取っている最中に
 孫が「急いで」と声を変えてきた
 ロープウェイの先の桃源台からの船の時間あるからと
 おかげでまともな動画にならなかったのだ

急いでロープウェイの駅に向かった
 そしてエレベーターで上がってロープウェイに乗りました。  

Posted by 生田 at 15:12Comments(0)TrackBack(0)
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE