2007年11月22日

天竜川の龍神? 07紅葉の旅 5

 辰野から岡谷に向けて入ってきた県道。ここの両側は非常にきれいな紅葉だ。交通量が思いのほか多いので、見とれていると事故を起しそうなので、思いついたところで車を止める。


地図はこちら

 左に川が流れ、また車を止めることもできることに来た。思わず車を止める。車を降りて下を見ると流れる川に山の紅葉が写っている。それに、『龍神』と書いた鳥居まである。何か天竜川の因縁を見たような気がしたものだ。

 ここは、川をせき止め、農業用水に導水しているところではないかと思う。空も霧が晴れ、山の紅葉も映えてきている。しばし眺めて、車に戻りまたひたすら岡谷に向けて走り出す。

 この場所から少し行ったところで『川岸』という知名に出会った。この辺りが昨年の豪雨で土砂崩れしたところだと思う。県道はそんな被害もなかったと記憶しているが、確かに山の斜面はきついかも知れない。(実は、この地名を記憶しているのは、某社のお偉い方のご実家が近くにあるからだ。)

 川岸という地名を越えるとだんだん家並みが込んでくる。そして道は中央線をくぐり、前方上方に長野自動車道の高架橋を見ることになる。もう岡谷、諏訪湖は寸前だ。

 高架橋をくぐるとすぐJR中央線の岡谷駅の入り口に来た。20号線を目指しているのだからと駅を通り越して和田峠に向かう方向に道をとったのだが、やはり諏訪湖を見るべきだろうと、途中から湖岸に向かうことにした。そのために余計な距離を走ってしまったことになる。駅前から裏道を通ればちょいと近かったのに。

 駅前の大きなビルの谷間を通過して諏訪湖が見えるところに来た。このまま進めば西岸を走ることになり、20号線が遠くなる。そこで橋の手前を左折して湖岸周回道路に入った。目の前には諏訪湖そして噴水が上がっている。



 道を左折した直後に見えた噴水は、下諏訪の間欠泉が吹き上がっているのかと一瞬錯覚した。よく見えるところへ来てみれば、周りに小さい吹き上がりがあり、明らかに間欠泉とは違ったものだ。

 公園の駐車場に車を止めて、一息つくことにした。
 ここは、諏訪湖の水の天竜川への流れを調節している水門のようだ。

**
 諏訪湖は、山から流れ込む水を流すことが出来るのは天竜川だけで、この水門で調節しないと、下流は頻繁に洪水に見舞われることになるらしい。いわば、この諏訪湖は一種のダムといえるのかもしれない。
**


***
 次回は、諏訪湖の湖岸を上諏訪に向けて走ります。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE