2009年05月21日

初めての川越市(埼玉県) 8

 お寺を出てもとのお菓子屋さんの通りに戻った。少し北に行くと西に入る道があり、ここも駄菓子屋さんがたくさん並んでいる。観光客が、麩菓子みたいな大きな菓子をたくさん袋に入れて歩いている。いまどきは、こうしたものを売っているところが少ないのだろうな。
 それを横目に見て通りを突っ切って、バス通りに出たところを左折して西に向かう。橋の手前で左折するとお寺がある。
 左の写真は、その寺に入った正面にある阿弥陀仏だ。この寺は浄土宗の寺。前にも浄土宗の寺があったが、ここも浄土宗。川越では浄土真宗系の寺に当たらなかった。
 ネット検索で知ったことは、川越は交通の要所であったことで、幕府の管轄下にあったようだ。ということは徳川家の援助を受けていた浄土宗が主たる宗派だったのかもしれない。
 『川越城』という城があり碁盤の目に区画整理されているところを見ると、このあたりに寺が多いのは、ひょっとしたら『寺町』としてまとめられているのかもしれない。
 この寺の阿弥陀仏の周りはこのあたりの住民、檀家さんの墓と思われるものがたくさんある墓地になっている。
 右の写真は、境内にある法然上人幼少(「勢至丸」)の姿だそうです。京都・知恩院の幼稚園にもこんなのありました。孫の行っていた幼稚園には教室に「勢至丸」の額がありました。)
 この寺には、私のほか誰も来ていないよ。

 寺を出て地図を見るとバス通りの北側にもいくつかの寺がある。バス通りを渡って北に上がってみた。寺はあったのだが、どうも私が思い描く寺とは違って、どこも中に入るのを拒否しているかのように思える。写真もたいしたことはないので割愛。
 地図ではこれの東に少し大きな寺がある。ところがその寺(広済寺)に抜ける道が分からない。しょうがないのでバス通りに戻って『札の辻』に戻り北上し、そのままいけばいいものを知らないから寺の裏に回ってしまったらこれまた入り口がなくって一回りすることに。知らない土地は疲れる。


 この寺の中に鳥居がある。どうもこの川越の町は、神仏混淆の名残があちこちにあるのかもしれない。明治の神仏の分離政策に巻き込まれなかったというのだろうか?


 門の右手に縄でぐるぐる巻きにされた石仏がる。名前を「しわぶきばば」というのだそうで、何でも縄で縛って願をかけると、呼吸器系の病気に効果があるということです。呼吸器系疾患を抱える私としては、是非とも縄を巻きたかったが、残念持ってないよぉ。


 こうして、いくつか寺を見ながら肝心な、一番見なければいけない『喜多院』を見ないで帰ってきてしまった。もったいないねぇ、おばかな私。
 突然に行きたくなるものではないですなぁ。。。



**
 『寺町』は、京都の『寺町筋』が有名だが、これは私の知るところでは、都市計画の好きだった豊臣秀吉が聚楽第を城として京都を区画整理したときに形成したり、大阪城築城に際して寺町通りに寺を集めいているが、江戸時代になって城下町を作る際には手本とされたもののようで、いろんな城下町の多くに取り入れられている。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 15人
QRコード
QRCODE