2009年03月30日

五木寛之・親鸞 法然批判

 五木寛之氏の連載小説『親鸞』は目下 吉水草庵で親鸞と法然が対面している。

 **ここで書く『批判』とは、学者の間での論文の評価をするときの用語のようなもの。けなす意味での批判ではない。**
 
 ここで親鸞は、法然教えは危険であると説いている。
 確かに、法然の教えは、当時では危険極まりない教えである。法然が認めたように、法然自身の中の矛盾を突いていると書いているが、正直法然の教えは、そこまでぶれていたのだろうか?私は、五木氏と宗教観が違うせいからかも知れないが、そうは思っていない。法然の教えは、ぶれているのではなく、説く相手により話し方が異なるのでぶれているように思えるかもしれない。(『方便』という見方。しかし、それは、釈迦の説く話そのものにもあることだと思っている私である。)

 念仏(正式には『称名念仏』かな?)は、仏説無量寿経の第18番の願を特に取り上げて説いている。法像菩薩が悟りを開いて阿弥陀如来になったときの四八願のうちの十八番。法然の気持ちの中にぶれが有れば、これだけとはいえないと私は思っているが。。。

 実は、法然の説く教えの危険性は、誤解を名招く恐れが有るという点では、確かにそのとおり。法然の説く教え、それを危険と説いた場合には、親鸞が小説の中で法然に向かって話した『女犯偈夢告』の方がもっと危険なはずなのだ。しかし五木親鸞にはそのことが触れられていない。これから触れるというとなると疑問を感じるのだ。自分の体験した(危険な)話を先にしたうえで、法然の教えを危険と後に言うのは、私ならば耐えられない。

 自力・他力の話は、私は非常に単純に考えている。
 浄土に生まれるために、一生懸命修行して、考えて、善を積んでという立場の自力の人と、阿弥陀さんの力で浄土に迎えてもらおうと思う他力の人。ということではなく、仏説・無量寿経の法像菩薩が阿弥陀如来になるための四八願は、法像菩薩が阿弥陀如来となった(悟りを開いた)のだから、それは全ての願が成就したことを示している。ならば、人は誰でもみな(どうも一部除外されるものがあるようだが)浄土に迎えられるはずなのだと。他力、自力を云々する必要はあるのかと思っているのだ。(これを他力といわれてしまうとどうしようもないけど)
 多分に、お叱りを頂戴する考えだろうと思う。この考えで行くと、宗教団体の意味がなくなりそうだから。

 こうした、観点に立っている私なので、小説の中に出てくるものにどうしても違和感を感じざるを得ないのだ。
 一番違和感を感じているのが、親鸞の女性観なんだけど。目下、吉水草庵にいるということは、もう赤山明神の逸話は出てこないだろう。その代わりに葛城山の女が出てきたのかもしれないが、『玉日』という親鸞にとって切り離せないキーワードがか無視されてしまっているところが、このまま行くと最後まで違和感を引きずることになると思う。

 宗教の教えって、私には矛盾がいっぱいなような気ががしている。でも、信仰は、人それぞれです。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
私は不勉強なので、極力単純に考えておりますが・・・と言うか、そうしかとらえきれない
程不勉強なのですが・・・(笑)。

教えに矛盾が多々存在していて、受け取り手である混沌とした世界に住む私を始めとする圧倒的な「愚かなる者」が曲解を繰り返して・・・

でも、そんな情けない私にも救いの手を差し伸べて頂けるのだとしたら・・・

私はただ手を合せて涙を流すばかりであります。

仕事にあけくれて、学ぶ事から離れておりましたが、あらためて宗教感について一から
私も考え直してみたいと感じております。
Posted by kin147 at 2009年03月30日 23:16
宗教は、人それぞれの問題で、他人様が否定するものではないとも浮けど。
私は、五木さんの宗教観を否定するつもりは無い。
でも、私の親鸞感とは、かなり違うということだけです。
私の親鸞感は、このブログの左上のつたない書き物「親鸞と真佛」に出ていると思います。
Posted by 生田生田 at 2009年03月30日 23:33
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE