2018年10月31日

うつ の診断 と ホルモン療法・前立腺がん

昨日 耳鼻科でアンケートに答えたら
”うつ” の診断結果をもらった

設問の答えの項目が
どうにも訳のわからなんやつで
例えば「いい本を読んで・・・」なんてのがあった
最近本なんて読まないし
大体「いい本」ってなんだ?
これは隣りにいた家内も
どういう意味だって思っていたらしい

そんなんで ”うつ” といわれてもなぁ。。

夜になって
食事後にテレビのおもろいのがなかったんで
ネットで”うつ/診断”で検索して見つけたあるサイトで
鬱の診断をしてくれる(確か、薬品会社の)ものを見つけた
アンケートの設問に答えて
結果は
 「ほとんど問題はありません」
と出た

まぁ 今の私にはこれが順当だなぁ

ただね
頭の痛い時、ふらつく時、耳につんざくような音が入った時
こんなときはそれなりの反応はするよ
特に音の場合は一瞬パニックになることはある
それは音のせいで脳が一瞬戸惑うからに過ぎないけどね

昔は仕事で堂々巡りになったときは
周りから見たらウツに見えたかもな
会社勤めして2年目に大きなミスをしたことがある
その時の上司から私が落ち込まないようにと
ある指示を受けた
その支持自体が”うつ”を防ぐ方法の一つだと
ある時気づいた
そして仕事でのいろんな問題は
その時を思い出して解決に向かっている
なので”ウツ”になることはまずないだろうと思っている



それと
昨日の医師は
私が渡した現状の病状に
 前立腺がんのホルモン療法で自律神経が狂っている
と書いたからそれでウツにって思ったかな?

実は
前立腺がんのホルモン療法の副作用に中に
 1;体の女性化
 2:女性の更年期障害的症状
 3:難聴
などが書かれているが
3の難聴はそんなには多くないのかもしれない
またホルモン療法による治療開始から4ヶ月目だったか
極度の複視になったことがある
この複視に関しては眼科から”耳鼻科領域”と言われた
泌尿器科の医師からはコメントがなかった
結果的には、既往症のメニエルの再発との診断だったが・・

しかし、今思うと
ホルモン療法による副作用の可能性を私自身が疑っている

私のホルモン療法の効き目は
2人の泌尿器科の医師が”ここまで顕著に効果があるのは」と驚いていて
それが「奇跡的」という結果になっているらしい

なのでガン病巣への効果も大きいいのだが
それに比例して副作用も大きいのだろう

とは言うものの
難聴、複視が副作用と
医師たちは思っていない可能性が大きいかもしれない


私は 7年半前に末期・ステージ4の前立腺がんを宣告された
その当時は 友人の医師に言わせると”顔面蒼白”だったそうな
しかし、
 どうしよう
 死ぬのか?
なんてことは一切思っていない
宣告されて即セカンドオピニオンを取るとも宣言しているし
死ぬなんてことは考えていなかった
素直に受け止め、
 ガンと仲良く天寿を全うするまで生きるという宣言もしている

”ウツ”の定義はかなり微妙で難しいのだろう
しかし昨日のようなアンケートの設問で
 いとも簡単に”ウツ”という診断は納得できるものでない
あの設問に答えたら、多くの人が”うち”と診断されるだろう

あぁ
こんな事書いていると ほんとにウツになりそうだ


この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE