2019年04月08日

祝・末期前立腺癌宣告8周年 別途・疾患追加宣告

今日は朝7時に家を出発して愛知医科大に向かった
道路は朝の通勤ラッシュ
なんとかかいくぐって病院に
25年いじょうっ昔に来て以来
病院は大変貌していた

受付時間前に着いた
もう眠い眠い。。。
総合受付で問診票
受付済んで4階の診療科の受付に
ここでまた問診票
体温測ったら平熱よりも1度少し高い
なんだか体調がおかしくなった
鼻水が止まらな〜〜〜〜い

なんとか待合に入って
まず予診
 どう見ても研修医という若い先生から問診
予診終わって出るときに
 問診票4枚を渡される
これから聴力検査
 いつもよりも聞こえていた感じがした
 しかし、ここで軽いめまいが始まった
省力検査終わって
2階の画像撮影に行く
 このときエスカレータでめまいが出てきた
 
待ち時間に問診票を。。。
 書くのを躊躇った
 あぁ また”鬱”の診断結果が出そうな設問
 書くのをやめた
  何を書いても”鬱”と言われそう
画像診断は
 これまでしたことのない耳専門?のCTのようだ
 目を閉じて10分くらいかかって終了
  めまいがひどくなっていた

4階の診療科に戻る
 受付でめまいはしているというと
 看護師が出てきて待合室に行き
  めまいの状態をチェック

本人が始まる
 色々話してもらった
 そして名古屋大学から長久手の耳鼻科への紹介状
 これを読み、そのMRIをみて、今日のCTと・・・

病名・宣告
 メニエル廟に含まれるもので
  「内リンパ水腫」

当面の治療はなし
 目下飲んでいる”桂枝茯苓丸”の継続
 一月先の再診

さて、ここでもう一つも低穴ンが宣告された
 めまいに関して体調などの影響
 生活への影響
  精神的な影響
 これらを診て、心療内科の受診

 特に”うつ”に診断ではないが
 めまい、難聴が生活に影響があると思うなら
 受信をするのも
 と。

かなり抵抗があるけどなぁ
 耳鼻科の問診票に書き込むと
 おそらく大半の日本人は”うつ”と診断されそうだ

 (もし、耳鼻科で問診票書くことに
   なったらお気をつけください)

とまぁ
 8年前は命にかかわる末期がん宣告だったが
 今回は命にはさほどかかわらないけれど
 生活にはかなり関わる宣告と相成った

診察終わったが
 体調の戻りは良くない
 体温は上がったり下がったり
 鼻水は出たり止まったり

関所通って車に戻り
 エアコン入れて走り始めたら
 鼻水完全に止まった

昼時になったので
 どこかで昼食をと思ったが
 なんと 孫と娘と一緒にと
孫たち迎えに行って
 赤池のプライムツリーに
 孫のおすすめのとんかつ

ここまではなんとか体調さほど
 ところが2回の食料品売場に行ったら
 売り場が冷蔵設備二世で温度が低く
  ここでまた鼻水がいっぱい。。。

買い物終えて車を運転
 プライムから出てしばらくして
 眼の前がボケてきた
  危険なので家内と運転交代
更にイオンに行くと行っているので
 私を家に送り届けてもらった

家について
 座椅子に持たれてテレビ見ていいたら
 そのまま寝てしまった
予想はしていたので
 布団はかけていたが。。。。
 い時間は熟睡したようだ

それから1時間半くらいになって
 なんとかこれを書けるようになったので書いてます



明日は
 また大病院に行って
 胸の原因不明の影のサイドのCT撮影の結果を聞きに行きます

また疲れるなぁ。。。。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 9人
QRコード
QRCODE