2008年12月01日

今日から師走・まだ父の後片付け

 今朝は、バスの移動ではなく、いつもよりも2時間も遅く車で移動。

 今日は、父の残した遺産の敬称の手続きをしなくてならない。
 これがまた非常に面倒で、法定相続人の全ての承諾書を印鑑証明やら戸籍謄本などをそろえた上で望まねばならない。ほんの数千円であっても必要ということである。
 このために、何度役所に足を運び、金融機関などにも足を複数回運んでいる。今日は、その中の一つで、自宅からは遠いところに出向かねばならない。何も他の支店でしてくれてもよさそうなのだが、金融機関によっては、いや多くの金融機関が契約した支店に出向けという。
 これからこうしたことになりそうな方は、覚悟したほうがいいと思います。

 今日はその中の一つに行ったのだが、前もって近くに視点で書類を見てもらい大丈夫だろうというお墨付きをもらった上で本来の支店に出かけた。
 若い係りが出てきて、対応。
 それは致し方ないが、本人の私の名前を勝手に思い込みで呼んでくれる。分からなかったら聞け。間違えたらそれだけで本確認ではないだろうが。

 書類を見て、なんだかんだ、印鑑が薄いの・・・・本人署名があるにもかかわらず。本名ところを上司が見て不安に思ったのかしゃしゃり出てきたのはいいのだが、態度はでかいし、挙句の果てに面談しているテーブルの横でウンチすわりをする。営業の風上にも置けない上司である。

 そして、ある書類に『○○○・・』を書いて捺印しろと言う。書いて判を押す前に書類を読み直した。変だ、父親が出した『残余書類が存在していない』と書けというのである。その上には、『残余があっても拒否します』旨が書かれている。それにたわしが証明しようにも、何を振り出しているのか不明である。
 この点に突っ込みを入れたら、電話で本店に確認したようで、「なくてもかまいません」という。

 最悪は、私の本人確認を一切しない。一般的には『免許証』などの提示を求め、その写しを取るのだが、「印鑑証明があるので不要です」という。では、その支店には私が出向かなくてもいいということになる。今の金融機関はこれは避けているはずなのだが。
 実家に来て、本店の『お客様相談室』に聞いたところ、『免許証の提示は求める指導しているのですが』という話である。

 まだまだ大変に疑問の対応を支店に宿題としいて残してきた。
 
 それにしても、最近の金融機関のすることは変なことが多い。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE