2008年12月04日

ウンチすわりの金融機関 2

 前に紹介した、『ウンチすわりをした副支店長』の本社から電話。昨日も電話で話たが、とにかく電話押している人間のしゃべり方が、上からものを見て預金者を下に見るという、とにかく鷹揚なしゃべり方。(今日は少し低姿勢だったが)
 昨日なんかは、トラブルの件の上部部門の人間がいきなり用件を話し始めるから、謝罪の話をしたら、『それはもう謝罪したでしょう』と抜かしたのだ。
 たまたま人事部の人と話すことになった(私が望んだわけではない)ので、その話をしたら愕然としていたようである。とにかく、ウンチすわりはするわ、人を疑うわ、人を下見にて馬鹿にするわ、社員教育がまったく成っていないということ。

 今日12月4日の夕刊に、銀行の態度に立腹している話しが出ていた。どこの銀行だか知らないが、ひょっとして私と同じところだったりしてね。
 今回、父親の遺産相続のためにいろいろと回っているが、おおむね役所のほうが親切に思えるくらい。区役所ではいやな思いをしているが、銀行を含め金融機関は輪を何十にもかけてひどい。
 
 特に、日本の社会でしか通用しない印鑑の話。本人署名があるにもかかわらず、印鑑が判読を少しでもしにくいと『だめ』という。これは変な話で、印鑑なんていうのは本人以外でも押すことができる。署名は本人の筆跡なので、後々トラブルになっても本人か国の確立は高くなる。印鑑は本人確認はできないのだが・・ 
 イイカゲン、こうした印鑑至上主義はやめたほうがいいように思うけど。

 それと、今回のトラブルでわかってきたことの一つ。
 銀行のシステムは、10年まで書類が残されるが、それを超えると書類は廃却する。これは法的な問題で致し方ないのだが、その10年を超えたときの問題として、金額的な記録は何らかの形で残すが、日付など詳しいものの情報がなくなるという。
 データベースとしては最悪で、利用価値はないに等しくなる。いろんな問題の調査ができなくなる。今回の我が家のケースがそれにはまってしまっている。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは。
我が家も今は付き合ってない銀行から
電話があり・・・その内容は
いまから45年ぐらい前にアパートを母が作って、その時の借りいれの担保とそてその土地も権利書を渡したようです?そのアパートも今はないんですけど、いまだに権利書が残ってたそうです。今日届きましたが、古い権利書で兄と相談しようと思ってますが
Posted by at 2008年12月04日 18:33
へぇ・・・ よかったですね。悪用されなくて。
しかししかし、いい加減すぎますね。
今日は、銀行協会にもでんわしたけど、どうしようもない連中だ。
Posted by 生田生田 at 2008年12月04日 19:19
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE