2009年01月23日

五木寛之・親鸞 六角堂へ

 五木寛之さんの小説「親鸞」が昨日から情景が変わった。親鸞は、なんと29歳になっているのだ。
 六角堂へ向かうための夢を見るのが28歳(年越しで年齢が変わる前提)のはずで、そのあくる日に29になるんではかなったか?諸説あるのだろうが。

 小説では、思い立って六角堂の100日のお籠もりをするために比叡山を降りるのだが、六角堂で3つ目の夢(親鸞にとって一番人生を変える夢)を見るには、これから95日を必要とするのだが。機能化今日の話しでは、雪が降っていたから冬。年を越したのか?

 どうも状況の設定、情景がが分からない。どうなるのだろう??




 六角堂(正式には頂法寺)は、これまでに何度も行っている寺で、何度もこのブログにも書いている。
 初めていったときは、なんやら女性の参拝者が多いなぁなんて思いながら帰ってきたものだが、後で調べたら、いけばな発祥の寺で、周りには、池坊関連のビルが林立している。
 今日1が23日の小説の挿絵にも、現在はビルの中のようなことが書かれていた。

 今でこそ、烏丸通りの東で、京都の中心みたいで、『へそ石』なんてものあるけれど、親鸞がこもった当時は、烏丸通りが東西の中心だったのかは疑わしい。ただ、私は六角堂の一本北の通り三条通りは、昔でも賑わいのあった通りではなかったkと思っている。
 その三条富野小路が親鸞入滅の地といわれている。私は、それに加えて、その辺で生まれたんではないかなんて思ったりもしている。

 さて、五木さんは、この六角堂で受ける夢告をどう書くのだろうかと、興味津々である。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE