2010年05月01日

名古屋を歩く 米野から太閤、名駅へ 2

 金山神社を通りぬけて、本殿の後ろ(北側)の出入り口から外に出る。このあたりは戦争で焼けなかったのだろう、昔のままの古い家並みがひしめいている感じがする。歩く道は迷路のように、つまり碁盤の目には正確にはなっていない。
 ということで、なんとか北を向いて歩いているとは思うけど、実際にはどっちの方角を向いているかは定かではなく、どのあたりにいるのかすらわからない。天気が悪かったり、夜だったら多分道に迷っているのではないかと思う。
 
 うろうろ歩いていたら幼稚園があった。そしてその幼稚園にはこいのぼりが。そうだよなぁ、明日(歩いている当日の翌日)はもう5月だものなぁ。最近、街中では大きな鯉のぼりを見ることがすくなくなった。鯉のぼりをたてるだけの大きな庭が少ないということか、マンションでは小さいのしか上げられないしなぁ。。
 我が家では、昔鯉のぼりをたてたけど、今は無理になった。あの当時はまだ描きの木が大きくなかったから。今は下記の木が大きくなりすぎて竿を立てることが難しくなっている。おそらく多くの家がそんなのかもしれない。

 その幼稚園の横を通り過ぎて北に上がったところで、どのくらい行ったのか分からないが、なんとなく左を見たらお寺が見えるので、導かれるように西に足を向けた。そしてお寺の手前に小さい祠があり、お年を召した女性が何かをされている。
 白玉龍神とある火災予防を祈願したのか、雨乞いのためのものなのだろうか。名古屋には結構龍神社がある。ここはこれまで見た龍神社のように大きなものではないのだが…
 写真をよく見てもらうと、石柱の左に人の名前が見える。もうかなり以前に亡くなられた高名な政治家の名前である。彼の地盤は中村区だから、活躍当時に建てられら掲示板のようである。

 このあとは、どこをどう歩いたことやら。昔は商店街だっただろうと思われる通りも通り過ぎた。今は斜ったを下している店がほとんどだけど、みんな巨大資本のショッピングセンターに売り上げを奪われ、後継者を育てることができないことで、店を閉ざさざるを得なくなってしまっているということと、時代の流れで売るものがなくなってしまった店もいくつかある。それに、周りが高齢化して、人が買い物をしなくなっていることも原因なのかもしれない。
 私の実家も周りもそうした時代の流れには勝てず、昔はたくさんのお店があったが、今は店として完全に営業しているのは3件になった。昨年ひとつが長年の営業をやめた店もある。みんな後継者がいないから。今営業している店も数年後にはなくなることだろうと思う。
 営業することもなく、後継者の住人がいないところは、多くが駐車場に変わっていくが、さみしい限りだと思う。

 さて、この先は笹島から西に延びる広小路通りの延長を北にわたる。
 昔、昔、(私が小学校就学前、60年以上も昔の話)私の義理の祖父とこの近くに来たことがあるが、祖父は何と言って私を誘いだしたか? 
 それは、「広小路に連れて行ってやる」だった。そうだよなぁ、広小路の延長だものなぁ。市電も走っていたしなぁ。。。嘘ではなかったけど、なんとなくだまされたような。。

 その広小路を北に渡ったのは、その昔笈瀬川が流れていたあたりだったかも知れない。
 

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE