2011年01月01日

小説「親鸞」 連載再開に思う

 今日元旦から、五木博之氏の小説「親鸞・激動篇』の連載が始まった。

 のっけから海を見ているのだが、どこの海やら、ただ日本海とはわかっているものの。「恵信」と名前が変わって登場した「紫野」。この先どういうことになるのかなぁ?
 実際問題、この日本海の海岸は、多分に上越市の直江津海岸{居多ヶ浜}を想定してるものと思うけど、実際にあの場所の700年前はいかがだったのだろうか?
 
 親鸞が上越=越後国分に流されたのが34歳。親鸞が入滅したのが90歳として約55年前。今年は親鸞聖人750年大恩忌法要の年だから、ざっと700年前に流されたことになるのだが、聞くところによると当時と今とでは海岸の様子が異なるとのこと。いまのように、あの上陸の地の南側は隆起していのだろうか?なんでも、海岸は沈む方向になると聞いている。(沈下は、青森から富山にかけての埋没林で証明されるとか)

 まぁ、この先の小説の動きをとにかく注目することにしているが、何せこの流刑地での親鸞の公式記録は存在しない。上越市のkろう行く委員会の学芸員の話では、鎌倉時代以前の公式文書は一切ないといわれている。
 多分に、大地震などで焼失したのではないかと私は思っているのだが。。。そして、私が思うこととどれだけの違いを小説の中でh行元されるのかを、本当に注目している。五木さんがどれだけあの地を歩いたかが分かるかもしれない。

 激動篇は、上越だけで終わる?それとも関東に移住するところ、遺児十五も書かれるのだろうか? また連載は1年になるのかな?? なんとも先が読めない連載でもある。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE