2011年01月15日

小説「親鸞」 激動篇14

 久しぶりに恵信が登場した。そして、彼女は、首に巻いていた襟巻を笊に入れたと書かれている。

 彼女はどんなかっこをしていたのだろう?越後国分=現在の上越市、旧直江津市の海岸沿いは結構海からの風が強く、冬はかなり寒い。4月でも雪が降ったりして、そこに風が海から吹くと凍えそうな体験を私はした。

 親鸞が流されて越後にいた時代の冬はどんな気温だったのだろう?

 恵信に続いて親鸞も身につけているものを差し出すのだが、『乞食でも着ねぇようなしろもん・・」と軽蔑されるほどにひどいものを着ていたようだ。このストーリーでは、えしんの父親の話が出てきていない。

 多くは、都の帰属三善氏もしくは越後の豪族三善氏の娘といわれているが、どっちにしても裕福な家の娘ということになるのだろうが、その夫たる親鸞は、たとえ流罪の実とはいえ、乞食以下のものを着ている?流人だから着せることはできない?ならば、恵信も同じような服装でないと、相思相愛の夫婦のイメージが違ってくるンdなけどなぁ。。。

 ん?親鸞は『ほつれた衣を脱ぎ』と書かれているが、この衣とは何だろう?まさか毛zさ衣ではないよなぁ? わからん・・・・・


この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE