2011年04月15日

ガン受告激励京都旅行 その2 法界寺


 この法界寺に関しては、過去に何度も書いている。毎年必ず一度は来るようになってもう10年以上になる。そして毎度来るたびに何か違ったものに出会う。
 今回は、先回書いた桜の木を見ることになった。これまでも気づいていたかと思うけど、季節が違ってこんな桜ではなかったような…・

 この寺のことを改めて書くと、親鸞が生まれたといわれている寺である。私は、この点には疑問をもっているものの真宗教団ではこの地が誕生の地となっている。


 これが山門というか入口の門。国宝が複数ある寺にしてはひっそりと地味な門。この辺り息子たちは不思議に思ったらしい。(無理もない、こういう小さい寺にはよほどの興味がないと来ないだろうから)
 写真の奥の方に見えるのが阿弥陀堂で屋根が桧皮葺で、今改装を目指しているものの材料代がとてつもなく高価だし、入手が難しいので、なかなか改装に至らない。そして門の中の左に見えるのが桜の木だ。
 
 家族そろってご住職が開かれた阿弥陀堂の中に入っていく。久しぶりにご住職の話を聞く。何回かは聞いているけど、私だけのときには最近は私に好きなようにしないといわれているかのように住居の方に戻られることが多い。しかし、今日は、いつになく拝観者が多く、それも初めての方のようなのでご住職の説明がある。息子二人は初めてなので聞き入っていた。

 説明が終わってから、みんなそれぞれ好きなようにこの方丈の中を歩いてみるのだがが、息子や娘が私が驚くくらいに鈴をならして手を合わせ深々と頭を下げていた。ひょっとしたら私の健康を祈っていてくれたのかもしれない。

 この阿弥陀堂の外回りの東の廊下の天井にはものすごく古い駕籠が天井から下がっている。いつ後のものなのか聞いてはいないがかなりとにかく古く、着始めたころはもう少し形をなしていたが、今回見たらもうじきばらばらになってしまいそうで、ちょっと残念な気持ちだ。

 阿弥陀堂を出て阿弥陀堂の右手(東に鐘楼があるのだが、この鐘楼の前にボタンの花(この記事のトップの花)があるのを見つけた。これまでには気づかなかったことだ。
 この鐘楼は秋に来ると周辺が紅くなるので、またかなり違った風情になる。とはいえ、ここを訪れる人のどれだけの人がこの鐘楼に目を向けるだろうか?国宝の横の小さいくひっそりとした建物には目が行くことは少ないかと思う。

 この鐘楼の南にあるのが薬師堂で、一般にはこの寺は乳薬師として有名で、寺の本尊としての薬師如来が安置されているが、秘仏で指定日しか開帳されず、私はそうした日には訪れたことがなく薬師如来にはお会いしたことはない。


正面が薬師堂で左に一部見えているのが阿弥陀堂

 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
おーここは!
行った事ないです。
寺めぐりは心が落ち着きますね。

私もたまには、ぼーっと一人旅にでもいきたいものです。
Posted by みりん at 2011年04月15日 21:47
ちょいと交通の便が悪いし。。。
でも、たくさん押し掛けて荒らされるのも。
しかし、ここの仏様は見ているだけで落ち着く。
Posted by 生田生田 at 2011年04月15日 22:35
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE