2011年08月21日

郡上市和良にて 1

 美山鍾乳洞を後に和良に向かう。いかにものんびりとした山間の道を国道256号線に出る。宮から国道に出るときは突き当たるが、右に行けば郡上八幡へ、左に行けば飛騨金山だ。
 ここでお気づきになられただろうか?右は「郡上」で左は『飛騨』ということで区域が異なるんです。江戸時代の国の呼び方なんです。そして、それは文化の違いにもなっているんですが、では和良は?和良は「郡上」に入ります。郡上市に合併する前は「郡上郡和良村」だったのです。
 実は平成の合併では、かなり村でもめたのではないかと思うのです。というのは、この和良というところは、昔から村を割って政争が激しかったらしい。村長選挙など村が真っ二つに割れて争って、暴力ざたなんてこともあったなんていう噂も聞いてます。その流れから行けば、郡上派と飛騨派に分かれたんではないかぁ?
 私が思うには、和良の真ん中が“沢”という昔の村役場のあったところで、その東に“土京”という所があって、そこから東・南は今の下呂市に合併したかったんではないかって思うのです。というのは、和良を流れる和良川は土京ぐちを通って右に折れ下呂市の祖師野辺りで間瀬川で合流し、飛騨金山で飛騨川に合流するという流れなんですが、つまりはここには険しいとげもなく金山との行き来の方が郡上八幡よりも楽なんですね。しかし、土京から西はやはり昔の流れからか郡上なんですね。
 今まで書いたことは私が昔から感じていることなんで、本当かどうかはわかりません。
 といいつつ、和良で未解決の殺人事件がありますが、ひょっとしたら平成の合併が原因の事件ではないかとサスペンス好きの私は考えているんですよ。(小説が書けそうなんですが、私には力がない)

 余談が長くなりました。
 国道256に出て和良の中心部に向かいます。またちょっとした峠を越えます。そして左手にお寺が。この辺りのお寺はほとんどが浄土真宗大谷派。ほかのは見かけないといってもいいくらい。寺の造りは、飛騨古川の三寺詣りをしたことがおありなら、一番南にあるお寺を思い出してください。イメージは似ています。あそこも大谷派のお寺です。(ここはまだ和良の中に入ってません)
 なんとなく立ち寄ってみたくなって、息子に車を止めてもらった。
 中に入ってみたものの、何があるわけでもなく、ごく当たり前のお寺(結構でっかい)の雰囲気。その中に咲く花に目がとまったのでショットしてきた。私には花の名前は聞かないでください。







下は、お寺を国道から見た写真です。車の通りが少ないので国道から撮っています。


この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE