2018年06月03日

阿弥陀さんに会いに行くドライブ旅行10 天神源泉

 有馬温泉の源泉は”御所源泉”で2箇所見たことになる。
 (金の湯のひょうたん、銀の湯も見たけど、
”源泉”とは書いてなかったと思うから)
 どっちもブクブクやっていなかった。まぁ、ブクブクは諦めた。
 ロボットの頭みたいな源泉を後に、この源泉の後ろの細い分かれ道で、どっちに行こうかと地図を見ながら迷ったが私の昔鋭かった動物的勘の働きで車が通れそうもない道(多分系なら大丈夫かも)を行けば近そうだと判断。
 その細い道には、アルコールを飲ませてくれる店なんかがあったけど、ショットはしてこなかった、今思うと残念ねで。

 観光案内所で教えてもらった”赤いポストをまず目指す。そのポストは炭酸源泉に登って行くとに通ったはずだが、記憶に残っていない。今撮って来たたくさんの写真を見ても残っていない、なんで撮らんかったんだろ?今回の旅行は、結構撮りこぼしが多い。歳のせいで、色々判断が狂い始めているらしい。

 細い道を突き進むと左に折れて坂を下る。と、目の前に赤いポストがあった。このポストの横の細い道を少し上って行く。坂の勾配がちょいときつくなったかな?結構坂を歩いて来ているので足が大丈夫かと心配したが、旅行中という気が張っていたのかなんともなくすんなり登って行けた。
 坂の上ったところに天神さんの赤い字の登りと鳥居が見えた。


 階段なんかが赤茶けてますねぇ。これまで見た源泉ではこんなに赤いとは思っていなかったが、ここは鉄分が多いんだろうか?あぁ 、そういえば有馬温泉に来て硫黄臭は嗅いでないなぁ。。。火山性の温泉ではのかな?

 階段を上がりました。下の画像のようにまたロボットの頭があります。かなり怒ってるんでしょうか熱を帯びています。その後ろには櫓が。井戸をくみ上げるなんてことするための櫓?
 そんなことがどうでもいいなぁ。。。。。


 これが”天神源泉”です。この神社”天神社”のところで湧き出たからか、湧き出たところに天神さんを作ったか?それも私には関係ないこと。今これを書きながら思い出してみると”天神さん”=”菅原道真が、神さんになったのは平安時代、この有馬温泉はもっともっと古い時代からある。
 さて、この源泉が先か、天神さんんが先か。。。。興味のあるお方は調べてください。

 天神社の奥に行きます。お社がありますが、ショットはなぜかここでもしていない。あの炭酸源泉の手水社みたいな建物の方が作りは違うが立派に見えたからかも。でも、なぜか知らないが柏手だけは打って来たなぁ。。。旅の安全を祈願して。

 ここは”天神社”つまりは天満宮の流れにあるので、当然のごとく牛の置物があった、石で彫ったもののだけど、なんだかほんわかした気持ちになったので、なでなでして来た。



 さて、源泉見物は、これで終わりです。どこもブクブクしてないので、完全に興ざめ。そんな気持ちはさらりと忘れて、天神社を出ようと鳥居に向かったら、おやまぁ埋もれているけど”百度石”がある。


 天気のいい日(ほんとうんいいい日で快晴です)の逆光で非常に見づらい写真ですが、ご容赦を。
 しかし、ここで”百度石”、拝殿の正面でないよなぁ。。。。。誰がするんだろ?なんで埋もれているんだろ?いつ置かれたのかな? なんてことはその時思ったことだけど、わからんだろうなぁ。。。。

 そんな想いも捨てて、鳥居を出て坂を下ります。途中、温泉がタレ長sれていることがあった。各家に送り出しているのか、著間に送り出しているのか、その途中で何かの理由で、漏れさせているのだろうと思いますが。。。 我が家の誓うにあればねぇ。

 さて、次は街中を戻るときのことを書くつもりです。
 

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE