2018年06月07日

阿弥陀さんに会いに行くドライブ旅行15 浄土寺へ走る 1

 朝飯を食べ終えて、宿泊費払って、一夜の宿を後にします。そして、今回の旅の2日目、まずはかねてより、結構長い年月思いに思っていた念願の浄土寺の阿弥陀三尊に会いに行きます。

 ここからは、またドライブレコーダーの画像を使って書くことになります。 
ドライブレコーダーを取り付けたのは、年寄りマークをつけているとなんだかんだ煽られたりすることが多いし、自分のドライブの反省をする意味が目的だったのだけれど、旅行の時残された画像をPCにコピーしておくと、旅行記を書くのに非常に役立つというものです。過去のドラレコのない時のドライブ旅行では、どれだけ欲しいと思ったことか。
 あの山形自動車道の月山のトンネルを抜ける時に見たとんでもなく素晴らしく思わず大声をあげた紅葉なんかは絶対にドラレコがあったらよかったと7年も前のことなのに悔しい思いをする。


 駐車場から一般道に出ます。左折して坂を下っていき、信号交差点で右折して北に向いて走ります。前日来た道を反対向いて走るわけですが、なんだか有名な温泉に来る道には思えないみちですが、もう観光バスが動いています。もうじき9時半ですからね。


 道なりに走っていくと高速道路への案内標識が見えてきます。画像の案内標識は2つ目で、次の信号のあたりで行く方向により取る道が変わります。先日は右側の阪神高速を宝塚から来たのですが、今日は左味も右にも行かず直進して中国道を目指します。


 上の画像は阪神高速ですが、ドラレコの画像ではこんなにいびつに写ってます。知らないでこれを見るとまさか上の方にあるものが阪神高速とは思わないでしょうねぇ。
 
 阪神高速の下をくぐりました。この先高速まではナビが頼りですが・・・・・

 しばらく進んだところ(上山口・交差点)で、案内標識は直進と書かれているのですが、ナビは右折を指示しました。迷ったのですが、とりあえずナビの言うままに走ることにました。


 そして川(有馬川)に沿って走ることになりました。(しかし、あとになってわかったことは、標識の通りのほうが道が広いようです)
 道は片側1車線でそんなに広くはないですが、まぁ道なりに進んでいけばいいわけで安心は安心だったのですが、途中で左折の指示が出たときに間違えかけはしましたが。。。



 有馬川に別れを告げ左折して広い通り(国道176)に出ました。それからほんの少しでまた左折の指示です。上の画像のように左折して中国道のICにいきます。
 そして、インターに近くなり、左折の指示が出たのですが、左折するタイミングを間違えて、左折車線に入り込んでインターでない道に入り込みました。(地図で今確認したら、有馬川に沿わないでくるとこの道に入ったようで、こっちから来れば間違えなかったようです)


 この間違いをもとに戻すために、工場団地のようなところで無理にUターンして(トラックに迷惑かけました)この交差点に戻ってきました。
 そして、左折して少し先のインターの入口にやっと到着です。



この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE