2008年01月30日

京都08年 日帰り旅 17 知恩院・友禅苑 1

 方丈庭園、本当に方丈だけのつもりで入って、あんな高いところにまた上るとは思ってもいなかった。だんだん腿が張ってきたよ。

 さて、方丈庭園とセットになっている友禅苑に向かう。
 友禅苑は、三門の南になるから、またまた坂を降りて行かねばならないのだ。あの男坂の階段はおそらく見たらまた怖くなるだろうから、女坂(女人坂)を下っていく。ほとんどの人がこの坂を降りていく。男坂を降りる人はいないなぁ。御影堂の北側が工事中で通行できないが、通行できればそちらから崇泰院、青蓮院のほうに下りることもできる。

 降りる前に、おなかが空いたので、何か温かい食べるものはないかと売店に足を運んだのだが、ここの売店は食事が出来ない。みやげ物だけなのねぇ。。そういうのに出くわすと、余計に腹が減ったような気分になる。

 女坂を折りきり、左に折れて、友禅苑の入り口で切符を渡し版権をきってもらう。
 数年前に、学生たちと秋の拝観で夜に来たことがある。入場料500円払って、ここに入ったが、なんだかつまらない庭園だった記憶だ。昼はどうなのかと、切符がセットでもある市ということで入ったのだが。

 本来なら、ここは解放されてもいいのではないかと思う。最近の京都の寺院は何かと囲い込んで拝観料をせびる。本当にせびるという言葉が似合うほど金を取るのだ。それなりに管理費用がかかるだろうが、もう少し開放的にしてほしいものだ。本来寺は人が自然と集まるように配慮して作られたもののはずなのだがねぇ。。



 入り口を入ると池、石橋があり、池の中に聖観音像がある。この聖観音像は高村光雲の作とのこと。つまり新しいのだ。しかし、どうして、知恩院は、阿弥陀さんではないのだ?菩薩は脇侍として阿弥陀の横に立っているのはわかるのだが、単独でとなるとやはり宗派に対する疑問が頭に出てくる。やはり、浄土宗と浄土真宗ではこの点に大きな違いがあるように思える。
 こんな高いところでしかもちょっと遠いのだよねぇ。衆生を見守っているということなのかもしれないが、人から遠い仏たちだと思う。


入り口の門を入った正面にある石橋

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE