2009年11月08日

点と線

 今日放映があることをうっかり忘れていて、イ・サンを見ていたから半分しか見ていない。残念で。
何が残念かというと、冒頭に東京駅のホームを見渡すところが出てくるはず。清張が時刻表を見ていて数分の間、橋から見渡すことが出来るのを見つけてそれを題材にしたと聞いている。
 今は、おそらくそんなことはできっこないと思うのだけど、ホームも昔と違うからどんな処理をしたのか見たかったのだ。

 この『点と線』は、私の高校1年の時に発表されて小説。これがきっかけになって、私は生まれて初めて小説を書いた、それが推理小説だった。筋書きは今でも覚えているが、たわいもない筋書きだけどなぁ。。。
 清張の出世作でもあるけど。社会の構造的な汚職事件を絡めているので、山崎豊子の小説とはこの辺りが違うところ。彼女の小説は、推理ではないから。
 いわゆる社会は推理小説の走りだが、清張と他の作家の違いは自ずと出てくる。清張の話は、大きな矛盾や無理矢理というのがどちらかと言えば少ない。有名な社会派にはかなり無理矢理の筋が結構あったりもする。もう一つは、列車の時間差さども入ってくるが、清張は列車内出回りに人がいないようなシティエーションという粗い筋を考える作家ではない。

 あれだけの推理や歴史小説をよく書けたものと思うが・・・・

 私は、清張の作品が好きなものの一つ。理由は、彼の作品は読んでいて頭に情景を描きやすいからなのだ。私が好む作家は、だいたい頭に情景を描きやすい書き方をしている。
 最近、清張の作品がドラマや映画になるみたいだけど、生誕100年位にでもなるのかな?色あせない作品なのだ。いいものは何時までも。

 ビートたけしは、正直あまり好きな人ではなかったけど、頭の良さ、芝居のうまさは好きだなぁ。
 (ただ、彼の映画作品、監督した座頭市なんかはだめだ私には。)

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE