2010年05月31日

映画宣伝番組に思う

 このところTVの特にバラエティー番組がかなり偏ったものになっているように思う。何かというとスマップの香取慎吾が登場する。
 特に見ているわけではないが、その番組の予告CMでそれを知るのだが。と言いつつ、今流れているTVは馬鹿食い番組の「かえれま10」なのだが、これにも香取はゲスト出演している。
 
 なぜここまで出ているかは、おそらく多くの方が知っていることだと思うけど。香取慎吾が映画「座頭市」の主役を演じた映画が作られたからにほかなならない。
 最近の映画のは、TV会社の制作委員会というか、そういった類のものが映画を製作して、それをTVでCMを流すだけではなく、映画出演者をゲストにした番組を流し宣伝をする。そこまでしないとその映画が売れないということなのかと思うのだが。
 
 いつ頃からか、TVの新番組が決まると、その番組を宣伝する番組が作られるようになった。これを称して番宣番組というらしい。こうした番組の多くが、出演者にトークをさせることだではなく、バラエティーで何かをさせるという、なんとなく「何ががと思うけど」という内容が多い。

 ことさら否定するわけではないが、こうした番組を作って、相乗効果を狙っているのだとは思うけど、ここまでしないと映画が売れない?番組視聴率は上がらない?のだろうか?
 こういったことばかりしていることが、なんとなく今以上に視聴率を下げていくように思えてならない。

 もっと違った意味ので、いい番組が出てきてほしいもの。


**
 映画「座頭市」は、かっての勝新太郎の座頭市はもう死んでしまった感がある。それは、北の武演じた座頭市でキャラクターが完全に変わってしまったからだ。今回はどんなキャラなのかは知らないが、またまた間違ったものになっているのかもしれない。
 時代は変わっていくが、古き時代のイメージも違ったものになり、違った判断をされていくようになるのかもしれない。
 古き人間としては、さみしさを感じるkとも多いもの。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは。
最近はテレビを見る時間がないのか?
それとも、見たい番組がないのか?
まともに見てないです~
たぶん、つまらないからでしょう~
Posted by 花 at 2010年05月31日 19:46
面白い番組がないというのは、同じ気持ちです。
そのうち、馬鹿番組ばっかりになったりして。。。
Posted by 生田生田 at 2010年05月31日 20:55
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE