2010年06月20日

龍馬伝 第25回 寺田屋の母

 どこから旅に出たのかな?何にしても伏見まで龍馬はやって来てそこで宿を取ることになるのだが,それがまたその矢野女将さんが亡くなったお袋さんそっくりということが原因。これ本当か?寺田屋にいったときの説明ではそんなこと一言も言ってなかったぞ。
 それとセットの寺田屋と今の現実の寺田屋ではかなり違うよな。ドラマでは宿の前がすぐに運河でしょう?遠日は,道路が一本あってお家が並んでいて,その南に運河だよ。100年も立つと変るのだ。それに寺田屋ってあんなに広かったっけなぁ?というクレームを付けるh度野暮ではないけど,書きたくて。

 招集藩が蛤御門で薩摩を相手に戦を仕掛けて負けて,朝敵の扱いをされて・・・その流れの中で幕府の海軍はつぶされてしまい、神戸の訓練所は亡くなってしまう。龍馬はどこへ行けばいいかと絶叫。

 そうそう,蛤御門の変のおかげで都の半分が焼けてしまって,お龍の家も焼けてしまう。そのために龍馬は図々しくも寺田やお龍一家を連れて行き住まわせてくれと頼み込んで。。これまた気っぷのいい女将さんはお龍が寺田屋で働くことを前提に一家の住まいを引き受けて。
 こんな時代だったのか,それとも龍馬の図々しさを誰もが認めるだけの彼の人望だったのか。
 図々しさが嫌みにならないと受け止めてくれる人に出会うことは、その人間に取って非常に大切で,その人の人生を大きく左右する。
 これは自jっ再尼身を以て経験しているので,よくわかる。しかし,いくら何でも龍馬の楊は阿蘇駒dねお図々しさは持っていなかった。持っていたらひょっとしたら大成していたかもなぁ。。。なんて,今更思ってもしょうがないけど。

 さて,ドラマのセットの時代は明治維新まで4年の所にきている。かなり大きく時代が動いているが,そろそろ龍馬が薩摩と長州をまとめる時期に来た。血生臭い事件が横行する頃でもある。ドラマではあまり出てこないが新撰組はもうこのの時期には血の雨を降らせているのだが,いずれドラマにももっと出てくることになるのかもしれない。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE