2010年11月09日

10年秋の平泉への旅 31 平泉・文化遺産センター

 平泉駅前でわんこそばを食べ終えて、外に出たら巡回バスがいた。発車寸前だったのを止めてもらって乗り込む140円払って1回だけ、文化遺産センターに行くだけの乗車のつもりなのだ。
 運転手さんに文化遺産センターに行くんだと言ったら、そんなの車で行ったほうがいいと言われた。バスでぐるっと回ると結構時間かかるし、帰りは歩かなくてはならんからって。。。
 センターの場所は、毛越寺と中尊寺の間で、その間の距離の3分の1くらい毛越寺から行ったところ。多分私の年齢を見たのだろうが、歩くのが大変なようなことで。。。(そこまで年寄りに見られたかぁと残念。)
 で、バスを走らせながら運転手は、行き方を教えてくれたのだ。ということで、運転手さんのお勧めに従って、自分の車で行くことにした。となると、バスを毛越寺で降りなくてはならない。ひと駅、歩いて10分位を乗ってきたわけだ。
 (バスは、ごく当たり前のバス{名古屋の市バスの一回り小さいや}で、どうということはない。多分観光シーズンには満杯になって観光客を運んでいるのではないかと思う。)

 このバスは、毛越寺の駐車場に停留所があって、駐車場の中に入り込む。その時、入り口のもぎりの例のおばさんが私の顔を見て怪訝な顔をしていた。おばさん、なんかモンクあっか????

 駐車場から車を出して、運転手さんに言われたとおりに走り始める。途中で、私が宿泊したかった温泉旅館(あれっ?予約失敗したところだ)があったが、ここに泊まれなかったことが返す返すも残念。予約を前の日に入れていれば可能だったのにねぇ。(でも、それができない直距離ドライブ旅行)
 それを通り越して少し行ったところの左側にきれいな新しい建物があり、その前には車が1台しか止まっていない広い駐車場があって、その中に車を乗り入れる。実は、駐車場が空に近いし、あまりにも静かなので、休館日か業務終了かと思ったくらいだ。
 しかし、とにかく行ってみようと、入り口にいってみる。幸いにも休館日でもなく業務終了でもなかった。
 中に入ると、ん??閑散としている。女性が一人。「見せてください」と声をかけると『ご案内します。簡単な説明もさせていただきます』とおっしゃって私の近くに。そして説明を始められたのだが、そこに次の来館者が2組入ってきたよ。
 (あらぁ。。ここでも私は招き猫らしい。誰もいないところに顔を出すと、そのあとでいくつかの客がやってくる。飲み屋のママさんは毎日来てくれというけど、お姉さんたちは嫌がった、私が来る日は忙しくなるからって。)
 とはいえ他の客を入れても5人(私プラス2人掛ける2組)。この人数を相手に、平泉の由来などをいろいろと話された。(なになに、簡単な案内ではないですよぉ)
 ここで知ったことで一番印象に残ったのが、平泉の東にある山、実は中尊寺で導かれるように月見坂を外れ見晴らし台に行って霧にかすむ山を取った。一からは東の方向の山だ。

前にも載せた写真です。

 実は、その山の話をされたのだが、『束稲山』という山で平泉にとっては大切な山のようで、近くにもいろいろと史跡があるとのこと。また、逆に束稲山からは、平泉の町が一望できるとのことでもある。

 そして、説明では、平泉の街の中の寺の配置の意味を。藤原氏の館に対しての位置関係になるのだが、鬼門やらなんやらを。(もう記憶に残っていない。2週間も経つんだもんな)
 
 説明が終わって、他の展示物などを見せてもらったが、どうもいまいち私の興味をひくものがない。遺跡ばかりなのがその原因だと思う。とくに大きな寺があったといっても、その様相がわからないし、その寺の由緒などもはっきりとしていないし、一番の問題は仏像などの美術品が残っていないからだと思うのだ。

 ということで、早々に切り上げてしまった。

 車に戻って時間を見ると、2時である。(平泉の街を6時間かけてみたことになる)

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 23人
QRコード
QRCODE