2011年01月14日

小説「親鸞」 激動篇13

 ゲドインの行列がどのくらいの長さで、どういった面々が行列しているのか描写がないのでとぎれとぎれでしかものが見えない。

 今回『聖者の行進13』の冒頭でいいことが書かれている。『魚、獣を殺すことだけが殺生でない、草花を切るのも殺生」と。
 この指摘は、本来その通りのはず、仏教の大本はそうだと私は多く菓子から思っていたのだが、日本の仏教はどこでどう変わったのか、動物だけを殺生の対象にしてしまっている。
 「いただきます」の食事前の言葉は、『あなたのお命いただきます』の短縮形。動物に限らず、農作物にも命があり、その命を食べさせてもらうことで生き延びるから感謝ということなのだけど。
 それが、仏教の法事のときには(最近あまりしないが)精進料理と称するものを食べるが、そこには動物淡白が全くなく、農作物だけで作られているが、これでは農作物には命がないということになってしまうのだ。

 どこかで、狂った日本の仏教。

 この冒頭の言葉とそれに続く話で、「あの者たちは皆、そなたたちの行を背負って苦しんでくれている・・・」と、まるでキリストが世の中の罪を背負って磔になったと同じような顔とを。
 実際、この先五木氏がどう書くかわからないけど、親鸞のいいたいこととキリストの言いたいことは結構類似点があるのだけど。特に女性解放に関しては。。。。
 (親鸞は、妻帯した。実はキリストも妻がいた、マグダナのマリアがその人といわれている。(ダ・ヴィンチコードの受け売りではありません)

 白覆面の男の言葉に『仏』が出てくるけど、この先の親鸞のいう「現世往生」とは意味が違うだろうなぁ。。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE