2011年09月25日

韓国ドラマ トンイ 第25回 思わぬ味方

 逃げ出そうとしたトンイだが、運悪くチャン・ヒジェの一行に出会ってしまう。何とか見つかることはなくやり過ごせたのだが、そこでピョン商会の旦那に見つかってしまう。逃げるのかの問いに困っているところをシム・ウンテクに助けられる。

 シムはトンイの手紙を一緒に都に届けるように役所に行ってやるとトンイの手紙も持って役所に。そこで通訳官を見かけてチャン・ヒジェが何かをすると思い、その場所どこかと考えていたのだが、トンイがピョン商会の旦那の書類から妓楼に金を払っていることから妓楼で会談すると判断。
 その妓楼の主人はシムの知り合いで、シムは会談の内容を教えてくれと頼むが拒否される。そのために、通訳官になり済ませて妓楼に入りこむ。

 会談の内容を知った通訳官は殺せとヒジェは手下に命令するのをトンイが立ち聞きした。それを早くシムに伝えねばと妓楼をうろついているところをヒジェの手下に見つかった。そこに妓楼の主人が来てトンイが昔の恋人の妹であってことから思い出してトンイは助けられる。

 階段の通訳が下手でシムは追い返されるが、その帰り道でヒジェの手下に襲われる。しかし、そこに妓楼の用心棒が来て助けてもらう。そしてトンイと会い隠れて色と伝えるのだが。。

 チャン・ヒジェはシムの名前を聞き、シムのこと思い出して、彼が都に送ろうとする手紙を見せろと命じて読むが、そこにトンイの手紙があり、トンイが生きていることを知る。
 トンイは、また逃げ出そうとするがピョン商会の旦那に枚使ってしまった、そこにチャン・ヒジェが来る。

 王様のことは書かなかったが、ソ・ヨンギとチャンスが王様にトンイが生きてい可能性を伝える。チャン・ヒビンは王様に会いに行って待つ間に王様がトンイのために作った靴を見つけてしまう。


***
 まぁあい変わらす大雑把に書いた筋。
 しかし、変な筋だなぁ。。。。実は、チャン・ヒジェは中国に行っていたことがあるから通訳なしで話ができる。それはドラマにも出てきたけど、いくらシムを忍び込ませるからって、いい加減だなぁ。。。
 それと、ヒジェの手下がトンイの怪しい動きでつかめるが、過去に彼らはトンイを殺しそこなっているはずなんだ。だから、捕まえたときに気付かないっていうのはねぇ。。。。

 きれいな映像を見せてくれているんだけど、どうにも筋書きがあらいよね。
 
 次週は、捕まったトンイがヒジェにどう扱われるのか?本当はすぐにでも殺されなくてはいかんのだけど、それではドラマが続かないからなぁ。。。。多分にソ・ヨンギとチャンスがトンイを見つけ出しそうだ。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE