2011年10月25日

ラストマネー 最終回 命の金

 このシリーズを全部見つはずだったのに、途中3回だったかをうっかり見逃してしまって、その次を見たら何やら杉が全く分からなくなってしまって、とうとう今回もはっきりと筋がわからないまま見ることになった。

 最初の2回くらいは、保険金の支払いに関しての不正を調査して支払い決定をする話かと思うわせるストーリーだったように思ったのだが、高島礼子演じる女・亜矢子の保険金詐欺、もしくは殺人事件というサスペンスだったらしい。
 しかし、どうにもその辺のストーリーが私にはピンとこなかったのだなぁ。。。やっぱり、最初のほかの支払いの裏調査の話が私の気をそっちに持って行ってしまっていたからだろう。。。


 さて、今回は前回のストーリーで調査員に対しての殺人未遂犯として追われる亜矢子を追って、保険調査員の向島(伊藤英明)が亜矢子の故郷佐渡にわたる。そして、佐渡で亜矢子は逮捕される。
 その亜矢子が起訴される前に拘置所で自殺をする。その前に向島が亜矢子に面会した時、亜矢子は『自殺しても保険金は支払われるんでしょ?』のとこ場を残している。

 向島の勤める保険会社は一旦は保険金支払いをしないことに決めたのだが、最終的には支払うことになる。被疑者ではまだ犯罪者ではないからということなのだろうが。
 なんか中途半端なまま終わってしまった感じで……


 生命保険というやつは、正直私は好きではなかった。若い時から入ってはいたけど、それは私が死んだときに残される家族の生活安定のためということなのだが、私の死という前提での話で、保険屋とのやり取りではいつもいやな思いをしたからだ。
 このドラマの中でも出てきたのかな?残された人のために、命の保証・・・・命の保証ないだろう。本人は死んでしまうのだから。私にはこれが一番いやだった。

 生命保険というやつは、確かに不慮の事故や病気で死んだ場合には、残された家族に収入の道がない時には確かに役に立つものだろうが、その裏には誰かを殺して保険金をせしめるという犯罪が横行するネタにもなっている。
 死亡保険だけではなく、傷害保険でもうその申告で保険金をせしめようとする犯罪が後を絶たない。大した怪我でもないのに入院すると、仕事での収入よりも稼げるとばかりに入院するのが当たり前みたいで。。

 こんなことよりも、生命保険の裏が嫌だね。
 セールスレディーとか言われている女性達は、ノルマを課せられて、達成できないと親せき回りまでさせられて、それでいて販売促進のためrの小道具などは全部自前の金でやらねばならないし。。。
 こんなことをするから、ウソに近い契約まで取ってしまおうって考えるやつも出てくるってことなんだけど、こういったもう過去変えあ判り切ったことすらなんにも改革されずにいる業界なんだよなぁ。

 確かに、この生命保険で助かった家族も多いだろうが、保険金の支払いには結構抵抗もあってなかなか支払ってくれないところもあるみたいだし。これはドラマにもあったよな。。。。だから復習をしたのかって・・・

 何にしても、ちょっと私にはストーリーがしっかりと把握できないドラマだった。

 それにしても伊藤英明のあの虚無的なのはいいとしても、高島玲子の悪女はにあってたなぁ。。。。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE