2022年12月06日

人工内耳装着手術の過程 その1 術前検査 循環器チェック

しばらくお休みしていましたが
人工内耳装着の手術がだんだん近いてきて
予定のイベントもそれなりにこなしてます
その過程を忘れないうちに書き記すために
ブログを再開します




 12月16日の手術に向けていろいろ事前チェックがある

 その最初が「循環器内科」での心臓のチェック。過去に、いや現在も不整脈を持っていることもあって手術に耐えられるかとのことだと思うチェックを受けることになった。

 最初の予約日は、なんと病院に向かう寸前の鼻からに大量出血。近くの耳鼻科医院に向かったが応急処置すらしてくれないので、救急車を呼んでもらって名古屋大学病院に向かった。

 救急処置に後、耳鼻科で検査して、止血できていると言うことで放免されて循環器内科に移動。そして心電図を採りに検査室に行き、ちょいと待って心電図採り終わり循環器内科に戻った。

 診察に室に入って、ドクターと面談。この日は特に不整脈も出ていなかったこともあって「手術問題なし」との御宣託。しかし、ドクターが「心臓のエコー撮ったことあるか?」という質問。過去に心臓のエコーは撮ってないので11月28日に心臓のエコーを撮った上での診察を受けた。

 結果は「なんの問題もありません。手術を受けてください」と循環器に関しては太鼓判を押された。


 心臓のエコー(心臓超音波検査)については、循環器画像技術研究会のHPを参考にしてください。(画像もこちらから拝借しています。)


 左の画像は、拝借したイメージ画像です。私の場合、過去、そうだなぁ10年くらい前から、時折脈が飛ぶと言う不整脈があるのはわかっていたが、問題になることはないだろうと、これまでなんの処置も受けていない。しかし、今回は、人生初めての全身麻酔の手術を受けることになって、耐えられるかと言うことと思うけど、循環器系のチェックを受けたのだ。

 

 エコーは過去に首の血管のエコーを撮っているが、検査技師さんが体を密着してくるので、ちょっとした恐怖も感じるが、そこは我慢我慢だ。血管エコーの時は若い女性だったのでドギマギしたが、今回は男性でドギマギすることはなかったな。

 エコー撮影には体感的に20分ほど費やした感じだったけど、その結果の診察時間は5分くらいかなぁ。。。


 まぁ何にしても、人工内時装着手術とは離れても、循環器に特に問題がないということはありがたい結果となった。




  タグに「APD」「聴覚情報処理障害」を付けてますが、これは音は聞こえるけれど、人の声、話し声を言葉として認識できないことを言います。それは、あくまでも聴覚のレベルが正常値にあると言う前提とのことです。

 私の場合は、似てはいますが、聴覚レベル自体がすでに低レベルになっているので、正式には「聴覚情報処理障害」とは言わないのだと、現在の担当医から言われています。


  

Posted by 生田 at 15:17Comments(0)TrackBack(0)自分の健康
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 14人
QRコード
QRCODE