2007年10月11日

松本。繁華街 06旅の記録 3日目 16

第3日 北国街道・19号を走る  その16
  松本市内を歩く 繁華街 

 JR松本駅を出て、松本城のほうに足を向ける。どこを通っていこうかと、駅の前を歩きながら考えた。繁華街を見て歩くのなら駅前の大通りを東に向かい、大手町から南に延びる通りで左折して、真直ぐ城に向かうのが一番いいのかもしれないが、市街地再開発の終わった街中を歩いてみようと、大通りから外れて北の道を選んだ。
 夜ともなればいっぱいのみに来る客がたむろする通りだ。そんなの自宅なる時間には何年か前にこのあたりを歩いたことがある。20年位前には明るい時間帯に、当時は重い重いパソコンを担いで歩いたこともあった。



 この飲み屋街の印象は、ほとんど変わったと思わない。車も通るが、それ以上に人があるくことぉ優先して道路のつくりだ。夜ならば赤い灯青い灯がともり、それなりの雰囲気で歩けるのだろうが、どこの飲み屋街は明るいうちに歩いても、なんとなく違和感を感じるだけだ。
 そのまま道なりに進むと再開発の一番の見せ所という場所に来た。このあたりは、昔はがらんとしていたという記憶だ。がらんとしていたのは私が来たときは再開発の前で、町の中に一切手を加えないようにしていた時期でもあったからと、どこかで聞いたように思う。今は、ここに「パルコ」ができ、若者を集めているのだろう。
 京都や奈良のように、古い町並みには、昔ながらの町屋が多く残っている。その町屋を改装した再開発の方向なのだが、松本の場合には古いものをすべて撤去して新しいものを構築したということなのだろう。
 京都・奈良の再開発か、松本の再開発か、おそらく賛否分かれるところかもしれない。ただ、私のような旅行者から見たとき、松本の再開発は古きよき時代の面影はなく、国宝としての松元城の城下町を歩くというノスタルジーを味わうことができないのはなんとなく残念な気持ちだ。今の時代の施設が並んでいると、大都会のどこへ行っても同じイメージで、違ったところを旅行しているという気分にはなれないものだ。

 再開発された街の中は、私のような年齢層には不向きかなと思う。時間的にまだ早いので人はあまりいないが、その少ない人のほとんどが若者である。おじさん一人で歩いていると場違いという印象になる。
 記憶をたどって、雰囲気を書こうにも前記したような印象で、記憶に残すことに抵抗があるのかもしれない。

***********
前回  次回

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE