2010年09月05日

二度といきたくない店2軒

 昨日は車で遠出をしたのだが、昼と夜を外食した。そしてその2軒ともに2度といきたくない思いをした。

 1:日進市竹の山 井の
 この店かなり古くからあって、以前から気にはしていたが入ったことがなかった。最近では周りにいろんなものができて埋没しかけているが、偶々食事をすることになって前を通ったので入り込んだ。
 食べたのは、そばコロ定食。味は年てことない当たり前の味、量は昔々この近くに何もないときに人集めの安いという印象を与えるかの多め。確かに腹一杯になったのだが、
 しかし、肝心なことを忘れている店である。注文の段階でチョイとせかされる。その割には頼んでから出てくるまでに時間がかかった。待つ間にお茶をウ儀に来てくれるのはいいけど、つぐたびに外にこぼすのだ。それになんかせかせかした女性で、目の前でイライラする動きをする。
 この女性、他の客との応対を他の客の頭越しにでかい声でするし、何度も何度もせかせかした歩きでテーブルの間を行き来する。知れが気分的にイライラさせられて食べていてもおいしいという感覚がなくなる。
 2度と行きたくない。

 2:海転寿司・丸忠 アピタ鳴海店
 稲武から帰ってくるのに、新城経由にしたのだが、上に書いた『井の』の量が多かったことと、稲武でウィンナのでかいのを食べたし、途中運動するわけではないので腹が空かないから自宅近くまで戻ってきてしまったが、寿司が食べたいと言い出されて、最初の店は満員で断念し、その近くということでアピタにいったら丸忠があった。
 一応回転寿しは名が売れているのはいったのだが。。。。
 入って、置く平家というので奥へ。そして開いているテーブルに付こうとしたら、男の係が他のテーブルに座れという。なんで客が座ろうとしているテーぶる土地がところに諏訪絵あせようとするのかが分らない。ガラガラに空いているというのに。 
 その次に、席に着くなり注文しろとせかす。それも汁物を注文しろという。初めての店で、何があるのか分らないから即断できかねる。それでもしつこく経ったまま注文を聞こうとする。かちんと来たので、「決めたら呼ぶから』と追い返した。
 頼んだ寿司、たこを頼んだら『ない』という。売れ筋がこんなガラガラで売り切れ??以下は、本当に好み施与にいうなのある店なのかと疑問に思わせるほどの味。
 開店してくる寿司は、客がまばらで新鮮味に欠けている。高級開店寿司といわれているのが本当に疑問な店である。

 寿司がうまくなく、腹が減ったのでうどんを頼んだ。どうって子とのない亜立間の味で260円も取られた。しかも消費税別。味からいって、せいぜい150円相当だ。
 この店もイライラさせられたので、二度といきたくない。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは。
2回も続くと、いやになりますね!
うどん屋さんとか、そば屋さんは食べてみないと・・・わからないし
それと、丸忠は最近、お客も少ないってことは、味が落ちたっていうことですよ!
どこの、チェーンも客層が落ちてるようです?
Posted by 花 at 2010年09月05日 19:58
本当に昨日はついてませんでした。
でも、今日は昨日買ってきた信州・阿智村のそばを自分で処理して食べて
おいしかったですぅ。
もうひと組、同じ村の違った人のものが。
こっとはまた長~~いそばで。
2・3日後に食べることに。
回転の丸忠は、もういかない。
Posted by 生田 at 2010年09月05日 20:37
 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 9人
QRコード
QRCODE