2011年03月06日

大河ドラマ『江』 第8回 義父の涙

 1週間の早いこと、つい先日書いたばかりなのに、また書くことになってしまった。年をとると時間の流れが放物線のごとくに早くなる。時間よ止まってくれ。。。

 ドラマは、秀吉(岸谷五朗)が狡賢く動き回って、織田信孝から三法師を取り上げてしまって、天下取りをした気分になり、信孝をつぶそうと画策。これは信孝派の柴田勝家(大地康雄)への挑発行為でもある。
 勝家は、戦いたいものの義理の娘三姉妹(茶々(宮沢りえ}、初(水川あさみ)、江{上野樹里)が戦をして欲しくないという気持ちを重く見て我慢をしている。しかし、長髪がだんだんひどくなり我慢の限界も来たところで、お市{鈴木保奈美}が娘たちに義父の今の立場、気持ちを諭し戦うことを認めるように説得。江は認めなかったが、茶々に諭され、折れる。

 いよいよ出陣。お市は、兄・信長の「天下布武」の印を勝家に送る。そして、娘たちはそれぞれお守りを贈るのだが、江は守り袋を贈る。そして勝家は、この袋に『天下布武』の印と娘二人のお守りを入れて出陣する。

 これまでいろいろ書かれてきたドラマだが、現実に歴史に残る戦になるのだが、こうした裏の話などは表に出てきていない。歴史上の事実をいかにつなぎ合わせて整合性のとれた話を作るかはライターの技量にかかっているわけだが、このドラマで気になるのは、羽柴秀吉の描き方がどうにもイラつく書き方で。たんに私の好みに合わない描き方ということだけど。。。
 今回の千利休とのやり取りのシーンは、いくらなんでも好きになれないなぁ。まぁあれだけ利休からくさされれば、この先利休切腹の話の布石といいたいのかもしれないけどねぇ。

 来週は、どうもお市が死ぬらしい。

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE