2012年02月20日

渥美半島へのロングドライブ 3

 赤羽根のロングビーチで念願の流木を拾って有頂天になって、折角拾ったものを車に乗せ忘れて・・・・そんなハプニングがあったことも知らずに、車を42号線に戻した。しばらく西に走ったところで『道の駅』の看板を見つけて、また国道を外れて海に向かう。といっても大して外れたわけではなく、港の中に入った感じが最初はした。その港の一部として道の駅が新しく作られたといった感じがする。


 これは駐車場の反対側から道の駅を通して海を見ていたショットです。ちょっとわかりづらいかも。きれいな建物ですが。。
 メインの駐車場はあまり広くないので満杯だった。思案の末道路の反対側にある第2駐車場の感じのするところに車をもって行って止めた。そして道路を渡った時に見つけたのが前にアップした花。もう一度刺しておこうかな?


 この花がいったい何なのかはいまだにわかりません。どうやって探せばいいのかも。。

 道の駅の中は、広くて天井の高いきれいなものですが、正直ちょっと雑然とした感じがしないも出ない。いろんなものがあるのだけど、なんとなくほしくなるような感じが抵抗を受けている。でも、海側に会った花の売り場には結構値段が安くて息のいい花が並んでいたので、お墓参りも近いことでこれだけは買いこんだ。

 買い物をした後で駅の正面に出たら、おぉおぉちょっと遠くに見えるけど海がきれいだよぉ。ということで撮ったのが、これも前にアップした写真。


 この時間はまだ空がきれいですねぇ。。。。そんなきれいな天気のままの気持ちで車を国道に戻してまたひたすら西に。どのくらい時間がたったのか?そんなには立っていなかったと思うけど、西の空が黒くなってきた、完全に雪空。下手すると竜巻でもあり王といったまっ黒な雲が目の前に広がりかけて。しばらくしたら白いものが降り始めた。雪だぁ。。。。。渥美に来てまで雪に見舞われるとは、ここはと小春ではなかったのかぁ・・・。車の中も冷えてきて、ヒーターいらずで走っていたのに、ヒーター入れたら即窓が曇ってしまうほどの冷え込みになった。

 どんどこ走ったら、左側に菜の花畑が。あらまぁ。。。黄色い花はまだ少ないよぉ。道の駅の女性に教えてもらった通りだ。あの前の菜の花畑で見てきて、写真を取ってきて本当によかった。あの女性に心から感謝。
 こんな花もないし雪も降っているから敬遠して通過することに。

 そして『恋路ヶ浜』という看板に従って車を海側に。ここでも雪が降っている。でも、来たことだけの証明(いわゆるアリバイ)のために写真を取ることに。といっても海岸にまで出るのは寒すぎるので、駐車場の横にあるモニュメントを取ることにした。


 ロングビーチや前の道の駅と同じ海を見ているのですが、空が全くちがいます。この写真のように黒いのが海の上に出ています。これが半島の上に、西に向かう車の前に会ったのです。

 あまりにも外は寒いので、即車に戻った。そして長居する気もないのでまた車を国道42号線に戻した。

***************************************************************
渥美半島へのロングドライブ
その1 
その2 
その3
その4

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE