2018年05月28日

阿弥陀さんに会いに行くドライブ旅行 5 有馬温泉で昼食

 観光案内所で宿を確保して、教えてもらったホエルの食べどころに行く。ほんの少し離れたところだが、車を移動させ無くてはならない。セブンイレブンのある駐車場から車を出して、ついさっき走った上の方に行く道を行く。


 少し走ったところに駐車場と思しきものに出会ったので、そこに車を入れたのだが、昼時を少し真綿だけというのに車が止まっていない、それにバス停みたいなポールもある。画像にも見えるようにここはホテルの食事ができる店。駐車場があると案内で聞いていたが食べどころ〜レストランの類にしては駐車場がこれだけとは思えない。ということで店に行って聞いてみることに。
 1階の店は目的の店ではないが、教えてくれるだろうと。。。教えてもらったのが、階段を登ったところにあるという、そこにはぐるりと車を回さねばならない。
 この駐車場は、ホテル=旅館の送迎バスの駐車場のようだ。

 車を言われたように移動。駐車場を出て少し行くと交通整理をしている人が2人いるところがあるが、ここは緩急バスのテーミナルで駐車場ではない。その先が来たときにどっちに行くか迷った土産物屋のところ、これを左折して坂(結構急)を環境客が沢山歩いているのでとにかく注意しながら上がって、”中の坊”の門から駐車場に入った。

 車を屋根付きのところに止めた。ん??レストランにはどうやって行くの???さっきの駐車場のところに入口があったけど、お店は2階だよなぁ。。。でも入り口ないよ。。
 致し方ないので階段を降りて駐車場のところから入ることに。入り口を入ってまた階段登って店内に入ります。

 お出迎えは、ものすごい笑顔の男性だった。この人の笑顔、今まで見たレストラン、ホテルのたぐいの中で最高の笑顔です。有馬に行かれたから”旬彩 猪名野”という食事処で出会うことができるはずです。

 ここではランチメニューがあって結構値打ちに食事ができます。まちなかを動き回る有馬温泉の観光客のための配慮かな?まぁ他のホテルに行ってないのでわからないが、観光案内所ではあちこちのホテルで宿泊しないでも食事ができると行っていた。

 オーダーしたは、そば定食、だったかな?写真撮ってない(撮り忘れです)のでどんなものだった顔見せできないのが残念。蕎麦は美味しかったんですが、どこのそばだろ?手打ちではないように思ったのだが。。。天ぷらも非常に美味しかったですよ

 この日は、朝家を出てから高速の渋滞に捕まるということはあったけど、その他は結構快適に来ている。そして宿もすんなりとれてラッキーだったし、中h速も美味しいものに出会ってラッキーだった。
 そして一番ラッキーと思ったのは、この”旬彩 猪名野”で食事をして、その後の駐車場をどうしようか悩んだのだが、なんと止めたまままちなかの観光をしてもいいと言ってもらえたのだ。
 おかげで、この先2時間位の観光をしているがその間の駐車場代が不要ということで、食事代が浮いたような感じでラッキーだったねぇ。。。

 さて、食事もしてお腹が満足したところで、車を預けたまま、有馬の街を歩きに行きます。  

Posted by 生田 at 10:21Comments(0)TrackBack(0)旅行など
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE