2018年05月23日

阿弥陀さんに会いに行くドライブ旅行 1 出発〜湾岸道

 2018年5月21日、日頃の行いが悪い割にはものすごくいい天気に恵まれて、西に向かって車を走らせることになった。最終目的地は、兵庫県小野市にある極楽山浄土寺。極楽も浄土もまぁ信者にとってはとにかくありがたい言葉でしょう。私は心底の信者ではないけれど、色んな所で教えれたり、教えを受けたり、書物を読んだりして得た仏の言わんとする事に興味を持ちある部分信じていることもある。
 浄土も極楽も同じ意味と思っているけど、とにかく人が悟りを開いて行くところらしいが、浄土教(仏教のある種の教えでありある種の教派)のおしえでは、法然や親鸞の教えから行くと、人は死後迎えられるところと聞いている。

 そういったことは、信じる信じない、いろんな立場があるのでここでは云々しないが、とにかく極楽山浄土寺には仏教美術に興味を持つ者には一度は行っておくべきところと私は思っていた。つまりは長いこと行きたいという念願を持った寺であることは間違いない。
 しかし、ここに行くには新幹線で新明石まで行って、そこからが大変で、それならいっそ車で直接行ったほうが早いと私は思っていた。ということでドライブ旅行と相成った。

 朝9時少し前に出発。まずは名二環に乗りこんで高速に入る。まぁ高速だけはナビなしでも走ることができるはずだが、最近の大阪以西を車で走るのはかなり久々なのでわかっていない。なのでとりあえずナビには行き先をセットしてある。その場所は”有馬温泉”。
 いきなり浄土寺に行くのもいいのだが、前から念願というのがもう2つあって、そのうちの一つが”有馬温泉で宿泊”というのがあるだ。ということで、全行程の予定3泊4日の最初の日を有りまで過ごすためにセットした。

 名二環に入ったのが午前9時少し過ぎ、ドラレコの記録では9時6分となっている。鳴海から入るといきなり地下トンネル。毎度ここを走るときは、名二環の速度規制を無視する車も多く、それに交通量が多いのでちょいと覚悟をしていたのだが、この日のこの時間は思いの外空いていたんだよなぁ。なんでだろ?月曜の朝って、そんなにすいているの?
 まぁすんなりと走って、伊勢湾岸道に入ったが、ここもめちゃすいている。天気もいいし風もないから気持ちよく走れたなぁ。いつもんな感じならいいのにねぇ。でも、トラックは増え始める時間だったのかな?

 湾岸もすんなり。途中揖斐川を越える斜張橋を走りながら思ったことは、斜張橋と言うのはそのかかる橋の上を走りながら見るものではなく、はたから見ると素晴らしい形をしているということだ。

これはドライブレコーダーの記録をカットしたもの
静止画像なのでこのように斜めに張った線も見えるが
100キロで走っているとこんな情景は記憶に残らない


 この端の少し手前左側は、ナガシマスパーランドのジェットコースターが見えていた。あれ、進化したのかな?記憶と違った形をしていた。

 湾岸もすんなり終わって、さて一番問題の東名阪に入った。
 ここは、とにかくまいど渋滞するところ。なにせ湾岸から新名神につながる高速が工事遅れで臨時の3車線区間だし、それも途中2車線になったりするんで渋滞は日常茶飯事なんだが、その東名阪も恐ろしくすんなり走って、ナビがとうとう”新名神は左車線”の案内をした。

 次回は、新名神から先の話。どこまで書くかはその時の気分次第です。  

Posted by 生田 at 17:55Comments(0)TrackBack(0)旅行など

2018年05月23日

仏さんに惚れ込んで 特別編・浄土寺阿弥陀三尊 1

 18年5月22日
 前日は、かねてより念願の有馬温泉に宿泊。なぜか精進料理が夕食と相成った。別にそれを望んだわけでもないのだが、たまたま採れたホテル(旅館)の夕食が精進料をセットしていた。結構美味しかった。

 朝食をとって、30分ほどしてホテルをチェックアウト、中国自動車道に入って”ひょうご東条”で降りて田舎道(ごめんなさい、途中ものすごく細かったから)を延々と走って浄土寺に到着。
 
 参拝者用の駐車場には神戸ナンバーの車が2台だけ、他府県ナンバーはいない。私が最初の参拝者かな?まだ10時半だからなぁ。。。。

 


 上の画像は、止めた車を背に浄土寺を見ている。屋根はこれまでの知識から”浄土堂”と判断した。右手にある案内図を見て、右側の入り口から入ることにして歩いていく。
 掲載に入って見たものの、若い女の子が2人木陰で話しをしているだけで、他には誰もいない。やっぱり私らが最初の参拝者のようだ。
 浄土堂に入る前に、境内を一巡。これは別途旅行記で書くことにして、本題の阿弥陀三尊を見に行く。

 境内を一巡している間に、他の参拝客(後でわかったけど、世田谷なナンバーのご夫婦)が先に入られてました。拝観料と依頼した朱印の代金を払って、リーフレットをもらって阿弥陀如来の前にいく。

 まずは、合唱をした。そして見上げる。うわぁ〜〜〜〜でっかいです。背の高さ5メートルを超えているんだ。しかも須弥壇の上にあり、さらに雲にのっているのでとにかく顔はかなりな角度で見上げねな貼らない。頚椎に問題がある私は、要注意の仏さんだ。こんなでっかい阿弥陀さんの立ち姿は初めてだ。快慶の作とあるが、あの東大寺南大門の金剛力士に制作に関わったと言われているけど、あの力強さというものはこの阿弥陀三尊には見られない。かなり印象が違う作風と思う。
 
 まずは、阿弥陀如来の目を見た。堂内で如来を真正面に見て一番離れた壁・扉に一番近いところ(阿弥陀から一番遠いところ)絡みても、目がかなり釣り上がっている。多分に阿弥陀に一番近い眼下でみあげることをいしきしているのかと思うほどだ。
 実際に一番近くまで移動して見上げてみたら、そこで初めて柔らかい目になった。おそらく高い位置から、正面から見たら、かなり釣り上がって見るんではないかと思う。仏像は眼下で見るのが一番いいのかもなぁ。。
 
 躯体は、がっしりとした体だ。現代で言えばメタボ予備軍で、華奢な印象はまったくない。しかし、前にも書いたように力強さの印象はない。あくまでも柔和なお迎えの形を表しているのだと思う。”来迎”は両手の印がそれを示している。
 右手は腕を下げて”施無畏印”、右手は手を胸場であげ、人差し指を伸ばし、親指と中指を合わせた”来迎印(詳細はちょっと違う)”をもっている。
 つまりは、この阿弥陀如来は使者を浄土に迎えるために雲に乗って降りてきたところを表しているわけで、このお迎えの誘いに乗ってついていくともうこの世には帰れなくなるわけだ。柔和な表情だけに、ついていきたくなると思う。
 余計な話を書いてしまった。この如来の手の指は太く真っ直ぐな太さのもの、まぁごく普通の仏さんの手の感じはそのままに表現されていると思う。

 この阿弥陀如来を横から見ると、ちょっとメタボかなぁ。。。だいたいぶつぞうはおなかぽっこりにつくられている。なんででしょうね、私の体型みたいですよ。いずれ仏さんになる見だけど、阿弥陀佛のように悟りが開けるかどうかわからない、でも見た目だけは合わせておくのもいかって、医者に嫌味の表現だな。

 この時代の仏像はリアルな作りが多いが足を見たら本当にリアルで、足の指なんかも爪まできちんと彫られている。足の甲は結構高く靴を作ると大変かもな。まぁ裸足でおいでなのでその心配はない。

 見たときの印象を書くと止めどもなく書くことになる。論文でも書くのならそれも致し方ないけど、ここは私の行きた明石のためのブログ、長くは書かない。とにかく、素晴らしい阿弥陀如来立像です。写真で見ていた印象よりも生の人間に近く、恐れを感じさせない作りだと思った。
 来迎だから当然といえば当然だが、それにしてもさすがの快慶の作と敬服した。

 さて、次回は両脇の脇侍、観音菩薩と勢至菩薩を書くことにする。  

Posted by 生田 at 13:28Comments(0)TrackBack(0)寺と信仰

2018年05月23日

有馬温泉でWIFIトラブルに巻き込まれて

 今回の旅、目的は小野市の浄土寺に行くことと三木市で彫刻用ノミを買うことだった。その途中で、かねてからの念願の有馬温泉に泊まってみようということで、予約無しで有馬温泉に飛び込んだ。
 まぁ運よく旅行案内所で旅館の確保ができた。昼食を近くのホテルの食事処でとって、車を預けてくれるということでそのまま有馬のまちなかを散策することに。あるきながら、もしWIFIがつながるなら記事アップしようと思ってiPod touchでWIFI接続を試したらなんとKOBE Free Wi-Fiが使えるとわかった。
 その接続をして、記事書き込んで送信をしたのだが、送ることができない。何度試してもだめ、諦めて街中を散策した。ホテルにチェックインして、ここでも試したがおなじKOBE Free Wi-Fiしかないので試したが無理だった。
 ホテルの備品を見ていたらKOBE Free Wi-Fiの接続方法を書いた資料を見つけたので、それを試したのだが、何度その設定をしようとしてもできない。

 ホテルのフロントに行って、接続できないと言ったらフロントの女性がいろいろいじっているがつながらない。詳しい人いないの?と聞いたら不在ということで、あとで連絡をもらうことにした。
 食事になったのでフロントに行ったら、詳しい人が電話に出ているというからiPodを買えというが、話していることが頓珍漢。電話を変わって私が詳しい状況を説明したら、iPodを預からせてくれという。そんなことできるかって。。。。個人情報がイッパイ入っているのにパスワードを入れて開いたものを預けるなんてできるわかないだろう。
 食事の間調べておいて後でセットしてくれるとのこと。食事を終えて戻るとフロントにその人物がいた。バッテリーが切れかかっているので充電しながら操作をと部屋内一緒に行く。
 どのくらい彼はいじていたかな?かなり長いこといじっていて、なぜ?というような表情をしている。そして私がちょいと顔を横にしたときに、なんと彼は私のいPodをリセットしてしまった。人様のものをかってにリセットかけるなんてすることではない。最低許可を求めるのが常識だがそれをわかっていない。
 ここで私は切れた。詳しいと言いながら、確かにスマホの操作は私よりうんと慣れていることは認めるが、コンピュータ関連の知識はいかがかと思うことばかりするし、それにおそらくKOBE Free Wi-Fiのソフトのトラブルだから問い合わせてくれろと言ったら「サポート時間を過ぎているのでできない」と言い始めた。
 私がフロントに問い合わせしたときはできたのにねぇ。。。。。

 こんなことでKOBE Free Wi-Fiには結局接続できず。おかげでリアルタイムの記事アップができなかった。せっかくだたのになぁ。。。。
 ガラケーからメール送信で記事アップができたので、星猫のブログにはテキストだけの記事をアップそたが、SNSへの記事アップはWIFIが必要だったのでできなかった。

 帰ってきて、ついさっきネットでKOBE Free Wi-Fiのちラブルを検索したら、トラブルの解消法が書かれているではないか?なんとまぁ、情けないホテルだったのかと。

 まぁ、接続に関してはホテルの問題ではない(これはホテル側にも伝えてある)が、客が困っていることでそれに対しての処理が知識不足、それにKOBE Free Wi-Fiがトラブルを抱えているということを知らず、さらには誰も接続テストをしていなかったというお粗末。
 このKOBE Free Wi-Fiのトラブルは、ネットで解消法が書かれているくらいに周知の事実なので、もしこれから神戸に行かれ、公衆WIFIを使お祭にはKOBE Free Wi-Fiのトラブルに出会うっ可能性があるbので、解消法のサイトがあることを先持って知って置かれるといいかと思おます。
 念の為に書いておきますが、
 KOBE Free Wi-Fiは
 1:トラブルが合っても接続は可能です
 2:世紀の接続が可能なときは、ログイン情報を要求してきます
 3:トラブルが有る場合は、ログイン情報無しで接続します
 4:トラブルのある接続では
    ブラウザーは開くが、検索でキーワードを入れても検索できない
    よって、トラブル解消のサイトを見ることもできない
 5:上記の事から神戸に行くときは、トラブルになる可能性もあるので
    先持ってそのサイト情報を知っておき
    できればプリントアウトでもしておくのがよろしいかと思います

神戸・KOBE Free Wi-Fi

 トラブル情報サイト(KOBE Free Wi-Fiではないけど)
   【解決】神戸空港Wi-Fiに繋がらない/ログインできないバグ不具合障害の対処設定方法
  *ただし、これは実行できていないの解消するかどうか判別できていません
   ご了承のほど
    http://d-navi004.com/kobe-airport-wifi-lan-error-taisyo  

Posted by 生田 at 09:32Comments(0)TrackBack(0)旅行など
  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE